1歳の子どもは焼肉を食べられる?焼肉を食べるときに気をつけること

1歳の子どもは焼肉を食べられる?焼肉を食べるときに気をつけること

ママたちが子連れで焼肉店に行くときに気をつけることなど

1歳の子どもと焼肉店で食事ができるか気になるママもいるかもしれません。ほかのママたちは、いつから子どもに焼肉を食べさせたのか知りたい場合もあるでしょう。今回は、ママたちは子どもに焼肉をいつから食べさせたか、焼肉を食べるときや焼肉店で気をつけたことについてご紹介します。

焼肉を食べたのはいつから?

焼肉
vichie81/Shutterstock.com
子どもが1歳になり、食べられるものが増えてくると、焼肉を食べてもよいのか気になるママもいるかもしれません。焼肉店に行く場合は、火や熱い鉄板が危ないのではないかと不安に感じることもあるでしょう。

ママたちに、子どもがいつ頃から焼肉を食べたのかや、焼肉店へいったのは何歳のときかを聞きました。
30代ママ
1歳半以降に自宅で焼肉を食べさせました。子どもが食べやすいように、薄くてやわらかい肉を選びました。
30代ママ
焼肉屋さんには1歳半くらいに行きました。焼肉屋さんに行く前から、家でも小さく切って食べさせていたので、お店でもよく食べてくれました。
20代ママ
焼肉は1歳のときに自宅で食べましたが、焼肉屋さんに行ったのは、2歳半をすぎてからです。網を触ったり、焼く時間が待てないと困ると思い、1歳の頃は行きませんでした。
子どもが1歳半をすぎて幼児食に切り替わってから、焼肉を食べる子どもが多いようです。焼肉店には、1歳半から2歳頃に連れていったママが複数いました。

ママたちが子どもに焼肉を食べさせた時期や、焼肉店で気をつけていることを参考にできるとよいかもしれません。

1歳の子どもが焼肉を食べるときに気をつけたこと

1歳の子どもが焼肉を食べるときに気をつけたことをご紹介します。

焼肉のたれの量を少なくする

30代ママ
焼肉のたれの量が多いと塩分の取りすぎになると思ったので、量に気をつけました。
焼肉を食べるときは、たれを少量だけつけるように意識するママがいました。自宅で焼肉を楽しむときは、薄味の焼肉のたれを手作りしてもよいかもしれません。

肉を小さく切る

ハサミ
Anton Starikov/Shutterstock.com
30代ママ
肉を切る専用のハサミで、小さく切ってから食べさせていました。離乳食完了期が終わってからも役立ちました。
肉を切るハサミは、コンパクトで携帯用のケースがついているものもあるため、焼肉店で食事をするときにも便利かもしれません。専用のハサミを使わないときは、フォークやお箸でこまかく切ってからあげたというママの声もありました。

子ども用のお皿やスプーンを用意する

30代ママ
子ども用に、小分け皿やスプーンを用意しました。金属のスプーンは熱そうなので、プラスチックのものにしました。
お店に行ったときは、子ども用の食器を貸してもらってもよいでしょう。焼きたての肉でやけどをしないように、大人用の皿で冷ましてから、子ども用の食器に取り分けてあげたという声も聞かれました。

子どもが食べやすい肉を選ぶ

20代ママ
自宅で焼肉をするときは、子どもが食べやすいように薄い肉を選ぶようにしています。
薄い肉のほかに、やわらかく、脂肪分の少ない部位の肉を選ぶというママもいました。子どもがおいしく食べられる肉を選ぶとよいですね。

1歳の子どもと焼肉屋に行くときに気をつけたこと

1歳の子どもと焼肉屋に行くときに気をつけていることを、ママたちに聞きました。

鉄板に触れないように注意する

焼肉
vichie81/Shutterstock.com
30代ママ
子どもが熱い鉄板に触ってしまわないよう、座敷ではなく、ベビーチェアのある焼肉店に行きます。座敷の場合は、目を離さないよう夫と協力しています。
ほかにも、お店選びの際は、子連れで行きやすいかや、子ども向けメニューが充実しているかを確認しているという声もありました。

焼き加減を調整する

30代ママ
焼肉屋だと、家で食べる肉よりも厚みのある肉が多い気がします。焼きすぎると肉が固くなって食べにくくなってしまうので、焼き加減に気をつけています。
子どもがやわらかい肉を食べられるように、焼き加減に気をつけているママがいました。肉の中までしっかりと火を通しつつも、焼きすぎないように意識すると、子どもが食べやすいかもしれません。

サイドメニューを注文する

30代ママ
小さく切った肉をご飯の上にのせて、焼肉丼にしました。肉だけよりも、お米といっしょのほうがたくさん食べてくれました。
肉だけだと、子どもが食べ飽きてしまうこともあるでしょう。焼肉屋は、ライスのほかにも、かぼちゃやにんじんなどの野菜や、スープ、からあげなどのサイドメニューが充実している場合が多いので、子どもが食べられるものを注文できるとよいですね。

1歳の子どもが焼肉をおいしく食べられるように工夫しよう

焼肉
vichie81/Shutterstock.com
子どもが1歳になってから焼肉デビューをしたというママが複数いました。子連れで焼肉屋に行くのは、1歳半をすぎてからが多いようです。

ママたちは、肉を小さく切ったり、薄くやわらかい部位の肉を選んだりして、子どもが食べやすいように工夫しているようです。焼肉屋に行くときは、食べるものが肉だけに偏らないようにサイドメニューを注文するという声もありました。

焼肉のたれの濃さや量、焼き加減に気をつけて、1歳の子どもが焼肉をおいしく食べられるとよいですね。

2020年02月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グルメの関連記事

カテゴリ一覧