おもちゃの収納方法。カラーボックスの活用やDIYアイディア

おもちゃの収納方法。カラーボックスの活用やDIYアイディア

家具の活用、袋の利用方法も紹介

いつの間にか増えている子どものおもちゃの収納に頭を悩ませるママやパパもいるのではないしょうか。子どもの使いやすい収納方法はどのようなものなのか、ボックスやラックを使った収納方法や、簡単にできるDIYのアイディアなど体験談を交えてご紹介します。

子どものおもちゃの収納方法で困っていること

子どものおもちゃの収納方法で困っていることについて、先輩ママたちに聞いてみました。

30代ママ
おもちゃが増えすぎて収納からあふれて困ってます。1歳半~2歳向けの使いやすい収納方法があれば知りたいです。
20代ママ
おもちゃは毎日部屋中に散らかして使うので、これといった収納方法はなく1つのボックスにまとめているだけで、これでいいのかな?といつも困っています。子どもが遊びやすく、きれいな収納方法が知りたいです。
30代ママ
子どもが自分から片づけやすい収納方法があれば知りたいです。
30代ママ
子どもも簡単に収納できるよう大きなおもちゃボックスを用意し放り投げるだけで収納できるようにしたのに、子どもが片づけてくれません。また、長女のおもちゃだけでほぼおもちゃ棚が埋まってます。0歳児の弟のおもちゃが増えてきたときにどうしたらよいのだろうと今から考えています。
30代ママ
子どもの年齢にあわせた収納方法をを知りたいです。

おもちゃの収納方法について知りたいママは多いようです。

子どもが自らすすんで片づけやすい収納方法や、子どもの年齢に合った収納方法について知りたいママもいました。兄妹児のおもちゃが今後増えるため、収納方法に頭を悩ませるママもいるようです。

おもちゃの収納方法

カラーボックス
© poko42 - Fotolia

どのようなものを使っておもちゃを収納したらよいのでしょうか。

カラーボックス

30代ママ
おもちゃ用の収納ラックや、5つに仕切られたカラーボックスを使っています。カラーボックスは横置きにして5つの棚のうち2つにカラーボックス用の箱を入れて、それ以外は100円均一ショップのかごなどを入れてます。
30代ママ
種類別にカラーボックスに入れて収納しています。

収納の定番ともいえるカラーボックスは、おもちゃの収納でも人気があるようです。カラーボックス自体を押し入れや、ウォークインクローゼットに入れ、遊んだあとは扉を閉めてスッキリ見せるというアイディアもあるようです。

ファブリックボックス

30代ママ
子どもが大きくなってきたときに別の用途でつかえるよう、シンプルな木の棚を使っています。そこに布製のファブリックボックスを置いて使っています。ファブリックボックスなら汚れても洗濯機で洗えるし、おもちゃ棚の大きさに合わせて選べるのでいいなと思っています

意外と便利なのがファブリックボックスや袋の収納のようです。ファブリックボックスや袋はたたむこともできるため、ボックスの収納のように場所を取らないところがよいですよね。また、汚れても洗える点がよいと思っているママもいるようです。

トイラック

30代ママ
以前は大きいボックスに何でも収納していました。おもちゃが増えたことに加え、子どもが3歳になり身長も伸びてきたため今はトイラックを使ってカテゴリー別に収納しています。ボックスが斜めになっているため、上の段でも中身がすぐにわかります。

トイラックを使っているママもいるようです。箱の中身が一目でわかるため、子どもにとっても収納しやすいかもしれませんね。

おもちゃの収納DIYアイディア

おもちゃの収納をDIYで作成することはできるのでしょうか。簡単に試せるDIYアイディアをママたちに聞いてみました。

ウォールポケット

壁掛け収納
maria_loginova/Shutterstock.com
30代ママ
使わない窓のカーテンレールにウォールポケットやフックをつけて、細かいおもちゃをポケットに入れたり、フックにひも付きのおもちゃを掛けたりしてます。」(30代ママ)

床に置く収納ではなく、壁を使った収納は限られた空間を上手に利用できますよね。つっぱり棒を取り付け、ウォールポケットなどを取り付けるのもよいかもしれません。

家具・雑貨のリメイク

30代ママ
元々洗面所で使うためのベンチとして売られてい家具を、おもちゃの収納としても使えるようにしたかったので、いろいろな用途として使える商品を選びました。
30代ママ
もらいものの風呂敷でぬいぐるみを包んで収納しています。ポールに吊ってハンモックのようにして収納することもあります。

収納として売られていたものではなくても、アイディア次第ではおもちゃの収納に生まれ変わるかもしれません。

すのこ・板

20代ママ
インターネットでハンドメイドのアイテムを注文することができるので、ベビー用品でハンドメイドのものが欲しいときによく利用しています。最近では壁にがびょうで取り付けられる白い板のようなものを注文し、絵本の収納に使っています。

すのこはや板はDIYのアイディアが豊富なため、取り入れやすいアイテムといえるでしょう。

さまざまなものが、DIYによりおもちゃの収納アイテムとして生まれ変わるようです。
簡単にDIYできそうなものであれば、子どもといっしょに作成してもよいでしょう。

おもちゃの収納のアイディア

子どもが片づけやすい収納にするためのアイディアをご紹介します。

写真のラベルを貼る

3歳児のママ
ボックスに太めのクリアテープで写真を貼っています。写真を撮って貼るまでは少し大変ですが、おままごとの道具など細かいおもちゃも写真を見てきれいに収納できています。

ボックスに写真を貼れば、字の読めない子どもでもどこに何を片づければよいのか一目でわかるアイディアですね。

細かいものは袋に入れる

3歳児のママ
小さなブロックを色別にチャック付きビニール袋に入れています。ごちゃごちゃしないうえに、組み立てるときにパーツを探す時間も減ったのでお気に入りの収納方法です。

チャック付きのビニール袋は、細かいものを入れるのに適しているでしょう。

子どもと相談して片づけの場所を決める

小学生のママ
子どもとどのように片づけるか相談して決めました。大人が決めていたときよりも、すすんでお片付けできるようになりました。

おもちゃを出し入れする本人である子どもと相談すると、よいアイディアが出てくるかもしれません。

子どもが使いやすい収納を

おもちゃを片付ける赤ちゃん
iStock.com/mediaphotos

子どものおもちゃの収納方法には家具の活用や、DIYでの作成などさまざまな方法があるようです。

「どのようにおもちゃを片づけると遊びやすいかな?」と子どもに聞いてみてもよいかもしれません。

子どもが進んで片づけたくなるように使いやすい収納を工夫したいですね。

2019年08月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧