子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

保険の種類を一覧で紹介。終身保険や生命保険など、子育て中の家庭にかかわる保険とは

保険の種類を一覧で紹介。終身保険や生命保険など、子育て中の家庭にかかわる保険とは

保険にはたくさんの種類がありますよね。終身保障してくれる生命保険は一般的かもしれませんが、一時期だけ保障を厚くするための定期保険、将来の生活費に備える個人年金保険など知らないものもあるでしょう。そこで今回は、子育て中のママにとって必要となりそうな保険を検討できるよう、保険の種類を一覧にしました。

保険の種類と概要

まずは保険の基本的な種類や概要からご紹介します。

生命保険

生命保険とは、自分や家族を守る「生活保障」の手段の一つと言われています。

いざというときに、生活をしていけるように備える保険とも言われています。

医療保険や学資保険も生命保険の一種のようです。

損害保険

損害保険は、万が一の事故などで傷つく、もしくは傷つけてしまった際のアクシデントに備える保険だと言われています。

自動車保険や火災保険などが含まれるようです。

基本となる生命保険の種類

生命保険にはどのような保険があるのか種類をいくつかご紹介していきます。

終身保険

プランにもよるようですが、終身保険は、死亡・高度障害となった場合に保険金が一括で支払われる生命保険を言うようです。

保険期間は一生涯続くようで、保険料の支払い期間は65歳までなどあらかじめ年齢を決められたり、終身払いにすることもできるようです。

どちらの支払い方法にしても保険期間が一生涯続くことから「終身」保険と言われているそうです。

定期保険

定期保険も死亡・高度障害となった場合に保険金が一括で支払われる保険のようです。

保険期間が一定期間となっていて、保険期間内に何事もなければそのまま契約は終了となるそうです。

満期保険金はなく、解約返戻金も0円かほとんどないことが多いため、一般的に「掛け捨て」保険と言われているようです。

医療保険

医療保険
kdshutterman/shutterstock.com

医療保険は、契約期間中に病気やケガで入院したり、プランの内容に該当している手術を受けたときに、給付金が受け取れるようです。

一般的には医療ですが、死亡したときに保障をしてくれるものもあるそうです。一方、終身保険や定期保険ほどは保証金額は少ない傾向があると言われています。

基本となる生命保険から派生した保険

基本となる生命保険から、よりニーズに応えた保険もあります。個々の生活スタイルに合わせて選択しやすくなっているようです。

収入保障保険

収入保障保険は定期保険と同じく、保険対象者が万が一死亡してしまった際に決めた金額が支払われるようです。

ただし、保険金の受取方法に違いがあります。

定期保険の保険金は一時金として一括で支払われるのが一般的ですが、収入保障保険は、満期の設定など、契約内容を満たした時点での保険金を分割して毎月、満期まで支払われるそうです。

最低保証などが保険会社によっては決まっていて、満期をすぎても支払われるケースもあるそうです。

保険金額が契約時から満期時に向けて徐々に減額するため、子どもが小さい期間の保障を厚くしたい子育て世代に向いているでしょう。

個人年金保険

個人年金保険は、公的年金(国民年金や厚生年金)とは別に老後に備えて加入し、一定期間年金が受け取れるようにする保険のようです。

※プランによっては、生涯受け取れるタイプもあるそうです。

損害保険は身近にたくさんある

損害保険は身近でもたくさんあるようです。

今回は

・運転
・レジャー
・家を守る

ときの損害保険をいくつか紹介していきます。

運転をする人向けの損害保険

車やバイク、自転車事故の補償をカバーしてくれる損害保険の一部を紹介します。

自動車保険

自動車保険は、自動車事故で生じた損害を補償するための保険で、一般的に認知されているのは2種類と言えるでしょう。

法律で加入が決められている自賠責保険と、個人的に民間の保険会社で加入する任意保険が広く知られているようです。

自賠責保険だけでは実際には不測の事態はカバーしきれないので、任意保険にも加入している家庭も多いそうです。

ドライバー保険

ドライバー保険は、他人の車などを運転していて起こった事故を補償してくれる保険と言われています。

車を所有していない人はレンタカーを利用する機会もあると思います。レンタカーを利用していて事故を起こした場合も対象となるようです。

バイク保険

バイクを運転中に生じた事故を補償するための保険のようです。

自賠責保険は被害者に対する補償のみですが、自動車保険やバイク保険は任意保険で相手方への補償や自身の補償にも対応しているのが一般的と言われています。

自転車向け保険

自転車を運転中に起こしてしまった事故を補償する保険もあるようで、自身のケガを補償するだけでなく、被害者への賠償もサポートしてくれるそうです。

子どもを乗せて運転をしているママやパパは考えてみてもよいかもしれませんね。

レジャー向け損害保険

家族の保険
Ronnachai Palas/shutterstock.com

日常生活から離れた旅行先などの事故に備える保険もあるようです。

海外旅行保険

海外旅行中にケガをしてしまった、持ち物を破損した、盗難にあったなど、アクシデントを補償してくれるのが海外旅行保険のようです。

旅行先によっては、食べ物や飲み物が体に合わなかったり、治安がよくない場所もあるでしょう。

期間にもよりますが、楽しく旅行をするためにも、検討してみてもよいかもしれませんね。

ゴルフ保険

ゴルフ保険は、ゴルフプレー中に他人にケガをさせてしまったとき、自身がケガをしてしまったときなど、ゴルフプレー中のリスクを補償してくれるようです。

初めてのゴルフなどは特に何が起きるかわかりませんよね。

不安な人は調べてみてもよいかもしれません。

スキー向け保険

スキー中に起こった事故により、自身がケガをした場合、誰かにケガを負わせてしまった場合の補償をしてくれるようです。

スキーなどの冬のスポーツはケガをするときも、骨折をするなど想像以上の被害にあうことがまれにあるかもしれないので、加入を検討してみてもよいかもしれません。

家を守る損害保険

火災や自然災害で被る被害は人だけではありません。家を守る保険も紹介します。

火災保険

火災保険は、火事で家が燃えてしまったときに備える保険のようです。

火災保険で保障されるのは火災だけではなくて、雷による損害、台風による風災、洪水による水害などの補償も選ぶことができるそうです。

地震保険

地震保険は、名前の通り、地震による家財の損害を補償する保険のようです。

大きな地震などに備えて加入を検討するのもよいかもしれません。

家財保険

賃貸で家を借りたことがある人は聞いたことがあるかもしれませんね。

家財保険や火災保険と言われて、賃貸契約するときに加入をしたことがある方も多いでしょう。

万が一の事態が起きたときに、自分の家財に対して保証をしてくれるプランのようです。

たくさんある保険の種類から、自分に必要な保険選びをしよう

家族の保険
UV70/shutterstock.com

保険の種類一覧を見ていただいたとおり、定期保険や終身保険のように自分の身にかかわる生命保険から、相手や自分のものの損害を補償する損害保険までたくさんの種類があります。

それぞれの生活環境や生活スタイルから必要な保障は異なりますが、保険会社によっても細かな内容は変わってくるでしょう。改めて自分が加入している保険を見直し、足りない補償があれば加入したり、補償内容が重複している部分があるならはずすなど、生活する上での不安が少しでも減るとよいですね。

※記事内に記載している内容は、保険会社や契約内容、状況によって異なります。

2017年12月27日

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧