子ども用タンスを用意しよう。選び方と収納のコツ

子ども用タンスを用意しよう。選び方と収納のコツ

タンス選びで意識したこと

洋服やおもちゃなどを片づけるために子ども用のタンスを用意しようと考えるママのなかには、どのようなタンスを選べばよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、子どものタンスを選ぶときに意識したことや実際に選んだ子どものタンス、収納するときのコツについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どものタンスを用意するとき

子どもが成長するにつれて洋服のサイズが大きくなったりおもちゃが増えてきたりしたときに、子ども用のタンスを用意しようと考えるパパやママもいるようです。どのような目線でタンスを選べばよいのかや収納の仕方など気になることもあるかもしれません。

そこで今回は、子ども用のタンスについてお伝えします。

子どものタンスを選ぶときに意識したこと

子どものタンスは、どのようなことを気にして選べばよいのでしょうか。子どものタンスを選ぶときに意識したことを、ママたちに聞いてみました。

子どもが扱いやすそうなものを選ぶ

30代ママ
子どもが無理なく引き出しの開け閉めができるように、子どもの目線にあった低めのタンスを選びました。5歳の娘が自分でおもちゃを片づけてくれるのでとても助かっています。
引き出しの開け閉めのしやすさなど、子どもが扱いやすいつくりになっているかどうかを意識してタンスを選んだママがいるようです。子どもが引き出しを引いたときに抜けてしまわないように、引き出しにロック機能がついたタンスを選んだという声もありました。

収納力を考えて選ぶ

タンス
Anton Starikov/Shutterstock.com
30代ママ
子どもが大きくなってからも使えるように、収納力を意識して洋服を入れるためのタンスを選びました。木製で引き出しが5段あるしっかりとしたつくりのタンスを選んだので、長く使うことができそうです。
子どものタンスを選ぶときは、どれくらいの期間使用したいのかや何を片づけたいのかを考えて、収納力を意識することも大切かもしれません。ママのなかからは、洋服のサイズがまだ小さく数もそれほど多くない幼稚園入園前くらいまではプラスチックの衣装ケースを使用して、幼稚園に入園すると同時に子どもが大きくなってからも使えるような、収納力のあるしっかりとしたタンスを購入したという声も聞かれました。

実際に選んだ子ども用のタンスは?

実際に、ママたちがどのようなタンスを選んだのかを聞いてみました。

中身が見えるスケルトンタイプのタンス

40代ママ
子どもにも中身がすぐにわかるように、引き出しの表面部分がスケルトンになっているタイプのタンスを使っています。中身が見えるので、使いたいおもちゃをすぐに取り出して遊ぶことができて使いやすそうです。
中に入っているものが一目でわかるように、スケルトンタイプのタンスを選んだママがいるようです。スケルトンタイプのタンスの場合、子どもの友だちが遊びに来たときなど、どこに片づければよいのかを確認しなくてもよいため、片づけがしやすそうだったというママの声も聞かれました。

組みあわせを選べるタンス

40代ママ
成長にあわせて同じシリーズで増やしながら、組みあわせて使用することができるタンスを選びました。出産前に組みあわせて使用できる4段のタンスを購入しましたが、来年は子どもが入園するので、制服などをかけられるハンガーラックタイプのタンスを追加で購入する予定です。
自由に組みあわせて使用できるタイプのタンスであれば、子どもの成長に応じて必要なものを増やしていくことができそうです。デザインが統一されているので、部屋がおしゃれな雰囲気になるというママの声もありました。

カラーボックスにカゴを組みあわせる

30代ママ
2段のカラーボックスの棚に籐のカゴを設置して、おもちゃを収納するタンスとして使用しています。カラーボックスやカゴは、タンスとして使用しなくなった後も別の用途に使用できそうです。
子どもの洋服やおもちゃの量がそれほど多くない時期であれば、カラーボックスとカゴを組みあわせてタンスのように使用するのもよいかもしれません。カゴを選ぶときは側面に引き手がついているものを選ぶと、子どもがスムーズに引き出すことができそうです。

タンスに収納するときのポイント

タンスに収納する様子
Africa Studio/Shutterstock.com

タンスにおもちゃや洋服などをしまうときは、どのようなことに気をつければきれいに収納できるのでしょうか。タンスに収納するときのポイントについて、ママたちの声を聞いてみました。

取り出しや片づけのしやすさを意識する

30代ママ
パンツや靴下などの小さめの衣類は、畳んで重ねて収納すると下段のものが取りにくくなるので、仕切り板を使用して立てて収納しています。我が家の場合は、引き出しの中を仕切り板で種類ごとに分けているので、取り出すときもぐちゃぐちゃになりにくいです。
子どもが自分で衣類やおもちゃを取り出そうとしたときに、タンスの中が散らかってしまわないように、取り出しやすさや片づけやすさを意識して収納することも大切かもしれません。仕切り用のグッズには、仕切り板や仕切り用の専用ボックスなどがあり、100均などでも手に入れることができるようです。

また、外出時に使用するコートや帽子などはサッと取り出せるようにタンスの中に収納せず、ハンガーラックを使用しているというママの声もありました。

子どもにわかりやすいようにする

30代ママ
タンスの引き出し部分にシールを貼って、中身がわかるように工夫をして収納しています。どこに何が入っているのかわかることが嬉しいようで、毎朝自分で洋服を用意するようになりました。
どこに何が収納してあるのかを、子どもが見たときにわかりやすくする工夫をしているというママの声もありました。子どもが自主的に片づけや手伝い、洋服の準備などができるように、子どもの目線にあわせた見やすさや取り出しやすさを意識して収納できるとよいかもしれません。

子どもの目線や収納力を考えたタンス選びを

子どもとママ
Syda Productions/Shutterstock.com

ママたちが実際に選んだタンスは、中身がわかりやすいタイプや組みあわせを選べるタイプなど家庭によってさまざまのようです。タンスに洋服やおもちゃを収納するときは、仕切りを使用したり引き出しにシールを貼ったりして、子どもが片付けや取り出しがしやすくなるような工夫をしているというママの声もありました。

どれくらいの期間使用する予定なのかや十分な収納力があるかどうかなどを意識して、子どもが使いやすいタンスを選べるとよいですね。

2020年02月01日

専門家のコメント
13
    いちご先生 保育士
    子どもが開けやすいようなタンスを選び、何処に何が入っているかわかりやすいようにラベルを貼っています。そして、サイズアウトで着れなくなってしまった物はクローゼットにしまって、タンスの中を出来るだけ増やさないようにしています。
    ぽんた先生 保育士
    子どもが開け閉めしやすいものを考えました。木のものは重いので、プラスチックの引き出しを、つかってました。でも、プラスチックでも、角が尖っているものは、子どもが扱うには危ないので、注意が必要です。
    すみっこ先生 保育士
    プラスチック製のチェストを購入しました。クローゼットの中にしまうものなのであまりこだわりを持たずに選びました😳
    子どもが一人で出し入れができるように、ラベルを貼りました。
    初めは難しかったですが、年長&小2の今は片付けるのも出すのも自分たちでしています!
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    中身がわかりやすい半透明なものだと、旦那さんはもちろんシッターさんや親戚の方など、他の人もどこに何が収納してあるのか分かりやすくてスムーズです😂
    お子様が自分で服を選んで持ってこれる年齢になったら、写真や絵などを貼って、お子様にも自分で片付けや準備ができるよう環境を整えてあげましょう🍀
    おはぎ先生 保育士
    我が家も見つけやすい半透明のプラスチックの物です。まだ幼くて、しまうことは難しくても出すことは出来るので身支度一歩として朝何を着るか自分で探して出してもらっています。縦にしまわず、横に並べて今シーズンの服は全部開けなくても手前の物だけで済むようにしています
    さと先生 保育士
    赤ちゃんの頃はプラスチックのカラーボックスを使っていましたが、服が増えてきたのて1才半のときに子ども専用のタンスを購入しました。
    大きくなってもずっと使えるように、木製のシンプルな物を選びました。
    値段はそこそこしましたが、買い換えるのは面倒なのできちんとしたものを選びました。
    いちぽ先生 保育士
    子ども用たんすはまだ用意していませんが、子どもが自分で出し入れすることも想定して購入したいと思います。
    細かく分かれてたほうが、服が倒れなくていいと思うので子どもの服のサイズな合わせて区切るようにしようと思います。
    めめ先生 保育士
    我が家は将来子ども部屋になる部屋のクローゼットに子ども服をしまっていますが幼稚園に入園してからは自分で準備ができるようにプラスチックの引き出しと服やランドセルなどが掛けられるものを買いました。
    まい先生 保育士
    子どもにも服を出すという練習をさせる為にも角がとがってないもの、開きやすいもの、せの高くないものがいいと思います。
    せおみ先生 保育士
    我が家は無印良品のプラスチックケースがお気に入りです。クローゼットの中に入れていますが無駄なスペースできないのと、服が増えても一段づつ買い足せていけるのが一番気に入っています。子どもも自分で開け閉めできるので準備がしやすそうです。
    ぺち先生 保育士
    子どもようのタンスは用意していないですが、ニトリで用意している人をよくインスタグラムで見つけます。シンプルなものが多くお値段もお手頃なので、良いかなと思います。
    まるまる先生 保育士
    引き出し使っていましたが、処分しました。
    今は下着と靴下、帽子やマフラーなどの小物を子どもごとにある一つのカゴに入れ後は全て色分けされたハンガーで吊るしています。
    引き出しに仕舞い込むと何が何枚あるのか把握できなくなるので、大人も子どももハンガー利用です。
    洋服は干したままハンガーラックへ。靴下、下着のみ畳んでカゴに入れるだけなので洗濯のストレスからかなり解放されました。

    上の子たちの小学校も下の子の園も制服があるので、私服が少ないのもあり助かります。
    あー先生 保育士
    我が家は取っての色が違うプラスチック製のタンスを子どもに用意して使ってます。子どもが小さな頃から一緒に服を片付ける練習をしているので、自分で片付けるようになりました。自分で片付けるので多少バラバラになりますが、時々一緒に片付けたりして自分で出来る環境をつくれるように工夫しています。

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧