マタニティ用の肌着は用意した?長袖や半袖など選ぶときのポイント

マタニティ用の肌着は用意した?長袖や半袖など選ぶときのポイント

マタニティ用を購入しない場合の工夫

マタニティのときに着る半袖や長袖の肌着を、自分で用意したりプレゼントされたりするママもいるかもしれません。今回はマタニティ用の肌着を冬などの季節や前開きなどの形、綿100%などの素材を意識して購入したかどうかや、大きいサイズの肌着で代用したなど用意しない場合の工夫について体験談を交えてご紹介します。

マタニティのときに着る肌着

マタニティのとき、ブラジャーやショーツだけはなく肌着について気になる方もいるのではないでしょうか。悩んだことや困ったことについて話を聞きました。

30代ママ
妊娠がわかったときショーツやブラジャーはすぐに購入したのですが、肌着も買ったほうがよいか迷っています。マタニティ用を買うべきか、今着ているものでも大丈夫なのか気になります。
20代ママ
マタニティ用の肌着を検討しています。これから先、サイズがどのように変化するか想像もつかないので、どのように選んだらよいのかわかりません。
マタニティ用の肌着を購入するかどうかや、購入する場合の選び方などが気になる方がいるようです。また、マタニティ用を購入しない場合の工夫についても知りたいというママの声もありました。

マタニティ用の肌着は購入した?

マタニティ用の肌着を購入するかどうか悩んでいる方もいるかもしれません。実際に購入したママと購入しなかったママに話を聞きました。

購入した

ぬいぐるみを持つ妊婦
iStock.com/baona
40代ママ
産後の授乳期くらいまで着られるものがほしかったのでマタニティ用の肌着を選びました。半袖でバスト部分が授乳用に広く開けられるものを購入しました。
30代ママ
マタニティ用には肌着を購入しないつもりでしたが、妊娠後期がちょうど冬の時期で、肌着なしでは寒かったのでお腹を締め付けないマタニティ用の肌着を購入しました。
妊娠中や産後の体を意識してマタニティ用の肌着を購入したママがいました。お尻まで届く長めの丈のものや、授乳口がついているタイプのものを選んで快適だったというママの声もありました。

購入しなかった

30代ママ
下着はマタニティ用を購入しましたが、肌着は購入しませんでした。妊婦のときにしか着られない肌着はもったいないと思ったので、よく伸びる素材の普通の肌着を着ていました。
20代ママ
マタニティ用の肌着は気に入ったデザインのものが見つからなかったので、購入しませんでした。もともと持っていた肌着を、そのまま臨月まで使いました。
ブラジャーやショーツは購入したが、肌着は購入しなかったママがいました。マタニティ用の肌着をプレゼントしてもらったので、自分では購入しなかったというママの声もありました。

マタニティ用の肌着を選ぶときのポイント

マタニティ用に肌着を購入するときは、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。実際に購入したママに選ぶときのポイントを聞いてみました。

サイズや形

40代ママ
産後も使えるよう、授乳しやすい形になっているかどうかで選びました。スナップボタンで前開きになっている肌着を選びましたが、授乳しやすくよかったと思います。
40代ママ
妊娠後期でもゆったり着られるようサイズ表を念入りにチェックして選びました。私は妊娠中かなり体重が増えてしまったのですが、問題なくカバーできました。
妊娠中の体形の変化や授乳のしやすさを考えて、サイズや形をポイントにマタニティ用の肌着を選んだママがいました。妊娠期間中にすごす季節を意識して、半袖や長袖など袖の長さで肌着を選んだというママの声もありました。

素材

ベッドに座る妊婦
iStock.com/ASIFE
30代ママ
妊娠後期を真夏に迎えたので、吸水性の高い素材のものを選びました。妊娠中はよく汗をかいたのですが快適にすごせました。
40代ママ
もともと肌が弱いこともあったので、綿100%の肌着を選びました。これなら赤ちゃんの肌に触れても安心だと思っています。
さまざまな理由から素材をポイントにしてマタニティ用の肌着を選んだママがいました。自分の肌にあっているかや着心地のよさで選ぶとよいかもしれません。

デザイン

30代ママ
妊娠中もおしゃれをして楽しくすごしたいと思っていたので、デザインにこだわって選びました。かわいいのを見つけることができて、満足しています。
30代ママ
マタニティ用の肌着を母がプレゼントしてくれるというので、いっしょに選びました。ちょっと気恥ずかしかったのですが、自分好みのかわいいデザインのものにしたので、妊娠中もおしゃれにすごせました。
妊娠中もおしゃれにすごしたいと考えて、デザインを意識してマタニティ用の肌着を選んだママがいました。胸の部分にレースがあるものだと、バスト部分をおしゃれにカバーしてくれるというママの声もありました。

マタニティ用の肌着を用意しない場合の工夫

マタニティ用の肌着を用意することを迷っている方もいるかもしれません。実際にマタニティ用の肌着は用意しなかったというママに話を聞きました。

手持ちの肌着で代用する

30代ママ
マタニティ用の肌着は購入せず、妊娠前から着ていた肌着を着ていました。お腹が大きくなってきつくなってきたらマタニティ用を購入しようと思ったのですが、妊娠後期でも問題なく着ることができました。
手持ちの肌着をマタニティ用の肌着の代用として着ていたママがいました。手持ちの肌着だと、妊娠や授乳で伸びてしまったとしても思い切って捨ててしまえるというママの声もありました。

大きいサイズの肌着を購入する

30代ママ
冬に着ている肌着は、毎年同じメーカーのものを気にいって使っているので、大きいサイズを選んで購入しました。マタニティ用ではないですが、しっかり伸びる素材でできているので不便は感じませんでした。
20代ママ
気に入るデザインのマタニティ用肌着がなかったので、普通の肌着を購入しました。普段よりも大きいサイズのものを選んだのでお腹やバストがきつく感じることもありませんでした。
出産後にも着ることを考えて、普通の肌着の大きいサイズを購入して乗り切ったママがいました。大きいサイズのものを買えば、授乳をするときも無理なく着られるかもしれませんね。

自分にあったマタニティ用の肌着で快適にすごそう

妊婦と女の子
iStock.com/GOLFX
マタニティ用の肌着を用意したママたちは、冬などの季節にあわせて長袖や半袖などの袖の長さを決めたり、授乳のしやすさを考え前開きの肌着を選んだりしたようです。

妊娠中も心地よくすごすため綿100%の肌着や大きいサイズなど、素材や形などを意識して選ぶとよいかもしれません。

妊娠中の自分へのプレゼントとして、快適な肌着を用意してみてはいかがでしょうか。

2020年02月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ