保育園の申し込み。申請理由や申込書の書き方、書くときのポイントなど

保育園の申し込み。申請理由や申込書の書き方、書くときのポイントなど

保育園の利用申請をするとき、申請理由の書き方に迷うこともあるかもしれません。自治体の保育園の申し込み状況や派遣、求職中でも申し込みができるのかなど気になることもありますよね。今回は、保育園の申し込み理由や申込書の書き方、就労証明についてや通勤時間は勤務時間に含まれるのかなどをご紹介します。

保育園の入園申請について

保育園の申し込みをするとき、申込書の書き方に迷うママやパパもいるのではないでしょうか。申請理由にはなにを書くのかなども気になるポイントですよね。今回は、保育園の申請についてご紹介したいと思います。

入園条件

保育園の申請には、保育を必要とする事由に当てはまり、自治体で利用の認定を受ける必要があります。保育を必要とする事由には、例えば以下のようなものがあります。

・就労
・妊娠、出産
・保護者の疾病、障がい
・求職活動
・就学(職業訓練学校を含む)

この他にも、自治体により保育を必要とすると認められたときに保育園の利用申請をすることができるようです。まずは、保育を必要とする事由に当てはまるかどうか確認してみるとよいでしょう。

出典:子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK/内閣府・文部科学省・厚生労働省

申し込みに必要な書類

書類
© sharaku1216 - Fotolia

保育園の申し込みに必要な書類には、以下のようなものがあるそうです。

・保育園利用の申請書
・保護者が保育できないことの証明書類(就労証明書など)
・世帯の収入を証明する書類

家庭で保育できないことを証明する書類は、保護者の状況により就労証明書、診断書など変わるようなので、保育園を利用したい理由にあわせて用意する必要がありそうです。

就労証明書は、一般的に勤務先の情報や勤務形態、勤務日数などを会社で記入してもらうようです。また、入園が決まった際に保育料を決定するための、世帯収入がわかる書類が必要になることもあるそうです。

その他にも、子どもの健康状態に関する書類など自治体によって必要書類は変わってくるようなので、自治体のホームページなどで確認を行うとよいかもしれません。

申し込み状況を知りたいとき

各保育園の申し込み状況を知りたいママやパパもいるかもしれません。自治体によっては、申し込み状況の確認をホームページや役所の窓口で行うことも可能なようです。保育園の受け入れ人数に対する申し込み状況が確認できるので、申し込みの際の参考になるかもしれませんね。

申込書の書き方

実際に申込書を書くとき、書き方に迷うこともあるのではないでしょうか。申込書には、子どもや親に関する基本的な情報や就労状況などを記入するようです。今回は、そのなかでも申請理由、通勤時間などについてママたちに書き方を聞いてみました。

申請理由

申請理由には「就労」を理由として書き、申し込みをしたというママの声が多くありました。アルバイトや派遣勤務で申し込みをしたママも多いようです。

その他にも、「就労」と「病気・けが」などの二項目を選んだというママもいました。しかし、採用される申請理由はひとつのみだったようです。保育を必要とする事由に沿って、家庭の状況を申請理由に記入するとよいでしょう。

通勤時間

車
© xiaosan - Fotolia

申込書には、勤務時間を記入する欄が設けられているようです。保育園を利用するときには、勤務時間によって利用時間や保育の必要性が認定されるようですが、このとき通勤時間は考慮されるのかと気になりますよね。

ママたちに聞いたところ、勤務時間には通勤時間は含まれなかったという場合が多かったですが、保育時間を決めるときには通勤時間が考慮されていたという声がありました。通勤に時間がかかる場合は、そのことが伝わるように記載するとよいかもしれません。

その他

申込書には、その他にも自由記入欄を設けているものもあるようです。この自由記入欄には、申請理由の部分に書ききれなかった理由を書いたり、窓口では話しづらいことを記入することに活用できそうです。

現在の家庭の状況をさらに細かく記載したというママもいるようです。申請理由の欄だけで伝えきれなかったことがある際には、記入をしてみるのもよいかもしれません。申込書の形式はさまざまで、記入欄はなくチェックをするだけだったという声もありました。詳しく伝えたいことがある場合は、他の用紙に理由を記入し渡したママもいるようです。

ママたちにきく、申請書の書き方のコツ

実際に保育園の申し込みの書類を記入した経験のあるママたちに、申込書の書き方のコツや気をつけたいことを聞いてみました。

「なぜ保育園を利用したいのか、余白などを活用してしっかりと記入しました。『保育を必要としている』ということを伝える姿勢が大切だと思います」(40代ママ)

「私は託児を利用したことがあり、託児証明書の提出も必要でした。短時間でも託児を利用したことがあれば、加点がつくこともあるようなので託児証明を提出するとよいと思います」(40代ママ)

なぜ保育園を利用したいのか、申請理由に書きたいことをまとめておくとよいかもしれません。現在の家庭の状況をしっかりと伝えることがポイントになりそうですね。

派遣や求職中の申し込みについて

保育園の申し込みをするには、派遣で働いている場合や求職中の場合でも申し込みができるのか調べてみました。

派遣の場合

保育を必要とする事由の「就労」には、平成27年度の子ども・子育て支援新制度によって「フルタイムの他パートタイム、夜間、居宅内の労働など」という条件が加えられました。派遣やパートタイムなどの場合でも、就労していることが保育を必要とする事由にあてはまるようです。

求職中の場合

子ども・子育て支援新制度により、求職中の場合でも保育を必要とする事由にあてはまることとされました。しかし求職中の場合は、入園から仕事に就くまでの期間が定められているところが多いようで、その期間は自治体によって異なりますが、1カ月から3カ月ほどのようです。

求職中に保育園の入園が決まったときは、入園後この期間をこえると退園になることもあるようなので注意が必要になりそうです。就職予定などが決まっている場合はそのことを申込書に記入してもよいかもしれません。

出典:子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK/内閣府・文部科学省・厚生労働省

保育園の申し込み条件を確認しよう

書類を書く女性
iStock.com/Yagi-Studio

保育園の申込書の申請理由の書き方は、家庭の状況がわかるようにしっかりと記入することが大切なようです。申し込み状況の確認の可否や就労証明などの必要な書類、通勤時間が考慮されるのかなど、自治体で異なることもあるようなので、確認しておくとスムーズに申し込みができそうですね。

派遣や求職中の場合も申し込みの対象となっているので、保育を必要とする事由に当てはまるかどうかを確認して、保育園の申し込みの準備をしておいてはいかがでしょうか。

※記事内で使用している参照内容は、2018年10月1日時点で作成した記事になります。

2018年10月02日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧