お下がりに書かれた名前の消し方。ママたちに聞いたアイデアを紹介

お下がりに書かれた名前の消し方。ママたちに聞いたアイデアを紹介

名前を書き換えるやり方など

お下がりの洋服や靴、上履きに名前が書かれているとき、消し方や書き換えるアイデアが知りたいと考えるママもいるかもしれません。今回は、お下がりの名前の消し方と名前を書き換えるやり方の他に、子ども服や靴に名前を書くときのコツについて体験談を交えてお伝えします。

お下がりの名前を書き直したい

子どもにお下がりをもらったときや上の子が履いた靴などを下の子が使うことになったとき、新しく名前を書き直したいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、お下がりの名前について気になることを聞きました。

30代ママ
姉からお下がりの靴をもらったのですが、かかと部分に油性ペンで甥の名前が書いてありました。布に書かれた名前の消し方がわからないので、よいアイデアがあれば知りたいです。
20代ママ
上の子のお下がりの服を下の子の保育園用に使いたいのですが、タグに大きく名前が書かれているので書き直し方に悩んでいます。タグに書かれた名前の上に新しく書き直すには、どのように工夫するとよいのでしょう。
ママたちは、お下がりの服に書かれた名前の消し方や書き直せるアイデアが知りたいようです。他には、子どもの新しい服や靴に名前を書くときの工夫が気になるという声も聞かれました。

そこで今回は、お下がりの服や靴の名前の消し方や書き直すためのアイデアについて体験談を元にご紹介します。

【体験談】お下がりの名前の消し方

お下がりに書かれた名前の消し方が知りたい方もいるようです。実際に、ママたちはどのような消し方を試しているのでしょう。

布に書いた名前の消し方

上履き
yajima/Shutterstock.com
20代ママ
キャンバス地の上履きや子ども服に直接書かれた油性ペン跡には、除光液を含ませた布でトントンと叩いています。除光液を使った後は上履きにインクが滲んでいたので、石鹸でこすり日光にあてて乾かしました。
布地に油性ペンで書かれた名前に、除光液を使った消し方を試したママがいるようです。除光液を使うときは、上履きなどの生地が傷んだり変色したりしないかどうか、初めに目立たない場所で試してから行うとよいかもしれません。

ゴムに書いた名前の消し方

20代ママ
上履きのゴム部分に書かれた名前を消すために、メラミンスポンジを使っています。メラミンスポンジに食器用洗剤をつけてゴム部分をこすり、水で洗い流しました。
上履きや運動靴のゴム部分に書かれた名前には、メラミンスポンジと食器用洗剤を使った消し方を試すのもよいかもしれません。他にも、靴のゴム部分の名前を消すために、メラミンスポンジに消毒用のアルコールをつけてこすっているというママの声も聞かれました。

お下がりの名前を書き換えるやり方

お下がりの名前がなかなか消えないときは、どのように書き直すとよいのでしょう。実際にママたちが試した、お下がりの名前を書き換えるやり方をご紹介します。

シールを貼る

20代ママ
洋服のタグに上の子の名前が太字で書いてあったので、記名用シ―ルを貼りました。アイロンの接着がいらないタイプのシールは便利なので、何枚かストックしてあります。
お下がりの洋服についた名前を書き直すために、タグにつける記名用のシールを貼ったママがいるようです。ママのなかには、洗濯を繰り返しても剥がれにくくなるよう、アイロンで接着するタイプの記名用シールを貼ったという声もありました。

テープを貼る

テーピングテープ
nito/Shutterstock.com
30代ママ
キャンバス地の上履きに書かれている名前の跡には、主人が使いかけの白いテーピングテープを切って貼りつけています。テーピングテープを貼った上から、息子の名前を書き直しました。
布地で作られた上履きなどの靴に、運動をするときに使うテーピングテープを貼りつけたママもいるようです。他にも、マスキングテープをクリアファイルに貼りつけてから油性ペンで名前を書き、そっと剥がしてタグに巻きつけるように貼ったというママの声も聞かれました。

修正ペンで塗る

20代ママ
上履きなどの白い布地の靴に書かれた名前の上に、液体タイプの修正ペンを塗りました。表面がよく乾いたら、油性ペンで記名し直そうと思います。
液体タイプの修正ペンを塗った上に、新しく名前を書き直すやり方もあるようです。修正ペン以外には、濃い目の色の洋服への記名用に作られた、白色のペンでお下がりの名前を塗り替えるやり方を試したママもいました。

別の場所に名前を書く

30代ママ
洋服のタグに早く名前を書かなければならずに急いでいるときは、別の場所に記名しています。お下がりの名前部分を油性ペンで星やハート型などのかわいい形で塗りつぶして、余っている場所に名前を書き直しました。
シールやテープ、ペンなどのアイテムがないときや急ぎの場合には、別の場所へ記名するのもよいかもしれません。お下がりの名前の上を油性ペンで塗りつぶすときは、子どもの好きな模様やキャラクターの形にするとよさそうですね。

子ども服や靴に名前を書くときのコツ

新しい子ども服や靴に名前を書くときに工夫できることが知りたい方もいるかもしれません。ママたちに、子ども服や靴に名前を書くときのコツを聞きました。

名前を書く場所を考える

30代ママ
上の子の洋服に記名するときは、タグ部分に余白を残した状態で名前を書いています。お下がりとして誰かに譲る場合や下の子が使うときに、名前を書きやすくしておこうと思いました。
お下がりとして誰かに譲る場合のことを考えて、記名する場所を意識しているママがいるようです。ママのなかには、洋服の洗濯タグに印刷された洗い方の注意書きを残しておきたいと考え、タグ以外の場所に記名するようにしているという声もありました。

名前のつけ方を工夫する

30代ママ
1cm程に切ったストローを2個作り、油性ペンで子どもの名前を書いて紐を通します。ストローに紐を通したものを靴のかかと部分のプルストラップに通し、子どもの指が通るくらいの輪を作ったら紐を結びました。

娘は上履きを履くときにかかとを引っ張る紐が長くなったので、履きやすくなったと言ってくれました。
ストローと紐などを使って、靴への記名の仕方を工夫しているママもいるようです。子どもの洋服に記名をしたママからは、スナップボタンがついたループタグに名前を書き、洗濯タグに通して繰り返し使っているという声も聞かれました。

お下がりに名前を書き直そう

笑顔の女の子たち
Andrew Lam/Shutterstock.com

お下がりの洋服や靴に書かれた名前の消し方などについてママたちに聞いてみると、さまざまなアイテムを使って工夫しているようです。上履きのゴム部分に書かれた名前を消すために、メラミンスポンジを使ってみたというママの声もありました。

新しいアイテムに記名するときは名前を書く場所やつけ方を工夫することも意識しながら、子どもの洋服や靴を大切に使っていけるとよいですね。

2020年02月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧