お宮参りに選んだセットアップの種類。パンツタイプなど季節別の選び方

お宮参りに選んだセットアップの種類。パンツタイプなど季節別の選び方

赤ちゃんとお宮参りに行くとき、セットアップを着ていこうと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、お宮参りに着るセットアップの選び方やパンツタイプなどママたちが選んだセットアップの種類、夏や冬の季節にあわせて選んだポイントを体験談を交えてご紹介します。

お宮参りに行くときの服装

お宮参りに行くときの服装は、どのようなものを選べばよいのか悩むママもいるのではないでしょうか。産後間もないママの体への負担などを考えて、着物やスーツとくらべて動きやすさを意識したフォーマルデザインのセットアップを選ぶママもいるかもしれません。お宮参りにセットアップを着ようと考えたとき、どのようなセットアップを選ぶとよいのでしょうか。

お宮参りに着るセットアップの選び方

お宮参りに行くときの服装としてセットアップを選ぶとき、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。セットアップの選び方をママたちに聞いてみました。

授乳がしやすいもの

「産前に着ていたワンピースでは授乳がしにくいのではと思い、コーディネートも簡単なセットアップを用意しました。ふんわりとしたデザインのトップスのセットアップを選ぶと授乳も楽でした」(30代ママ)

「授乳のしやすさを考えて、授乳口つきのセットアップを買いました。お宮参りの時期は、授乳回数も頻繁だったので授乳口がついているとスムーズに授乳できたので便利でした」(20代ママ)

お宮参りには、授乳のしやすいセットアップを選んだというママもいました。授乳口がついていないものでも、トップスのデザインを工夫して選ぶと授乳がしやすいかもしれませんね。

落ち着いた色

紺色セットアップの夫婦
© milatas – Fotolia

「パパは黒のスーツ、私はネイビーのセットアップにしました。赤ちゃんより目立たないように意識して、落ち着いた色のものを選びました」(30代ママ)

お宮参りの主役は赤ちゃんと考え、落ち着いた色のセットアップを選んだママもいるようです。飾りなどが少ないデザインなど、シンプルなセットアップを選んだというママの声もありました。

体型カバーができるもの

「産後1カ月頃では、体型が産前のように戻っていなかったので、スカートのウエストがゴムになっているセットアップを選びました。締めつけがなく、ゆったりと履けたので、お宮参り中も苦しくなかったです」(20代ママ)

「お宮参りの前に産前に着ていたワンピースを着てみると、窮屈に感じました。パンツタイプのセットアップは体型などの気になる部分も、すっきりと見えました」(30代ママ)

産後の体型カバーができるセットアップを選んだというママもいました。ゆったりとしたデザインのトップスやウエストがゴムのセットアップを選ぶと、産後の体にも無理なく着られるかもしれません。

ママたちが選んだセットアップの種類

お宮参りに選んだセットアップには、どのような種類があるのでしょうか。実際に、ママたちが選んだセットアップの種類をご紹介します。

パンツタイプ

「上の子もいっしょにお宮参りに行く予定だったので、動き回ることも考えてパンツタイプのセットアップにしました。動きやすく、しゃがむときなども人目を気にせず済みました」(30代ママ)

「産後の体型が気になったので、パンツのセットアップを用意しました。伸縮性のある素材だったので、ご祈祷で座るときもきつくなかったです」(30代ママ)

パンツタイプのセットアップを選ぶと、動きやすく赤ちゃんのお世話もしやすいかもしれません。テーパードパンツやワイドパンツなど、さまざまな種類のセットアップもあるようなので、好みにあわせて選んでみるのもよさそうですね。

ワンピースタイプ

ワンピースでお宮参りに参加するママ
© noranorakatonamona – Fotolia

「上下同じ色の、ワンピース風のセットアップを用意しました。普通のワンピースとくらべウエストにもゆとりがあるので、着やすかったです」(20代ママ)

「授乳口つきのワンピースと迷いましたが、セットアップの方が授乳口が目立たずおしゃれに見えると思いました。上品なワンピースのように見えて授乳もしやすかったので、セットアップにしてよかったです」(30代ママ)

ワンピースタイプのセットアップを選んだママもいるようです。ウエストが隠れる丈のトップスや、スカートがゴムになっているものは、普通のワンピースよりもゆったりと着ることができるかもしれませんね。

ジャケットつき

「秋にお宮参りに行くとき、ワンピースだけでは涼しいと思い、ジャケットつきのセットアップを用意しました。ジャケットとスカートの柄が揃っているものだったので、統一感がでました」(30代ママ)

「フォーマルな印象になるように、ジャケットつきのセットアップを用意しました。ジャケットがあると、肌寒く感じるときにさっと羽織ることもできてよかったです」(20代ママ)

ジャケットつきのセットアップを選ぶと、スーツのようにフォーマルな印象になるようです。気候や場面によって体温調節もできるので、ジャケットがセットになっているものを選ぶと便利かもしれませんね。

【季節別】セットアップを選ぶときのポイント

お宮参りに行く時期によって、セットアップの選び方も異なるかもしれません。春夏や秋冬など、季節にあわせた選び方のポイントをママたちに聞いてみました。

春や夏

「春先のお宮参りだったので、ジャケットつきのセットアップを用意しました。参道を歩くときや、ご祈祷のときは、肌寒く感じたのでジャケットがあってよかったです」(20代ママ)

「夏の暑い時期にお宮参りを予定していたので、通気性のよさそうな薄手の素材のセットアップを選びました。袖の部分もシースルーになっていたので、涼しく感じました」(30代ママ)

春や夏の気候にあわせて、体温調節がしやすいものを選んだり、素材を意識したりしたママもいるようです。夏のお宮参りでも、肩の隠れるデザインを選ぶよう気をつけたというママもいました。

秋や冬

「12月頃のお宮参りだったので、厚手のツイード素材のジャケットつきセットアップを用意しました。見た目にも季節感がだせたのでよかったです」(30代ママ)

「お宮参りの時期が冬だったので、足が冷えないよう裏起毛のパンツのセットアップにしました。とても暖かく、冷たい風を防ぐことができました」(20代ママ)

寒い時期のお宮参りには、暖かい素材のセットアップを選んだというママもいました。スカートではなくパンツタイプのセットアップを選ぶと、寒さ対策にもなるかもしれませんね。

お宮参りでも着やすいセットアップを選ぼう

お宮参りの親子
© polkadot – Fotolia

お宮参りに行くときの服装として、セットアップを選ぼうと考えるママもいるのではないでしょうか。お宮参りで着るときは、授乳のしやすさや落ち着いたデザインなどを意識して選ぶとよいかもしれません。パンツタイプやジャケットつきなど、夏や冬の季節にあったセットアップを用意してお宮参りに行けるとよいですね。

2018年09月08日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧