【離乳食完了期】わかめをおいしく食べよう!ママたちが工夫したレシピを紹介

【離乳食完了期】わかめをおいしく食べよう!ママたちが工夫したレシピを紹介

下ごしらえや茹で時間など注意すること

汁物や和え物の具材に使いやすいわかめを、離乳食完了期のレシピに取り入れたいと考えるママもいるのではないでしょうか。子どもに食べさせ始めるタイミングや下ごしらえの方法を知りたい場合もあるかもしれません。今回は離乳食完了期のわかめについてママたちの体験談をまじえてご紹介します。

離乳食にわかめを取り入れたきっかけ

ミネラルや食物繊維が豊富と言われているわかめですが、なかには消化がしにくいのではと考え、いつから子どもにあげてよいか迷っているママもいるようです。

子どもに初めてわかめをあげたのはどのようなタイミングだったか、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
離乳食後期からあげていたと思います。ママ友とランチをしたときに頼んだお子様メニューのうどんにわかめが入っていて、子どもが食べているのを見て家でもあげるようになりました。
30代ママ
夕食づくりのときに子どものおかずを一品増やしたいと思い、大人用の味噌汁のわかめを洗って刻んでからあげてみました。離乳食後期のころだったと思います。

わかめを離乳食に取り入れたタイミングは7~8カ月ごろの離乳食中期の後半や、9~11カ月ごろの離乳食後期が多いようです。

大人の料理から取り分けたり、市販のメニューに入っていたわかめを子どもが食べているのを見て、もう食べられるのだということに気づいたというママの声がありました。

離乳食でわかめをあげるときに注意すること

わかめにはいくつか種類がありそれぞれに異なる下ごしらえや、子どもが食べやすいように細かく切るなどの工夫が必要なようです。ママたちはどのようなことに注意しながらわかめの離乳食を作っていたのでしょうか。

下ごしらえをする

わかめ下ごしらえ
Viktor Kochetkov/Shutterstock.com
30代ママ
塩蔵わかめは水につけて戻してから塩抜きできるまで何度か洗い、固い部分を切り分けてやわらかい部分だけ使いました。
30代ママ
生わかめは水洗いし湯がいてから、乾燥わかめは水で戻してから使っていました。

わかめは大まかに分けて生わかめ、塩蔵わかめ、乾燥わかめの3つの種類があります。それぞれ水洗いしたり水で戻す必要があり、特に生わかめを塩漬けにして保存した塩蔵わかめは塩を抜きをしっかり行う必要があります。

大人は生のわかめや水で戻したわかめをそのまま食べることができますが、子どもの離乳食にあげるときは一度加熱するとよいようです。和え物などにそのまま使う場合は沸かしたお湯で10秒ほど茹でるようにしましょう。

しっかり煮て柔らかくする

30代ママ
味噌汁に乾燥わかめを使っていましたが、やわらかくなるように大人用に作るときよりも茹で時間を長くしていました。

弾力や歯ごたえのあるわかめもおいしいものですが、なかには食べにくく感じる子どももいるようです。しっかり茹でてやわらかくなるように意識していたママがいました。

細かく切る

30代ママ
わかめが大きいと子どもの上あごに張りついてなかなか取れないことがあったので、細かく刻むように気をつけました。

離乳食完了期の子どもにとっても、海藻類はまだ食べにくい場合があるようです。細かく切ると子どもが飲み込みやすいようだったというママの声がありました。

食べさせすぎない

30代ママ
大人の味噌汁から取り分けて子どもにあげるようになったころ、大人と同じ量のわかめを食べさせると消化されずにうんちに混ざって出てくることがありました。そのあとはあげる量を減らすようにしました。

食物繊維が豊富といわれるわかめは、たくさん食べてしまうとお腹がゆるくなってしまう場合やそのまま排泄されてしまう場合もあるようです。子どもにあげる量は少なめを意識するとよいかもしれません。

離乳食完了期のわかめを使ったレシピ

若竹煮
© ogustudio - Fotolia

離乳食完了期にママたちが取り入れていた、わかめを使ったレシピをご紹介します。

わかめおにぎり

30代ママ
乾燥わかめを水で戻して細かくしたあと、ベビー顆粒だしとゴマといっしょにやわらかめのごはんに混ぜ込み、手づかみ用の小さなおにぎりを作りました。

離乳食完了期になると食べものを手づかみして、自分で食べる楽しさを覚える子どももいるでしょう。市販のふりかけを使わずに手作りの混ぜ込みごはんを作って、わかめおにぎりにしていたママがいました。おうちでの食事だけでなくお弁当にも活躍しそうですね。

わかめと白菜の和え物

30代ママ
白菜を小さめの細切りにして少量の塩でもんだあと塩分を洗い流し、水で戻して細かくしたわかめを混ぜて和え物を作っていました。味付けはなくてもほんのり塩の味が残っているのですが、子どもはポン酢を数滴かけるとよろこびました。

生野菜を食べ始めた離乳食完了期の子どもに、わかめを使った和え物を作っていたというママがいました。大人の和食ごはんの付け合わせにも使いやすいメニューでしょう。

若竹煮

30代ママ
出汁にしょうゆ・みりん・塩を加えて、たけのことわかめをトロトロになるまで煮込みました。味が濃いときは湯通しして調整しました。

和の食材と出汁のおいしさやほどよい食感を楽しめる若竹煮は、離乳食完了期のメニューにぴったりかもしれません。たけのこの煮込み時間を短くしたい場合は、薄切りにするとよいようです。

わかめと卵の中華スープ

30代ママ
大人のものより薄めた鶏がらスープに、乾燥わかめを握ってつぶし細かくしたものと豆腐を入れて煮込み、最後に溶き卵を加えてひと煮たちさせ中華スープにしていました。乾燥わかめの風味と塩気があるので、味付けは特にしませんでした。

卵や豆腐など子どもが食べやすい食材とあわせて、わかめの中華スープを作っていたというママもいました。水に戻さずに乾燥わかめを使う場合は塩分が気になる場合もありますが、スープの味にそのまま活かす方法もあるようです。

離乳食完了期にわかめでメニューのバリエーションを増やそう

離乳食を食べる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia

離乳食完了期は歯を使うようになったり手づかみ食べができるようになり、子どもが食べられるメニューの種類が多くなっていく時期でしょう。ママが作る離乳食の幅も広がるこの時期に、わかめを使ったレシピを取り入れていたという声が複数ありました。

わかめは主食やおかず、汁物などさまざまな料理に手軽に取り入れられる、ママにとっても使いやすい食材でしょう。下ごしらえや茹で時間を工夫しながら、子どもがよろこぶ離乳食を作ってあげられるとよいですね。

2019年06月19日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧