子育て中に使いやすいバッグの選び方。リュックやトートバッグなど

子育て中に使いやすいバッグの選び方。リュックやトートバッグなど

パパもママも使えるデザインとは

子育て中にバッグを選ぶとき、リュックやトート、ショルダーなど、どのようなバッグが使いやすいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、子育て中のママが使いやすいと感じたバッグの特徴や種類、パパも使えるメンズと兼用のものなどバッグ選びのポイントを体験談を交えてご紹介します。

子育て中に使いやすいバッグの特徴

子育て中は、子どもの着替えやオムツなど荷物の量や出し入れする回数が多いこともあるのではないでしょうか。子どもと外出するとき、どのようなバッグが使いやすいと感じたのかママたちに聞いてみました。

荷物がたくさん入る

「子どもとのお出かけでは、オムツや哺乳瓶、着替えなどお世話グッズが多くなるので、荷物がたくさん入るバッグにしました。外出先によって、普段より余分にオムツや着替えを持っていくこともあるので、大きめのバッグが使いやすいと感じました」(20代ママ)

子どものお世話グッズが多い場合、たくさんの荷物が入る大容量のバッグを用意したママもいるようです。気温にあわせて上着や帽子をバッグに入れることもあるので、容量にゆとりのある大きめのバッグが使いやすかったというママの声もありました。

中身がすぐ取り出せる

「バッグの外にポケットがついていると、中身をサッと取り出すことができます。子どもの様子にあわせてティッシュや水筒など必要なものが取り出しやすいバッグは子育て中も使いやすいと思いました」(30代ママ)

外ポケットがついているなど、中身がすぐ取り出せるバッグが使いやすいと感じていたママもいるようです。バッグの内側に小分けに収納できるポケットがついていると、ウェットティッシュやゴミ袋、子どものおやつなどを取り出すときも便利だったというママの声もありました。

バッグ本体が軽い

かばんを持つ女性
iStock.com/baramee2554

子どもの着替えや飲み物など、荷物だけでも重いと感じました。ナイロン製で金具の少ないタイプは、バッグ本体が軽いので使いやすかったです」(40代ママ)

軽量のバッグを選ぶと、たくさんの荷物を入れても重く感じにくく使いやすかったというママもいるようです。生地の素材や厚みなどによってもバッグの重さは変わってくるようなので、購入するときにバッグの重量を確認するのもよいかもしれませんね。

子育て中のママが選んだバッグの種類

子育て中のママたちはどのようなタイプのバッグを選んでいるのでしょうか。実際に、ママたちが選んだバッグの種類をご紹介します。

リュック

「口金タイプのリュックを選びました。開け口が大きく開き、中身が見渡せるので、どこに何があるかわかりやすいと思いました」(30代ママ)

「長時間リュックを背負っていると、暑い時期は背中が蒸れてしまうかもしれないと考えました。背中がメッシュ生地になっているリュックは、蒸れにくくて使いやすいです」(40代ママ)

開け口が大きく開いたり、背面がメッシュ生地になっていたりするリュックもあるようです。背面にファスナーがついていると、リュックを降ろさなくてもお財布が取り出しやすかったというママの声もありました。

トートバッグ

「肩紐が長めのトートバッグを選びました。トートバッグは肩に掛けられるので、荷物を持ったままでも子どもの抱っこがしやすいです」(30代ママ)

「ファスナーつきのタイプを選ぶと、子どものおもちゃや食べかけのおやつを入れたバッグの中身が外側から見えにくいので使いやすいです」(40代ママ)

肩掛けができたりファスナーがついていたりするトートバッグを使っているママもいるようです。取り出し口が大きく開くトートバッグは、バッグの中身を見渡しやすいので、子どもの様子を見ながら短い時間で荷物を取り出したいママにも使いやすいかもしれませんね。

ショルダーバッグ

置いてあるショルダーバッグ
iStock.com/charliemarcos

「ショルダーバッグは、バッグを掛けたまま荷物を取り出しやすいと思いました。両手が空くので、子どものお世話もしやすいと感じました」(20代ママ)

バッグをおろさず、肩に掛けた状態で荷物の出し入れがしやすいショルダーバッグを選んでいるママもいるようです。持ち手がついていて、肩紐を外すとトートバッグとしても使えるタイプのショルダーバッグもあるようなので、歩く時間が長いときはショルダータイプにしたり車移動のときはトートタイプにしたりして使いわけたというママの声もありました。

子育て中に使うバッグ選びのポイント

子育て中のママたちは、どのようなポイントを意識してバッグを選んでいるのでしょうか。ママたちに、バッグを選ぶときのポイントを聞いてみました。

肩への負担が少ない

「ショルダーバッグを選ぶとき、肩への負担が少ないバッグを使いたいと思いました。クッション性のある幅が太めの肩紐のショルダーバッグを選ぶと、荷物の量が多くなっても肩が疲れにくかったです」(40代ママ)

「2本の肩紐で荷物の重さを分散しやすいリュックを選びました。体にフィットするように肩紐を調整すると、肩への負担が少なくなったように感じます」(30代ママ)

たくさんの荷物をバッグに入れて持ち運ぶ場合、肩への負担が少ないバッグを選ぶママもいるようです。ショルダーバッグを使う場合、時間を決めて左右交互に肩紐をかけることで片側の肩の負担も少なくできたように感じたというママの声もありました。

子どもの時期にあわせる

「抱っこ紐を使う時期はトートバッグを選びました。体からバッグを降ろしやすく、バッグの中身を取り出しやすいと感じました」(20代ママ)

「子どもが歩くようになった頃、リュックに買い替えました。両手が空くので、子どもと手を繋いで歩きやすいと思いました」(30代ママ)

子どもの時期にあわせ、トートバッグやリュックなど使いやすいと感じるバッグを選ぶママもいるようです。子どもがオムツを卒業すると、荷物が少なくなったので小さめのショルダーバッグに買い替えたというママの声もありました。

パパも使えるデザイン

「外出時、夫に荷物を持ってもらうこともあると思ったので、夫も使えるようにメンズと兼用のデザインにしました。デニム生地で黒の縁取りがあるシンプルなバッグは、メンズ専用にも見えるので夫も気に入ってくれました」(40代ママ)

「モノトーンなデザインが好みだったので、子育て用のバッグは私と夫のどちらが持ってもよいようにメンズ用のバッグを選びました。シンプルなグレーのバッグは、どんな洋服にもあわせやすく、夫も気に入っていました」(30代ママ)

パパも使えるメンズと兼用のデザインを選ぶと、外出先でパパに荷物を預けやすくなるかもしれませんね。マザーズバッグの機能がついたメンズ用のデザインもあるようなので、パパと相談して好みのデザインを探したというママの声もありました。

子育て中に使いやすいバッグを選ぼう

幼稚園のお迎えに来たママ
iStock.com/maroke

子育て中のママたちは、ポケットの位置や子どもの成長にあわせてリュックやトート、ショルダーなどのバッグを選んでいるようです。男性も使いやすいメンズと兼用のデザインもあるようなので、パパと相談してバッグを選んだというママの声もありました。荷物の種類や量にあわせて、使いやすいバッグを選べるとよいですね。

2018年11月18日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧