2歳児がご飯を食べないときの工夫。子どもが喜ぶメニューとレシピ

2歳児がご飯を食べないときの工夫。子どもが喜ぶメニューとレシピ

食事に興味を持つように意識したこと

2歳の子どもがご飯を食べないでお菓子や母乳を欲しがる、遊ぶことに夢中でご飯に興味を持たないという悩みを持つママもいるかもしれません。今回は、2歳児のご飯に関する悩み、ご飯を食べないときの対策、2歳児に食べさせたいメニューとレシピ、食事に興味をもつように意識したことなどママたちの体験談をご紹介します。

2歳児のご飯に関する悩み

2歳の子どもがいるママの中には、子どもの食事に関してさまざまな困り事や悩みを感じているという方もいるようです。ご飯に関する悩みをママたちに聞いてみました。

「子どもにご飯をしっかり食べてほしいと思い、主食から副菜までバランスよく作るよう意識していますが、機嫌が悪いときなどは一口しか食べないことがあり、どうすれば食べてもらえるのか知りたいです」(30代ママ)

「お菓子の味を知ってしまったのか、ご飯ではなくお菓子を食べたがるようになってしまいました。ご飯を食べずにお菓子を食べようとするので、どうすればご飯に興味を持ってもらえるのか困っています」(20代ママ)

「2歳になりましたがまだ卒乳しておらず、たまにご飯を食べずに母乳をほしがることもあります。ご飯をあげても少量しか食べず、どうしたらもっとたくさん食べてくれるようになるのか気になります」(30代ママ)

ご飯を食べない、ご飯よりお菓子や母乳をほしがるなど、ママたちにはさまざまな悩みがあるようです。食事に興味がないためか、ご飯を食べずにおもちゃで遊ぶことがあるので、ご飯を食べ終わる時間が遅くなるというママの声もありました。

2歳児がご飯を食べないときの対策

ご飯を食べないときや、少量しか食べないときはどうすればよいのでしょうか。2歳児がご飯を食べないときの対策をママたちに聞いてみました。

完食できる量にする

ご飯一膳
iStock.com/yukibockle

「ご飯を残してしまう時期が続いたので、半量にして完食できるようにしてみました。完食したことに自信が持てたのか、それからはたくさん食べてくれるようになりました」(30代ママ)

「ご飯を食べないときはおにぎりやおかずを一口サイズにして、一個ずつお皿に出してみるようにしています。食べきるとおかわりしたくなるのか、もっとちょうだいアピールをします」(20代ママ)

ご飯を完食できる量にしてあげたというママの声がありました。全部食べられたという自信がもっと食べたいという気持ちに繋がるのかもしれませんね。

形や大きさを変えてみる

「普段から丸い形のおにぎりにしていますが、あまり口に運ばないときがあります。たまには違う形にしてみようと思い、細長い形にしてみたら手にとって食べてくれました」(20代ママ)

「ハンバーグなどはそのままだとあまり食べてくれないのですが、小さく切ってお皿に盛ると食べてくれます。食べやすい大きさにするとたべてくれるようです」(30代ママ)

食材の形や大きさを変えて工夫してみたママもいるようです。飽きさせないようにさまざまな形や大きさで試してみるのもよいかもしれません。

ご飯とおやつの時間をしっかり決める

「大人のスケジュールにあわせると、食事の時間がバラバラになることがあります。食事とおやつの時間をしっかり決めることで、適度にお腹を空かせて食事をむかえることができるよう意識しました」(30代ママ)

「休みの日は家族みんなでおやつを食べるため、おやつの時間がいつもより違ったり、量が多かったりすることがあります。なるべくおやつの時間を守り、量を見極めてあげるようにしています」(20代ママ)

お腹が空いてから食事をとれるように、ご飯とおやつの時間をしっかり決めたというママもいるようです。子どもが母乳をほしがるときも、食後にあげるようにするなど、タイミングを意識したというママの声もありました。

2歳児に食べさせたいメニューの例

2歳の子どもがたくさん食べたいと思うようなメニューはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちがメニューを作るときに意識したポイントもいっしょにご紹介します。

三色そぼろ丼

三食そぼろ丼
© gontabunta - Fotolia

「2歳の娘には一食でバランスよく食材とれる三色そぼろ丼をよく作ります。鶏ひき肉とコーン、細かく切った小松菜をそれぞれ炒めて軽く味つけをし、ご飯の上に3つ分かれるようにきれいに盛ります。彩りが食欲を誘うのか、子どもも喜んで毎回完食してくれます」(30代ママ)

簡単に調理できる三色そぼろ丼を作ったというママの声がありました。鶏ひき肉は豚や牛、小松菜はほうれん草やキャベツなどに変えたりと、工夫次第でいろいろな三食丼が作れそうです。

カレー風味の野菜スープ

「野菜がたくさんとれるスープをよく作るのですが、食べないときはカレー風味にして食欲が出るよう工夫します。キャベツや玉ねぎなど家にある野菜を煮込んで、最後に子ども用のカレー粉を少量入れます。食欲がないときはスープご飯にして食べることもあります」(20代ママ)

淡白になりがちな野菜スープもスパイスの効いたカレー粉を少量入れると、食欲がわいてくるかもしれません。母乳やミルクの味に近くなるよう、ミルク味の野菜スープを作ったママの声もあり、他にもトマト味やコンソメ味などさまざまな味の野菜スープを作ることができそうです。

チキンナゲット

「食事の途中で遊ぶことがある息子のために、ひとくちで簡単に食べられるチキンナゲットを作りました。細かくした鶏むね肉に小麦粉や豆腐などを混ぜて油で揚げます。パクパク食べられるので、短い食事の時間でもしっかり食べることができています」(20代ママ)

ひとくちで食べられるチキンナゲットは、子どもが食べやすいメニューかもしれません。大きさや形を変えて作ってあげると飽きることなく食べてくれそうです。

2歳児が食事に興味をもつよう意識したこと

ご飯にあまり興味をもっていなかったり、お菓子や母乳の方が気になるという場合、どのようにしたら食事に興味をもってくれるのでしょうか。意識したことをママたちに聞いてみました。

料理をいっしょに作る

「生地をいっしょに混ぜたり、のりをちぎったりと、簡単な作業は子どもにお願いすることがあります。お手伝いをするようになってからは料理に興味をもち、以前より食べる量が増えた気がします」(30代ママ)

料理を子どもといっしょに作ることを意識したママの声がありました。料理に関わることで食事に興味をもち、ご飯を食べることへも繋がるかもしれません。

食事に関する絵本を読む

「食事や料理に興味をもってもらいたいと思い、食事に関する絵本を読むようにしました。いっしょに食べる真似をしたり、食材の名前を読んだりして、食事の楽しさを少しずつ伝えられるとよいなと思っています」(30代ママ)

食事に関する絵本を読むようにしたママもいるようです。絵本にのっていた食材を実際に見せて料理をしてみたら、積極的に食べるようになったというママの声もありました。

2歳児が食べたくなるように工夫しよう

子どもと食事するママ
iStock.com/monzenmachi

2歳の子どもがいるママの中には、ご飯の途中で遊ぶ、お菓子や母乳をほしがるなど、食事に関してさまざまな悩みをもつ方もいるようです。ご飯を食べないときは完食できる量にしたり形を変えたりと工夫できるかもしれません。子どもが喜ぶようなメニューとレシピを考えて、食事の時間を親子で楽しめるとよいですね。

2018年12月23日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧