赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープ。種類の選び方や洗い方

赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープ。種類の選び方や洗い方

泡タイプか固形タイプなどどっちを選ぶ?

赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープについて気になっているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、泡タイプなどのベビーソープの種類や選び方、手早く丁寧にすすぎを行うなどの洗い方のポイントを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

沐浴用のベビーソープについての悩み

赤ちゃんを出産して退院した日から行う沐浴では、ベビーソープを使うことがあるようです。沐浴用のベビーソープについての悩みを出産を控えたママたちに聞いてみました。

30代ママ
ベビーソープは種類が多いので、どのようなタイプを選ぶとよいのか悩んでいます。初めての沐浴なので、使いやすいベビーソープを購入したいと思います。
20代ママ
私はベビーソープを使う洗い方が気になっています。ベビーソープの泡をどのようなタイミングでつけるのかや、すすぎはどの程度行うのかなどについて知りたいです。
沐浴用のベビーソープについて、洗い方や選び方が気になっているママがいました。ベビーソープはさまざまな種類が市販されているようなので、赤ちゃんにあうものを選んであげたいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

ベビーソープの選び方

赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープは、どのように選ぶとよいのでしょう。ママたちに選び方を聞いてみました。

赤ちゃんの肌にやさしいものを選ぶ

30代ママ
沐浴用のベビーソープは、赤ちゃんにやさしいかどうかを考えて選びました。うちの子は肌が乾燥しがちだったので保湿力の高いベビーソープにしたところ、沐浴後の肌がしっとりとして気持ちよさそうです。
ベビーソープを選ぶときは赤ちゃんの肌質や季節などにあわせるとよいかもしれません。うんちでお尻が汚れることの多い赤ちゃんのために、洗浄力が高く質のよいオイルが配合された天然素材のベビーソープを選んだというママの声もありました。

使いやすさを考える

ベビーソープ
matka_Wariatka/Shutterstock.com
20代ママ
新生児期の沐浴は短時間で行いたいと思い、使いやすさを考えてベビーソープを選びました。片手でワンプッシュするだけで泡が出てくるベビーソープは、赤ちゃんの沐浴をするときに使いやすいと感じています。
使いやすさを考えてベビーソープを選んでもよいかもしれません。きめこまかな泡が出るポンプタイプのベビーソープは泡立てる必要がないので、ママがひとりで沐浴させるときにも洗いやすそうです。

成分を確認する

40代ママ
赤ちゃんが沐浴に使うベビーソープは、成分をしっかり確認して選ぶようにしています。天然素材で香料などが無添加の固形タイプのベビーソープは、泡立てる手間がかかりますが、安心して使うことができると感じています。
沐浴用のベビーソープを選ぶ際に成分をよく確かめているママがいました。同じ泡タイプの場合でも成分が異なることがあるようなので、購入するときに表示されている成分をよく見て選ぶとよいかもしれません。

ベビーソープを使う洗い方のポイント

赤ちゃんの沐浴のためにベビーソープを使う場合、どのような洗い方をするとよいのでしょう。ママたちに洗い方のポイントを聞いてみました。

しっかり泡立てる

30代ママ
我が家のベビーソープは固形タイプなので、しっかり泡立ててから使っています。きめこまかい泡を立ててから洗うことで、赤ちゃんが気持ちよく沐浴を楽しんでくれているのではないかと感じました。
固形タイプのベビーソープの場合は、しっかり泡立ててから赤ちゃんを洗うとよさそうです。ママのなかからは、泡立てネットを使ったところ、簡単にきめこまかい泡を作ることができたという声も聞かれました。

手順を決めてやさしく洗う

20代ママ
私は手順を決めてやさしく洗うことをポイントに沐浴をしています。初めに利き手に取ったベビーソープの泡を赤ちゃんの頭に広げ、ガーゼで拭き取りながら顔まで洗い、もう一度新しく泡を手に取って体全体を手早く洗っています。
ベビーソープを使う沐浴では、泡を手に取るタイミングなどの手順を決めて洗うことも洗い方のポイントかもしれません。ママのなかには、赤ちゃんを手早く洗ってあげるために沐浴を始める前にはいつも洗い方の手順を確認しているという声もありました。

丁寧に手早くすすぎをする

赤ちゃん ベビーバス
2xSamara.com/Shutterstock.com
30代ママ
赤ちゃんの体を洗い終わったら、手早くすすぎをするようにしています。上がり湯として用意したお湯を赤ちゃんの体にそっとかけながら、ベビーソープの泡を丁寧に洗い流すことも洗い方のポイントではないかと思いました。
沐浴時のベビーソープの泡はお湯に溶けているため、すすぎは上がり湯を一度かけるだけになるようです。用意したお湯を赤ちゃんの体全体にかけながら、手首や指の間などに残った泡を丁寧に落とせるとよいかもしれません。

ベビーソープを使うときに意識したこと

赤ちゃんの沐浴でベビーソープを使う際は、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちに意識したことを聞いてみました。

清潔に保つ

40代ママ
沐浴に使うベビーソープは常に清潔に保つことを意識しています。我が家では泡で出てくるポンプタイプを使っているので、沐浴がすむと泡の出口や容器の周りをきれいに拭き取ることで、翌日も気持ちよく使うことができます。
ベビーソープは赤ちゃんの頭や体に直接つけて洗うため、清潔に保つことを心がけるとよいかもしれません。固形タイプのベビーソープを使っているママからは、沐浴後にしっかり乾燥させ、埃のつかない風通しのよい場所に保管しているという声も聞かれました。

ガーゼなどのすすぎをしっかり行う

30代ママ
沐浴でベビーソープを使った後は、ガーゼや沐浴布などのすすぎをしっかり行うようにしました。ベビーソープの泡がガーゼなどに残ることのないように、沐浴がすんで赤ちゃんが眠っている間に丁寧にすすぎをすることが大切ではないかと思います。
沐浴で使ったガーゼや沐浴布は、赤ちゃんのお世話がすんでからしっかり洗って残った泡を落とすとよさそうです。泡の立たない沐浴剤を使った後も、ガーゼやベビーバスをきれいなお湯で洗っているというママの声がありました。

赤ちゃんにあうベビーソープを選ぼう

ベビーバス
matka_Wariatka/Shutterstock.com

赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープには、泡で出てくるタイプや泡立ててから使う固形タイプなど、さまざまな種類があるようです。ベビーソープを使うときには手順を決めて手早くすすぎをするといったことを、洗い方のポイントにしているママがいました。

肌へのやさしさや使いやすさ、成分などを考えて、赤ちゃんにあうベビーソープを選ぶことができるとよいですね。

2020年02月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧