生後2カ月の赤ちゃんの抱っこの仕方や嫌がるときの対処法

生後2カ月の赤ちゃんの抱っこの仕方や嫌がるときの対処法

抱っこをするときに気をつけたこと

生後2カ月の赤ちゃんの抱っこの仕方について気になるママやパパもいるかもしれません。ずっと抱っこをしてなければ泣いてしまう赤ちゃんもいるでしょう。抱っこの仕方は縦抱きがよいのか横抱きがよいのかや抱っこを嫌がる際の対処法など、ママたちの体験談をもとにご紹介します。

生後2カ月の赤ちゃんの抱っこの仕方

ママたちは生後2カ月の赤ちゃんをどのように抱っこしていたのでしょうか。縦抱きしてもよいのかや、抱っこするときに気をつけていたことなど体験談を聞いてみました。

30代ママ
私は横抱きしていました。利き手が疲れないように左右交互に、なるべく高めの位置で抱いてたと思います。
30代ママ
横抱きがメインでしたが、授乳後ゲップをさせた後や横抱きに疲れたときなどは30分ほど縦抱きすることもありました。その際は首と頭をしっかり手で支え、親の身体に添わせるようにして縦抱きしていました。
30代ママ
首座り前なのでなるべく横抱きにしました。頭がぐらつくのでしっかり抱っこしていました。身体が小さいので腕だけで持ち上げられちゃうのですが、落とさないように自分の身体と密着させていました。

ママによって赤ちゃんの抱っこの仕方はさまざまなようですが、首が座っていない場合は横抱きをしていたという意見が多くありました。

中には縦抱きの方が赤ちゃんが安心するため、助産師さんからのアドバイスを受けて首を支えながら縦抱きしていたというママの声もありました。

ずっと抱っこをしていないと泣くときの対処法

泣いている赤ちゃん
iStock.com/monzenmachi

赤ちゃんを抱っこしたあとにベッドやソファに寝かせると泣いてしまうこともあるでしょう。

赤ちゃんをずっと抱っこをしていないと泣き止まないときの対処法をママたちに聞いてみました。

おくるみを使う

30代ママ
おくるみで包みこんで安心させると泣き止むときもありました。
30代ママ
抱っこしたまま眠ったときはベッドに下ろすと泣いてしまうので、寝かしつけで抱っこする際はおくるみにくるみ、おくるみのままベッドに下ろすとそのまま寝続けてくれることが多かったです。

赤ちゃんが抱っこしていないと泣いてしまうときは、おくるみを使うことで対策したというママの意見がありました。

抱っこ紐を使う

30代ママ
ずっと抱っこをすると疲れてしまうので、抱っこから下ろしたときに泣いてしまう場合は抱っこ紐を使って抱っこしていました。

赤ちゃんが抱っこを求めるため、長時間抱っこしても疲れないように抱っこ紐を使っていたというママの声もありました。

その他、抱っこから下した際に、赤ちゃんと密着して寝かしつけると泣かずに寝てくれたというママもいるようです。

ママによって対策はさまざまなようですね。

抱っこを嫌がるときの対処法

ベビーベッド
iStock.com/hkeita

赤ちゃんが抱っこを嫌がる場合もあるでしょう。ママたちはどのように対応していたのでしょうか。

抱っこする人を変える

30代ママ
ママの抱っこで嫌がるときはパパと抱っこを変わったりと工夫していました。抱っこする人が変わると落ち着くことがあるようです。

ママの抱っこでは泣いてしまう場合、パパと抱っこを変わると落ち着くこともあるようです。

密着するように抱っこする

30代ママ
のけぞるような感じのときはありましたが、抱っこに慣れてきたら自然と気にならなくなりました。密着するように抱っこすると落ち着いてくれたような気がします。

ママの体と赤ちゃんの体を密着させると赤ちゃんが落ち着くようです。ママの中には、密着することで、ママの温かさが伝わり安心するのではないかという意見もありました。

その他、赤ちゃんが抱っこを嫌がる場合は無理に抱っこせず、赤ちゃんが好きな態勢を見つけて対応したというママの意見もありました。

赤ちゃんの反応に合わせて対応するとよいかもしれませんね。

生後2カ月の赤ちゃんに抱っこ紐は使う?

生後2カ月の赤ちゃんに抱っこ紐は使っていたのでしょうか。どのような抱っこひもを使っていたのかや使い方について、ママの声を聞いてみました。

30代ママ
赤ちゃんを連れて外に出る用事があり抱っこ紐を使っていました。首が座っていなかったため、横抱きできる抱っこ紐を使っていました。
30代ママ
生後1カ月から使用できる首と頭を支えられる抱っこ紐を準備していたので、それを使っていました。
30代ママ
首が座らないうちは、縦抱きの抱っこ紐は使わないほうがよいと聞いていたので、横抱きの抱っこ紐を使っていました。

抱っこ紐を使っていたママたちは生後2カ月の赤ちゃんの状態に合わせて、横抱きの抱っこ紐や、首を支えることができる抱っこ紐を使っていたようですね。

赤ちゃんが安心できる抱っこをしよう

赤ちゃんを抱くママ
iStock.com/Yuji_Karaki

生後2カ月の赤ちゃんを抱っこする際は赤ちゃんの成長状況に合わせて抱き方を工夫するとよいでしょう。

横抱きを嫌がるようであれば、首を支えて縦抱きをするなど、ママたちも工夫していたようです。

赤ちゃんをずっと抱っこしていないと泣いてしまう場合は、おくるみを使うと抱っこから下ろしても泣かなかったという体験談もありました。

逆に抱っこを嫌がる場合は、抱っこする人を変えたり、抱き方を工夫すると赤ちゃんが落ち着くかもしれません。

ご紹介したママたちの体験談を参考に、生後2カ月の赤ちゃんが安心できる抱っこの仕方を見つけてみてはいかがでしょうか。

2019年07月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧