妊娠中の掃除はどうしている?大変なときの工夫や気をつけたいこと

妊娠中の掃除はどうしている?大変なときの工夫や気をつけたいこと

気になるところを無理せず掃除するには?

妊娠中に家の掃除をすることが大変だと感じているママもいるかもしれません。今回の記事では、妊娠中に掃除をするときのポイントや、掃除が難しいときの工夫の他、妊娠中の掃除で気をつけたいことについて体験談を交えて紹介します。

妊娠中はどのように掃除をしている?

妊娠中、少しずつお腹が大きくなるにつれて、今までのように掃除をすることが難しくなってきたと感じているママもいるのではないでしょうか。

トイレやお風呂の掃除はどうしても低い姿勢になったり、掃除中にソファーなどの重い家具を動かしたりと、掃除のしにくさを感じているママがいるようです。お腹がつかえたり、力を入れるのが難しかったりと、妊娠中の掃除は大変だと感じるという声もありました。

妊娠中のママたちが掃除をするときに、大変だと感じることや工夫していることはどのようなことなのでしょう。

妊娠中に掃除するときのポイント

妊娠中の掃除が大変だと感じたママたちは、どのようなことをポイントに掃除をしているのでしょうか。ママたちに掃除をするときのポイントを聞いてみました。

毎日少しずつ

20代ママ
赤ちゃんが生まれる前に焦って全部をきれいにしようと思いましたが、1日でさまざまな掃除をするのは難しいと感じました。それ以来は、お風呂からあがる前に全体に水を流したり、食器を洗ったらシンクも軽くこすったりと、毎日の家事や生活のなかで何かをするついでにやることにしました。
毎日少しずつ掃除をすることで、一度にまとめて掃除する機会を減らしたようです。毎日の生活に少しプラスすることを意識してみると、掃除が楽になるかもしれませんね。

柄の長いものに

30代ママ
お風呂掃除はいつもスポンジでやっていましたが、かがむのがつらかったので、長い柄のついたスポンジに替えました。トイレのブラシも柄が長めのものに替えると、あまり体勢を変えずに掃除ができるようになりました。
あまり体勢を変えずに掃除ができるよう、ブラシなどは柄の長いタイプを選んだママもいるようです。ママのなかからは、玄関掃除用に使っていたほうきに木の棒を自分でつけて、ほうきの柄を長くしたという声も聞かれました。

便利グッズを活用

スプレー式洗剤
Olga Miltsova/Shutterstock.com
30代ママ
お風呂掃除は本当に大変だったので、スプレー式の洗剤を活用していました。スプレーをかけて少し時間を置いたら流すだけのものを使い、こすらずに掃除ができたので重宝しました。
スプレー式洗剤など、掃除用の便利なグッズを使っているママもいました。他にも、ハンディタイプのモップを使ってリビング中を掃除しているという声がありました。

妊娠中に掃除が難しいときの工夫

お腹が大きくなると掃除自体が難しいと感じることがあるかもしれません。ママたちは、掃除ができないと感じたとき、どのような工夫をしているのでしょう。

家族と協力をして行う

30代ママ
掃除をしていると息切れしてしまったり、お腹に負担がかかってしまったりして、思うように進められずにイライラしてしまうことがありました。夫と話しあい、妊娠中の掃除全般は夫にお願いしました。
40代ママ
妊娠中は上の子に掃除を手伝ってもらい、子どもでもできるようにフローリングモップを使っていました。娘も母や姉になった気分になって楽しいのか「ママ、今日は私がやるね!」と率先して掃除をしてくれました。
ママの妊娠中はパパや上の子など家族に協力をして掃除をした家庭があるようです。普段はママが掃除をして、換気扇やシーリングファンなどの高い場所はパパが掃除をしているという声もありました。上の子が掃除をしやすいよう、軽くて力をかけずに掃除できるスティックタイプの掃除機を用意したママもいるようです。

便利な家電を使う

30代ママ
妊娠中に掃除機をかけると、かがんだり重いものを動かしたりすることが大変だと感じたので、ロボット型掃除機を購入しました。掃除をしたいけれど思うようにできないモヤモヤから解放されました。
思うように掃除ができないとき、便利な家電を使うことで葛藤から解放されたママもいるようです。ロボット型掃除機は、産後や仕事復帰後も活用できて重宝したという声もありました。

家事代行サービスの力を借りる

30代ママ
なるべく自宅で安静にしてるようにと病院で言われていたので、月に2度くらい家事代行サービスに頼っていました。出産1カ月前にさらに家中の掃除をお願いしたので、赤ちゃんを迎える前にすっきりできました。
思うように動けなかったり、病院から安静を告げられたりしているママもいるかもしれません。家事代行サービスを利用して、洗濯機など自分ではできないけれど気になっていたところの掃除ができたという声もありました。

妊娠中の掃除で気をつけたいこと

妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中に掃除をするとき、どうしても気になるところや、今日はここを念入りに掃除したいと感じるところがあるかもしれません。無理せずに掃除ができるよう、ママたちはどのようなことに気をつけていたのでしょう。

体調をみながら行う

20代ママ
私は、自分の体調と相談しながら掃除をしていました。掃除の最中にちょっと休みたいなと思ったときは休み、お腹が張ってきたなと思ったら途中で切り上げていました。
その日中に必ず掃除するなどのノルマを決めずに、体調をみながら行うと無理せず掃除ができそうですね。掃除が途中になってしまうことがあっても体調を優先するなど、ときには割り切って考えを柔軟にすることで、無理せずに掃除が進めらるかもしれません。

病院に相談する

30代ママ
妊娠中に運動を兼ねて雑巾がけをするとよいと聞いたことがありました。無理にやって何かあっては困るので、念のため雑巾がけを行なってもよいのか病院に相談することにしました。
さまざまな情報を聞き、気になったりやってみたいと感じたりすることがあるかもしれません。ママや赤ちゃんの状態が一番わかる病院に、どの程度の掃除までならしてよいのか相談してみると安心できそうですね。

妊娠中の掃除は無理をせずに

妊婦
elwynn/Shutterstock.com
妊娠中に掃除をするとき、中腰の体勢で体に負担がかかったり、重い家具を移動することが難しかったりと、大変だと感じることはさまざまあるようでした。毎日少しずつ掃除したり、掃除グッズを柄の長いものに替えたりと、工夫しているママもいるようです。

ママだけの力で掃除が難しいときには家族の協力を得たり、便利家電や代行サービスの力を借りたりして、掃除をするという声もありました。ママや赤ちゃんの体調をみながら、無理せずに家の掃除が進められるとよいですね。

2019年12月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家事の関連記事

カテゴリ一覧