トイレトレーニングにおまるは向いている?補助便座との違いとよい点

トイレトレーニングにおまるは向いている?補助便座との違いとよい点

選ぶときのポイントやいつから使えるかなど

おうちでトイレトレーニングを始めるとき、おまると補助便座のどっちがよいか迷うママやパパもいるのではないでしょうか。いつからおまるを使えるかや使うときの注意点を知りたい場合もあるでしょう。今回の記事ではおまるのよい点や選ぶときのポイントについて、体験談をまじえてご紹介します。

トイレトレーニングはおまると補助便座どっちがよい?

おまると補助便座はどちらもトイレトレーニングに使われる道具ですが、一番の違いはトイレ以外の場所で使えるか使えないかという点でしょう。

おまるはトイレに行かなくてもリビングなど大人が見守りしやすい場所で気軽に座ることができるので、トイレの空間が苦手な子どものトレーニングやまずは座る習慣を身につけたいというときに便利なようです。

おまるをいつから使ったかについては、1歳児クラスにあがって保育園から用意するように言われたママや、トイレトレーニングをはじめる2歳前後で購入したというママの声がありました。

なかには腰が据わってお座りができるようになった0歳児のうちに、起床後やお昼寝のあとに座る練習から始めるママもいて、おまるでのトイレトレーニングをはじめるタイミングはさまざまなようです。

おまるのよい点と注意点

世間では排泄物の処理などを考えると、おまるより補助便座の方が使いやすいのでは?という声もあるようです。おまるを用意するときはよい点と注意点をしっかり把握して考えたいですね。

よい点

おまるとオムツ
iStock.com/avtk

おまるはトイレにセットする補助便座と違い単体で使うことができるので、子ども部屋やリビングなど使う場所を選びません。遊びや普段の生活のなかで、まずは触れたり座ることから子どもに慣れてもらうことができるでしょう。

おまるは子どもが自分で座れる高さに作られており、床に足がつくところもよい点です。うんちのときにしっかり力むことができ、トイレの便座の高さがまだ怖い小さい子どもでも安心して使えるようです。

トイレの空間が苦手でトイレトレーニングを嫌がる場合や、補助便座を使ってトイレでうんちがうまくできない場合もおまるを使うとよいかもしれません。

注意点

おまるで排泄したあとは毎回掃除をする必要があります。おまるのなかにはおしっこやうんちを溜めるポットがついており、取り外して中身をトイレに流すことができるようになっているものが多いようです。

このポットと座面をこまめに水洗いするほかに、定期的に洗剤で洗って除菌スプレーをかけるお手入れも行っているというママの声がありました。

トイレトレーニングの進め方では、おまるでの排泄に慣れたあとにトイレの便座で排泄する練習も必要となり、2段階のトレーニングとなる場合があるようです。トイレでの排泄を練習するときに補助便座も使ったというママの声がありました。

おまるを選ぶときのポイント

毎日使うおまるは後悔のないように選びたいですよね。購入するときは以下のポイントに気をつけるとよいかもれません。

タイプ

おまるとおもちゃ
iStock.com/romrodinka

おまるには和式トイレに似た形のまたいで座るタイプと、洋式トイレと同じように足を揃えて座るタイプがあります。

またいで座るタイプのおまるには前方にハンドルがついているものが多く、つかまりながら力むことができるのでうんちがしやすい子どももいるようです。またぐためにオムツやズボンを完全に脱がせるため、ママのお手伝いが必要な場面は少し多いかもしれません。

足を揃えて座るタイプは膝の下までズボンとパンツを下げればよいので、またいで座るタイプより排泄にかかる手順は少なくて済むようです。洋式トイレと同じ形なので、トイレでの排泄への移行もスムーズだったというママの声がありました。

またいで座ることも足を揃えて座ることもできる2WAYタイプや、補助便座としても使える3WAYタイプのものもあるようです。成長やトイレトレーニングの進み方に合わせて柔軟に使いたい場合は検討してみるとよいかもしれません。

お手入れ

子どもの排泄のたびに掃除するママにとって、おまるの洗いやすさは大切でしょう。ポットの取り外しやすさや、本体を丸洗いしやすいかどうかを確認するとよいかもしれません。

お手入れの手間を省くために、ポットの中に吸水シートを敷いたりトイレに流せるお掃除シートで拭くというママもいるようです。シートの使用を検討する場合は、おまるのポットの形がシートを敷きやすいかや拭き取りやすいかなども確認するとよいでしょう。

デザイン

子どもに楽しんでトイレトレーニングをしてもらうために、おまるのデザインも大切なようです。メーカーによってさまざまなキャラクターのデザインや音が鳴るおまるなども販売されているので、子どもといっしょに選ぶのも一つの方法でしょう。

子どものお気に入りのおまるを見つけて、トイレトレーニングのやる気につなげられるとよいですね。

おまるを使って楽しくトイレトレーニングをしよう

おまるでトイレトレーニングをする男の子とママ
© yamasan - Fotolia

子どもにおまるを用意したママやパパのなかには、補助便座でトイレトレーニングを始めたものの思うように進まず、おまるを試すとうまくいったという声もありました。

おまると補助便座のどっちがよいかは、トイレトレーニングをはじめたあとでも子どもの様子を見ながらその都度考えてあげるとよいようです。

おまるをいつから用意するか迷っている場合は、まずは購入しておまるに触れたり座ることから慣れていってもらうとよいかもしれません。

おまるを使ってスムーズにトイレトレーニングができるとよいですね。

2019年05月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧