保育園送迎は誰がしている?パパたちの保育園送迎事情

保育園送迎は誰がしている?パパたちの保育園送迎事情

時間や仕事の都合のつけ方

パパたちは保育園の送迎をしているのでしょうか。また、保育園への送迎をしているパパたちはどのように時間や仕事のやりくりをしているのでしょう。保育園へ送迎をすると、家では見ることのできない子どもの姿を見れたりよいことがあるかもしれません。保育園へ送迎をしているパパたちの体験談と感想を交えてご紹介します。

保育園への送迎は誰がしている?

保育園の送迎は誰がおこなっているのでしょうか。

30代ママ
朝は早く帰りが遅いので、時間が合わないためほとんど私が送迎しています。
30代パパ
基本的には朝は僕が預け、迎えはママが行くように分担しています。出張のときは朝もママにお願いしています。
30代ママ
パパは朝早く帰りが遅いので、私が送迎しています。
40代パパ
2人とも同じ職場のためいっしょに通勤しています。行けるときは保育園の送迎も2人でしています。

ほとんどママが送迎している家庭や、朝保育園に預けるのはパパが担当している家庭、パパとママ2人で送迎している家庭などさまざまなようです。

パパの保育園へのお見送り事情

車
iStock.com/xiaosan

忙しい朝、パパたちはどのようにして保育園に子どもを預けているのでしょうか。

30代パパ
妻の方が朝早いため、基本的には毎朝保育園に預けています。子どもの機嫌が良いときはいいのですが、機嫌が悪いと朝の支度に手間取り時間がかかってしまいます。子どもの準備を済ませてから、自分の支度をするようにして時間を調整しています。
30代ママ
2人目出産時、1日だけパパにお願いしたことがあります。朝は飲み物をセットしたり汚れものの袋を指定の場所にセットするなどやることが多いので、妊娠中にノートにまとめ説明しました。

毎朝預けているパパもいれば、イレギュラーに預けているパパもいるようです。

保育園では保護者が子どもの朝の準備をする必要があります。初めて預けるパパや、時々預けるパパで、朝の準備の仕方がわからないときは保育園の先生に準備の仕方について質問すると教えてもらえるでしょう。事前にママに確認したり、子どもが説明できれば子どもに教えてもらってもよいでしょう。

パパの保育園へのお迎え事情

パパたちは仕事のあと、どのようにして保育園へのお迎えを可能にしているのでしょうか。パパとママにお迎え事情を聞いてみました。

30代パパ
ママの仕事が終わるのが遅い日に、仕事を調整し迎えに行っています。どうしても早く迎えに行けないときは20時まで延長保育ができるので、保育園にお願いしています。
30代ママ
午後休などで過去に1、2回お迎えをお願いしたことがあります。持ち帰ってきてほしいものをリストアップし、お願いしました。

お休み・午後休を利用しお迎えに行くパパがいるようです。仕事を調整してお迎えに行くパパは延長保育を利用する場合もあるようですね。

お迎え後の過ごし方

30代パパ
お迎えがある日は仕事を早めに切り上げて帰宅するため、いつもより家で過ごせる時間が増えます。普段の平日は子どもと食事をしたり、いっしょにお風呂に入ることができないので、お迎えの日は子どもとの時間を楽しんでいます。

お迎え後、普段はできない子どもと食事やお風呂の時間を楽しんでいるパパもいるようです。

保育園の送迎をしているパパの感想

保育園
iStock.com/ChiccoDodiFC

保育園の送迎をしているパパたちに感想を聞いてみました。

保育園での様子が見られる

30代パパ
朝、保育園に行くのがゆっくりなため、だいたいの子どもが揃っています。元気な子どもたちの様子を見てから会社に行くので元気をもらえます。自分の子どもが他の子と接している姿を見るのもおもしろいです。

送迎の間の短い時間ですが、保育園での子どもの様子を見ることができるようです。家では見ることのできない保育園での子どもの姿は、パパにとって新鮮に映るかもしれません。子どもの話に登場する友だちとといっしょに過ごす姿を見ることができるかもしれませんよね。

先生や他のママやパパとコミュニケーションがとれる

40代パパ
保育園の先生の名前と顔が一致したので、子どもとの会話がスムーズにできるようになりました。

保育園に預けるときには基本的に保育園の先生に子どもの家庭での様子を伝え、お迎えのときには、保育園での子どもの様子を教えてもらいます。子どものことで何か困ったことがあるときは先生に相談すればアドバイスをもらえるでしょう。

送迎に来ている他のママやパパたちとコミュニケーションをとる機会ができることもよいでしょう。

子どもと過ごせる時間が増える

朝の時間はゆっくりと過ごすことができないかもしれませんが、服を自分で着替えられるようになった姿など成長した姿を見ることができるかもしれません。パパも朝から子どもに元気をもらえそうです。

お迎えのあと保育園から家までの帰り道では、今日何をしたか話ながら帰ると子どもから楽しい話が聞けるかもしれません。帰宅後は子どもと食事をしたり、お風呂に浸かったり、時間があればいっしょに遊ぶこともできそうです。

送迎をするママの大変さがわかる

30代パパ
たまに保育園の送迎をすると、普段ワンオペで育児をしているママの大変さがわかります。朝は自分の準備をしながら子どもの準備をして、お迎えのあとはごはんの準備。仕事をしながら毎日送迎をしているママには頭が上がりません。

普段、送迎をすることが少ないパパは、ママの大変さを知る機会になったようです。

パパが保育園の送迎をしているママの感想

パパが保育園の送迎をしているママに感想を聞いてみました。

30代ママ
お迎えに行く時間も仕事に専念できたので助かりました。
30代ママ
朝は毎日パパにお見送りをお願いしているので、仕事の都合上あまり送迎をする機会が少ない他のパパよりも、やはり保育園のことや保育園の友達について詳しいです。夫婦での話題も保育園の話題になることも多いです。

ママからは、パパが保育園の送迎をしてくれて助かるという声があがりました。また、夫婦で共通の話題で話し合えることもよいですね。

都合に合わせてパパも保育園の送迎を

チャイルドシートに座る赤ちゃんとパパ
iStock.com/yaoinlove

仕事の都合や、家庭の状況に合わせて保育園の送迎をしているパパもいるようです。

家では見ることのできない保育園での子どもの姿を見ることができたり、保育園の先生や他のパパやママとコミュニケーションをとることもできたりと、保育園の送迎をすることができてよかったというパパの意見もあがりました。

ゆっくり仕事に行ける日や、早く帰宅できそうな日はパパも保育園の送迎をしてみてはいかがでしょうか。

2019年08月29日

専門家のコメント
2
    よっしー【シッター】 保育士
    お仕事の都合で、お父様かお母様かどちらかお一人が送迎全てされているご家庭もありますよね。 でも、たまに休みの時や仕事が早く終わった時などは、一緒にお迎えにいくという選択肢があると良いですね。 家庭の外でのお子様の様子もわかりますし、夫婦間のお子様に関する会話も少し変化が出てくると思いますよ。
    ゆう先生 保育士
    ご家族みんなでサポートされてる方も増えてますよね! また、シッターでも保育園などの送り迎えのご依頼も増えています。お仕事の都合で迎えに行けない場合や、ご出産の関係の方もいらっしゃいます。 お気軽にご依頼いただければと思います。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧