新生児の冬用ブランケット。使用用途や選び方、水通しの仕方

新生児の冬用ブランケット。使用用途や選び方、水通しの仕方

素材やサイズはどう選ぶ?

新生児期の赤ちゃんに、ブランケットを用意したいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、夏や冬など季節にあわせたブランケットの素材やサイズの選び方と、使い初めに水通しは必要かなど、ベビーブランケットで意識しておきたいポイントをご紹介します。

新生児用のブランケットを用意したいと考えるとき

新生児用のブランケットを用意したいと考えるときに、どのようなことが気になるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

20代ママ
赤ちゃんが生まれるので、ベビーブランケットを用意したいと考えています。素材や大きさなど、新生児にはどのようなものを選べばよいのか悩みます。
30代ママ
くなる冬に備えて、ベビーブランケットを用意したいと思います。冬用のベビーブランケットの素材には、どのようなものがあるのでしょうか。うちの子は肌が敏感なので、肌に優しい素材を選びたいです。
新生児のブランケットでは、素材やサイズなど、どのようなことを意識して選ぶとよいのかや、冬用のブランケットは肌に優しいものを選びたいという声がありました。他にも、ブランケットを使う前に、水通しをした方がよいのか考えるというママの声もありました。

今回は、新生児期のベビーブランケットの素材やサイズの選び方、ブランケットを使う上で意識しておきたいことなどをご紹介します。

新生児用ブランケットの選び方

ベビーブランケット
Nataliya Hora/Shutterstock.com

新生児用のブランケットを選ぶときに、どのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

季節にあわせた素材

30代ママ
夏に出産したので、風通しのよい綿素材のガーゼ生地のブランケットを用意しました。夏場の睡眠時以外にも、バスタオルや授乳ケープの代用品として、一年を通して重宝しました。
40代ママ
冬用のブランケットに、ボア生地のブランケットを選びました。ボア生地はアクリルが多いようですが、うちの子は敏感肌だったので、オーガニックコットン100%のボア生地を選びました。真冬も暖かく、優しい肌触りで使い心地がよかったです。
ブランケット選びは、夏や冬など生まれる季節にあわせた素材を選ぶとよいようです。他にも、ベビー用の毛糸でニットのブランケットを手作りで編み、冬用に活躍したというママもいました。

形やサイズ

20代ママ
ブランケットの形は正方形と長方形があり、サイズも70cm~120cmまでと幅広く、何を基準に選べばよいかわからずお店の人に相談しました。うちの子は大きめの赤ちゃんだったので、長方形は少し小さいかもしれないとのことで、正方形の大判のものを選びました。
ブランケットの形やサイズも、選ぶときのポイントになりそうですね。外出時に足元や体の上に掛けるのに使いたかったので長方形タイプを選んだというママや、おくるみとしても使いたかったので正方形タイプを選んだという声もありました。

デザイン

30代ママ
赤ちゃんが口にしてしまうなど万が一のことを考え、リボンやフリンジ、ボタンなど飾りがついていないものを選びました。装飾はなくても、パステルカラーのプリントが施されていて、十分かわいらしかったですよ。
赤ちゃんが口に入れることのないように、飾りのないシンプルなデザインを選んだというママの声がありました。フリンジのついたデザインで、赤ちゃんが思わぬケガをした話を聞き、飾りのないものを選んだという声もありました。

新生児用ブランケットの用途

新生児用のブランケットには、どのような用途があるのでしょうか。

新生児の体温調節

40代ママ
新生児は体温調節がまだ未熟だと聞いたので、冬場や冷房の効いた室内では、授乳時に赤ちゃんが冷えないように、ブランケットでくるむようにしていました。
一日の大半を布団のなかですごす新生児期は、授乳時にもブランケットでくるんであげることで、温度調節をしていたというママの声がありました。外出のときにもブランケットで赤ちゃんをくるみ、外気や紫外線から守っていたという声もありました。

睡眠をサポート

40代ママ
新生児期、寝つきが悪く困っていたのですが、ブランケットにくるんだら、すぐに寝てくれました。赤ちゃんはくるまれることで、お腹の中にいるような安心感があるのかなと思いました。
なかなか寝ついてくれない赤ちゃんも、ブランケットでくるむことで、安心感からか寝つきがよくなったというママの声がありました。他にも、新生児期から愛用していたブランケットは、子どもが成長してからもお気に入りのアイテムとなり、ずっと大切に使っていたという声がありました。

新生児用ブランケットで意識したいこと

ベビーブランケット
Africa Studio/Shutterstock.com

新生児にブランケットを使うとき、どのようなことを意識しておくとよいのか、ママたちに聞いてみました。

水通し

30代ママ
赤ちゃんの肌は大人よりも敏感だと思い、コットン100%のベビーブランケットを用意しました。コットン100%のものは、化学薬品を使っている場合もあると聞き、使い初めには水通しをしてから使うようにしました。
ブランケットを用意したら、利用する前に水通しをするとよいようです。水通しをすることで、汗や水分の吸収がよく肌にもなじみ、使い心地がよかったという声もありました。

赤ちゃんの様子を見る

20代ママ
ブランケットで赤ちゃんをくるんでいたら、とてもよく寝ていたので安心していたのですが、赤ちゃんが汗をかいていることに気がつきました。それからは、ブランケットでくるんでいるときも、暑すぎないか赤ちゃんの様子を気にしてみるようにしました。
新生児期の赤ちゃんは、ブランケットでくるまれると、体温が上がりすぎてしまうことがあるようです。おくるみとして使っているときも、赤ちゃんの様子はこまめに気にしてあげるとよいかもしれません。

新生児が心地よく使えるブランケット選びを

ブランケットにくるまれた赤ちゃん
S.Borisov/Shutterstock.com

ベビーブランケットは、睡眠のときだけでなく、おくるみや外出時の授乳ケープ、夏の日よけ、寒い冬の防寒対策など、さまざまなシーンで重宝しているという声がありました。新生児の赤ちゃんにブランケットを用意する際には、用途や季節に応じた素材や形、サイズ選びをすることが大切なようです。

使い初めには水通しをして、新生児の赤ちゃんが心地よく使えるとよいですね。

2020年01月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧