子ども部屋の間仕切り。引き戸や家具を使うポイントや工夫

子ども部屋の間仕切り。引き戸や家具を使うポイントや工夫

子ども部屋にあわせた間仕切り方法など

子ども部屋を間仕切りしようと考えるとき、引き戸やパネルドア、カーテンを使うか壁面収納やクローゼット、ベッドや本棚など家具を使うか、それぞれ費用はどの程度かかるのかなど悩むママもいるかもしれません。今回は、子ども部屋の間仕切りを考えるポイントや間仕切りするときの工夫について体験談を交えてご紹介します。

子ども部屋に間仕切りしたいとき

家を建てるときや子どもの成長にあわせて、子ども部屋の間仕切りをどのようにするとよいのか考えるママもいるのではないでしょうか。子ども部屋の間仕切りをしたいとき、どのようなことが気になるのか、ママやパパたちに聞いてみました。

30代パパ
新築する家の子ども部屋は、子どもの数に応じて間仕切りができるよう設計する予定です。後々使いやすくするためには、どのようなことがポイントになるでしょうか。
30代ママ
夫と子ども二人とマンションに住んでいます。子どもが大きくなってきたので、一番広い部屋を子ども部屋にしようと考えていますが、どのように間仕切りするかで悩んでいます。
後から間仕切りができるよう部屋の間取りを考えておくポイントや、間仕切り方法が気になるといったパパやママの声がありました。子ども部屋の間仕切りを考えるときのポイントを知ることができると、間仕切りを考えやすくなるかもしれません。

子ども部屋の間仕切りを考えるポイント

子ども部屋の間仕切りを考えるとき、どのようなことを意識しておくとよいのか気になるママもいるかもしれません。子ども部屋の間仕切りを考えるポイントについて、ママたちに聞いてみました。

ライフスタイルにあわせる

40代ママ
今は子ども用に個室二つに間仕切りしたいのですが、子どもが独立したら一部屋に戻したいと考えています。状況にあわせて、間仕切りを自由に変えられるようにできたらよいなと考えています。
ライフスタイルの変化を考えて、間仕切りを固定することなく自由に変えられるようにしたいというママもいるようです。家族の生活の変化に対応して部屋の使い方を見直せるようにしておくと、より暮らしやすくできるかもしれませんね。

動線やコンセント、窓の配置を考える

コンセントの位置
Andy Dean Photography/Shutterstock.com
30代ママ
子ども部屋を間仕切りするときは、動線やコンセントの位置を考えました。ベッドや本棚など家具の配置を考えながら間仕切りすると、子どもも生活しやすいように思います。
使いやすい動線やコンセントが分散するよう考えることも大切なようです。他にも、窓が一つしかない部屋を間仕切りするときは、パーテーションなどで仕切ることで上部から光が入るように工夫したというママの声もありました。

費用を検討する

30代ママ
子ども部屋の間仕切りを考えるときは、費用もしっかりと検討しなければと考えます。引き戸やパネルドアを設置して間仕切りするのと、収納家具などで間仕切りするのではどちらが安くなるのか、よく考えて決めたいと思っています。
どのような間仕切りをするとよいかを考えるときに、費用について検討することも大切かもしれません。後々の使いやすさなども考慮して、どのくらいの費用をかけるかを考えるのもよいかもしれません。

スペースにゆとりがある子ども部屋の間仕切り方法

広めの子ども部屋を用意できるとき、どのような方法で間仕切りすることができるか気になるママもいるかもしれません。スペースにゆとりがある子ども部屋の間仕切り方法について、ママたちに聞いてみました。

引き戸で仕切る

30代ママ
子どもたちは個室でゆっくりしたいときと兄弟で遊びたいときがあるので、個室としても共同の部屋としても使えるとよいなと考えました。引き戸で間仕切りすると、状況にあわせて自由に扉を開閉できるのでどちらにも対応することができます。
子どもたちの気分にあわせて部屋を使うことができるよう、子ども部屋の間仕切りに引き戸を選んだママもいるようです。引き戸やパネルドアを使って間仕切りすると、子どもが独立した後の来客対応などで部屋の大きさを変えることができ助かっているというママの声もありました。

家具で仕切る

家具で仕切る
Africa Studio/Shutterstock.com
40代ママ
うちの子どもは姉と弟の兄弟なので、子ども部屋はしっかりと仕切る方がよいと思いました。子ども部屋の真ん中にそれぞれのクローゼットを作ることで、音漏れなどの心配もなく部屋を分けることができました。
子ども部屋を家具で間仕切りしたママもいました。家具で間仕切りしたママのなかには、クローゼットで間仕切りできると収納スペースも同時に作れるのでよかったという声もありました。

カーテンで仕切る

30代ママ
我が家は賃貸住まいで壁を作ることができないため、子ども部屋の間仕切りはカーテンを使いました。厚めのアコーディオンカーテンを用意すると、それぞれの個室を保つことができたと思います。
アパートやマンションなどで壁を工事することができない場合などには、カーテンを使用することも一つの方法かもしれません。他にも、子どもが小さい間はパーテーションで間仕切りするようにしたというママの声もありました。

限られたスペースを間仕切りするときの工夫

限られたスペースで子ども部屋の間仕切りをしなければならないときに、ママたちがした工夫について聞いてみました。

縦の空間を活かす

30代ママ
子ども部屋を分けると狭くなってしまうため、上の子は上にベッドで下を収納スペースにし、下の子はその逆にしています。縦に配置することで、勉強机を窓のある明るい場所に配置することができました。
縦の空間を活かしたレイアウトにすることで、限られたスペースでもゆとりある子ども部屋にすることもできるようです。家を建てる場合は、工務店の担当者にアドバイスをもらうのもよいかもしれません。

プライベート空間を保てるようにする

40代ママ
子ども部屋をパーテーションで仕切っていましたが、音が漏れてしまうため勉強に集中できないこともあるようでした。天井までしっかりと仕切ることで子どものプライベートな空間を保つ方がよいと思います。
子どもが大きくなり勉強に集中する時間が必要になってくると、カーテンやパーテーションではプライベートな空間を保つことがむずかしい場合もあるようです。ママのなかには収納家具や本棚などを活用して、集中できる環境を作るよう工夫しているという声もありました。

子どもにあわせた間仕切りを考えよう

子どもにあわせて間仕切りしよう
Monkey Business Images/Shutterstock.com

子ども部屋の間仕切りを考えるとき、引き戸やパネルドアを用いて分ける場合や壁面収納や本棚、クローゼットやベッドなどの家具を用いて分ける場合もあるようです。他にも、アコーディオンカーテンやパーテーションを使用しているというママの声もありました。

子ども部屋の間仕切りをするときは、ライフスタイルの変化や導線、費用を考えながら、子どもにあわせた分け方ができるとよいですね。

2020年02月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧