子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

付け合わせレシピのアイデア。野菜を使ったメニューや作り置きできるレシピ

付け合わせレシピのアイデア。野菜を使ったメニューや作り置きできるレシピ

付け合わせレシピのバリエーションを増やそう

メイン料理に合わせて付け合わせレシピを何にしようか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、付け合わせのレシピを考えるときのポイントやきのこなど野菜を使った付け合わせレシピをママたちの体験談を交えてご紹介します。

付け合わせレシピのバリエーションを増やそう

毎日の献立と合わせる付け合わせを何にしようか悩むママもいるのではないでしょうか。忙しいときや何を作ろうか迷ったときなどに、さっと作ることができる付け合わせレシピにバリエーションがあると便利かもしれませんね。

今回は、付け合わせメニューを考えるときのポイントや、レシピのアイデアについてママたちの声を集めてみました。

付け合わせメニューを考えるときのポイント

ママたちはどのように毎日の付け合わせメニューを考えているのでしょうか。付け合わせメニューやレシピを考えるときのポイントについて聞いてみました。

メインに合わせたメニューにする

「付け合わせのメニューは、メインの料理に合わせて考えるようにしています。例えばカレーの付け合わせにはサラダ、お肉がメインのときには野菜スープなど、献立のバランスを見ながら付け合わせの野菜メニューを考えるように意識しています」(30代ママ)

「メイン料理と付け合わせメニューの組み合わせは、料理の系統を合わせたり、似たような味付けにならないようにしたり工夫しています。また、子どもが野菜を食べやすいように好みなども考えながら作っています」(20代ママ)

まずはメインに作る料理を考え、食材や味付けのバランスを考えながら付け合わせメニューを考えているママがいるようです。子どもの好みや食べやすさなども考えながら、野菜が摂りやすい付け合わせメニューを考えるのも大切なポイントかもしれません。

作り置きできるレシピにする

きんぴらごぼう
© norikko - Fotolia

「付け合わせに作るメニューは、翌日のお弁当にも使えるように、作り置きできるレシピを活用しています。時間があるときに多めに作って冷蔵庫にストックしておくと、忙しいときにもさっと出せるので助かっています」(40代ママ)

付け合わせメニューを作り置きしてストックしておくことで、料理の時短につながるだけでなく、翌日のお弁当に活用することもでき便利かもしれません。アレンジ可能な付け合わせメニューを活用して、メインメニューに変身させるというママの声もありました。

時短メニューを取り入れる

「仕事で忙しかったり、時間がなかったりするときは、時短メニューを取り入れながら付け合わせを作っています。ドレッシングを利用したり、レンジを活用したりしながら1品でもさっと作ることができると便利です」(30代ママ)

付け合わせを作るときに、市販品なども活用しながら時短でさっと作ることができるレシピのバリエーションがあると便利かもしれませんね。野菜などはあらかじめカットしておくなど事前に下ごしらえしておくことでも、料理の時短につながりそうです。

野菜を使った付け合わせレシピ

子どもが喜ぶ野菜を使った簡単な付け合わせレシピが気になるママもいるかもしれません。ママたちに、よく作っているお気に入りの付け合わせレシピについて聞いてみました。

にんじんのツナゴマ

「フライパンにごま油を熱して、にんじんを千切りしたものに少量の砂糖を加えて炒めます。にんじんがしんなりしてきたら、油を切ったツナ缶としょうゆを加えて少し炒め、最後にごまをふりかけると完成です。にんじんのシャキっとした食感が苦手なうちの子も、しんなりすると食べやすいようで、よく作っています」(30代ママ)

火の通りがよくなるようにんじんの千切りを使うことで、時短につながる付け合わせ野菜のレシピのようです。彩りがよい野菜を使ったレシピは、ハンバーグや肉団子など色味が少ない料理の付け合わせなどにもぴったりかもしれませんね。

ほうれん草の卵とじ

「フライパンでベーコンとほうれん草を炒めます。溶き卵にマヨネーズを加えたものを最後に加えると、ほうれん草の卵とじの完成です。味つけはシンプルですが、ベーコンの塩気とマヨネーズでしっかり味がつくので、家族にも好評なお気に入りレシピです」(40代ママ)

少し苦味のあるほうれん草も、卵とじにしてマヨネーズで味をつけることで、子どもも食べやすくなるかもしれません。卵とじを作るときの溶き卵に少量の片栗粉を加えると、卵がほうれん草に絡みやすいのできれいに仕上がるというママの声もありました。

きのこのマリネ

きのこのマリネ
iStock.com/vikif

「えりんぎやしめじなど好きなきのこを下ごしらえし、オリーブオイルとにんにくで炒めます。酢としょうゆ、砂糖と中華スープの素を混ぜたマリネ液を加え、最後にひと煮立ちしたら完成です。甘めの味付けにしたところ、子どもも『おいしい』とたくさん食べてくれました」(20代ママ)

きのこのマリネの付け合わせレシピは、冷蔵庫で冷やして食べてもさっぱりして食べやすかったというママの声もありました。きのこのマリネは、パスタやサラダのトッピングなどにも使えるようなので、多めに作ってストックしておくと便利かもしれませんね。

メインにアレンジ可能な付け合わせレシピ

付け合わせのレシピをアレンジしてメイン料理にも変身させることができると嬉しいママもいるのではないでしょうか。お肉を加えるとメインにもなるアレンジ可能な付け合わせレシピについて聞いてみました。

厚揚げソテー

「厚揚げを半分に切ったものを1センチ幅で切ります。フライパンで炒めて、焼き肉のタレを酒で薄めたもので炒めると厚揚げソテーを簡単に作ることができます。豚肉を加えるとボリュームが出るので献立のメインとしても変身させることができます」(30代ママ)

焼き肉のタレを活用した厚揚げソテーのレシピは、お肉を加えるとボリュームが出るのも嬉しいポイントかもしれませんね。厚揚げは、麺つゆをかけてレンジで調理するだけでさっと1品を作ることができるので、冷蔵庫にストックしているというママの声もありました。

じゃがいものきんぴら

「じゃがいもを細長く切ったものをレンジで少しやわらかくしておきます。熱したフライパンで、しょうゆと砂糖、みりんといっしょに汁気がなくなるまで炒めるとじゃがいものきんぴらの完成です。我が家では、豚肉を加えてメインにアレンジすることもあります」(20代ママ)

じゃがいもをきんぴらにした付け合わせレシピは、加える具材を工夫することでアレンジの幅が広がりやすいかもしれません。いんげんやにんじんを加えると、1品でも彩りがよくなり子どもが喜んでくれたというママの声もありました。

子どもが喜ぶ付け合わせレシピを作ろう

食事をするママと子供
iStock.com/kohei_hara

付け合わせレシピを考えるときは、メイン料理とのバランスなどを考えながら、作り置きができるレシピや、時短メニューを取り入れたりと工夫しているママがいるようです。

にんじんやじゃがいも、きのこなどの野菜を上手に取り入れながら、子どもが喜ぶバランスのとれた付け合わせメニューを作ることができるとよいですね。

2019年03月16日


1

    OK
    サラダとかならサッとできるんですが、何かしら手を加えようとするとちょっと面倒なんですよね。 色々レシピあって参考になります!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事