子育てファミリーのための支援金や助成金の制度を利用しよう

子育てファミリーのための支援金や助成金の制度を利用しよう

健康診断や児童手当の受け方

子育てファミリーのための支援金や助成金について気になっているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、居住している自治体などで行っている子育て世帯向けの支援制度についてと、支援や助成のお金を受けるためのポイントについて、ママやパパの体験談と資料を交えてご紹介します。

子育てファミリーの支援制度について知りたいこと

子育てファミリーのための支援や助成については、居住している自治体毎に制度の違いがあるようです。支援制度について知りたいことをママやパパに聞いてみました。

30代パパ
子育てファミリーのための支援金や助成金にはどのようなものがあるのかを知りたいと思います。子育て中は何かとお金が必要なので、いただける支援金などがあれば助かるのではないかと感じています。
20代ママ
私たちが住んでいる自治体の支援制度や支援事業について知りたいと思っています。支援金や助成金以外に、子育てのための購入費の補助やお金をかけずに受けることができる医療などがあれば利用したいと考えています。

子育て中のママやパパは、居住する自治体で行っている支援事業や助成制度について知りたいと考えているようです。子育て世帯向けの支援金や助成金の制度が充実しているとありがたいですよね。

実際に、子育て世帯で利用できる支援制度にはどのようなものがあるのでしょう。

子育てファミリーのための手当や補助金

子育てファミリーのための支援金として、児童手当などが制度化されているようです。制度の内容について、内閣府や厚生労働省、自治体の資料をご紹介します。

児童手当

ブタの貯金箱
© New Africa - Fotolia
内閣府の資料によると、児童手当の支給対象は中学校3年生までの児童を養育されている方とされているようです。支給額は3歳未満の児童1人当たりの月額が15,000円、3歳以上小学校就学前の児童は10,000円となっており、条件にあえば第3子からは小学校就学まで15,000円が支給されるようです。

児童手当を受ける方の所得が限度額以上の場合は、月額一律5,000円となるなど国で定められたルールがあるようですので、気になる場合は内閣府のホームページや自治体の窓口で確認するとよいかもしれません。

児童扶養手当

児童扶養手当はひとり親世帯の児童の保護者がもらえる支援金のようです。厚生労働省の資料を見ると、18歳になってから最初の3月31日になるまでの児童を養育するママやパパなどが対象となるそうです。平成30年の8月には全部支給の所得制限限度額が引き上げられ、31年(令和元年)11月には支払回数の見直しも行われるようです。

児童扶養手当を受けているひとり親世帯の方のために、独自の支援や助成を行っている自治体もあるようです。葛飾区の「児童扶養手当」のページにも、児童扶養手当を受けている方が受けられる割引や減免などの制度がいくつか記載されています。

自転車購入費の助成など

30代ママ
子どもを保育園に送り迎えをするために親子3人で乗る自転車を購入しようとしたところ、住んでいる自治体で購入にかかるお金の補助をしてもらえることがわかりました。3万円の助成金をいただけるので、電動アシストつきの自転車を購入しました。

子育てファミリーのために独自の支援金や助成金の制度を設けている自治体もあるようです。葛飾区のホームページにも「三人乗り自転車や関係物品の購入費助成を行います」という記載があり、受ける条件や助成金の申請方法などが紹介されています。

出典:児童手当制度のご案内/内閣府
出典:児童手当/葛飾区
出典:「児童扶養手当」についての大切なお知らせ/厚生労働省
出典:児童扶養手当/葛飾区
出典:1 児童扶養手当制度の概要/厚生労働省
出典:三人乗り自転車等購入費助成事業/葛飾区

子育てファミリーのための医療に関する支援

各自治体には子育て世帯のための医療助成金などの制度があるようです。ここでは葛飾区の例をご紹介します。

乳幼児医療助成金など

病院
iStock.com/imaginima
葛飾区では区内に住んでいる中学3年終了前までの児童を養育している方を対象に、健康保険を使って診療や調剤を受けた場合の自己負担分を助成することになっているようです。ただし、入院したときの食事療養標準負担額や健康保険がきかないものなど、助成できない部分もあるようです。

予防接種無料券

子どもが生まれるとさまざまな予防接種を受けることになるようです。葛飾区では定期の予防接種のための接種票を子育て世帯のママやパパに個別に郵送しているそうです。定期の予防接種については東京23区内の実施医療機関であれば自己負担なしで接種できるようなので、接種スケジュールを立てやすいかもしれません。

また、葛飾区には区内の実施医療機関のみで無料で受けられる任意の予防接種もあるようです

歯科健診やフッ素塗布費用

葛飾区には3歳までの子どものための歯科健診やママの口腔ケアなど、子育てファミリーのための歯に関する支援も行われているようです。2歳の歯科健診では協力歯科医療機関でフッ素塗布をしてもらえる受診票が個別に郵送されるそうです。
出典:子どもの医療費助成(乳幼児医療証、子ども医療証)/葛飾区
出典:葛飾区で実施している子どもの予防接種について/葛飾区
出典:子どもの歯科健診、歯の健康教室のご案内/葛飾区

支援金や助成金を受けるためのポイント

子育てファミリーのママやパパが子育ての支援金や助成金を受けるためには、どのようなことを意識するとよいのでしょう。制度を利用するためのポイントを聞いてみました。

対象者や所得制限などの確認をする

30代パパ
児童手当などの支援金を受ける場合、対象となる条件や所得の限度額などがあるようなので、自治体のホームページで確認しました。所得制限限度額で少しわからない部分については、直接窓口に問いあわせてみました。

子育てファミリーのための支援や助成を受けようと考えて、居住する自治体に条件などの確認をしたパパがいました。内閣府や厚生労働省、各自治体のホームページに制度毎の条件などがわかりやすく記載されているようなので、調べてみるとよいかもしれません。

申請方法や必要書類を確認する

20代ママ
子どもの医療費助成制度の申請をするために、住んでいる市のホームページを見て申請方法や必要書類を確認しました。早めに準備を始めたので住民票の写しなども期日内に用意することができ、医療証をスムーズに発行してもらえました。
子育てファミリー向けの制度を利用する際は、支援金や助成金などの受給の申請を行うことが必要となることもあるようです。例えば葛飾区児童手当の申請の場合、「認定請求書」「健康保険証」「個人番号確認書類」など数種類の書類が必要と記載されています。

申請に必要な届け出をしておく

30代パパ
子どもが生まれてから今の自治体に転入してきたので、転出した自治体と転入した自治体に必要な届け出をしました。使っていた医療証を転出前に自治体に返却することなども忘れないように気をつけました。
子育て支援制度などを利用する際は、申請前に行う届け出もあるようです。児童手当を受給するために毎年6月に現況届を提出することや、健康保険に変更があればすぐに届け出ることなどを忘れずに行えるとよさそうです。
出典:児童手当制度のご案内/内閣府
出典:児童手当/葛飾区
出典:「児童扶養手当」についての大切なお知らせ/厚生労働省
出典:子どもの医療費助成(乳幼児医療証、子ども医療証)/葛飾区

子育て世帯のための支援制度を活用しよう

リュックを背負った男の子
iStock.com/franckreporter

子育てファミリーのための支援金や助成金の制度はさまざまあり、居住する自治体によっても違うようです。親子用の自転車を購入するときにお金を補助する制度を利用して、使いやすい自転車を購入したママがいました。

児童手当や乳幼児医療費助成などの子育て世帯向けの支援制度や助成制度を活用し、子育てを楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年6月7日時点で作成した記事になります。

2019年06月10日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧