親子で体温を測り合いっこ。てぃ先生に聞く、体温測定の意外な効果

新しい生活様式で当たり前になった体温測定。体温測定は体温を測るところだけに目が行きがちですが、実は他にも意外な効果があるのです。教えてくれたのは、現役保育士のてぃ先生。親子で楽しく体温測定するポイントをお伝えします。

[PR] 株式会社ケイジェイシー

体温測定の役割は、健康管理だけじゃない

体温測定は、子どもの体調を把握するうえでの重要な手がかり。毎日体温を測定・記録し、平熱をきちんと把握しておくことで、体調のちょっとした変化に気づくことができます。

でも、体温測定の役割はそれだけじゃないんです。

ケイジェイシー
てぃ先生
体温測定って体温を測ることだけに目がいきがちなんですが、実はそれ以外にもいいところがあって、それはお子さんとスキンシップが自然にとれちゃう!というところ。

子どもの肌に触れたり、お膝の上に乗ったり、体温測定は親子のコミュニケーションのきっかけになりますよね。実はこれが一番大切なことなんです。

子育てに役立つ「オキシトシン」の効果

スキンシップをとると“オキシトシン”という幸せ愛情ホルモンが分泌され、子どもの日中の活動にも良い影響をもたらすと言われています。

ケイジェイシー
てぃ先生
オキシトシンは親子の愛着形成にも役立ち、思いやりや自己肯定感を育むこともわかっているんですよ。

オキシトシンが分泌されると、気持ちが安定してリラックスした状態を保てるため、集中力や学習効果を高める効果もみられるそうです。

てぃ先生
自我が芽生える時期は、とくに意識してスキンシップをとってほしいですね。

そんな親子のスキンシップにつながるアイテムとして、ぜひご紹介したいのが、Dr.EDISONのさっと測れる2way体温計です。

非接触・耳式の2way方式!
さっと測れる体温計

手のひらサイズの働き物!おでこ&耳式 2way体温計

Dr.EDISONのさっと測れる2way体温計は、おでこスキャン式で3秒・耳式で2秒!2つの方法でより正確に測れるのが特徴。

今や当たり前の光景となった街中の検温機ですが、その多くは温度計と呼ばれるもので、体温は測れないのだそう。

Dr.EDISONの体温計は、国から正式な許可を受けた体温計なので、正しく体温を測ることができます。

ケイジェイシー

スキャン式は、おでこをスライドさせた範囲内で数か所測定し、一番高い温度を表示。寝ている子どもを起こすことなく体温を測れます。

ケイジェイシー

付属のキャップを取り外すと自動で耳式に。おでこが汗で濡れていたり、空調があたってうまく検温ができないときには耳式が便利です。

てぃ先生
耳に体温計を入れると怖がる子もいるので、おでこと耳式2つの方法で測れるのは、ママにとっても子どもにとってもうれしいですよね。
ケイジェイシー

色と音の変化で「体温の高さ」をお知らせしてくれる機能付きで、最大50回分の体温データを保存することもできます。

てぃ先生
風邪をひいたときなど、体温の経過を見る必要があるときに役立ちそうですね。

日々の体温測定は家族への思いやり

コロンと丸い手のひらサイズで、小さな子どもの手でも持ちやすいところもポイント。

大人が子どもの体温を測るだけではなく、子どもが大人の体温を測るにも最適です。

ケイジェイシー
てぃ先生
親子で体温を測り合うことで、家族全員がお互いのわずかな変化に気づくことができますよね。家族に対する思いやりにもつながると思います。

ぜひこの機会に、体調管理とこころの触れ合いが一度にできる体温測定の習慣化をはじめてみてはいかがでしょうか。

親子のコミュニケーションに!
さっと測れる2way体温計

2020年12月11日

アンケート

2way体温計について

Q1. どんなタイプの体温計を使っていますか?
Q2. Dr.EDISONの2way体温計をご存知でしたか?
Q3. Dr.EDISONの2way体温計のどのような点に魅力を感じましたか?
Q4. 記事を読んだ感想や、製品に関するご意見などお聞かせください.
ご回答いただきありがとうございます!

トラブルの関連記事

  • 新型コロナウイルス対策として、入念な手洗いやアルコール消毒が日常となった昨今。例年に比べ、子どもの手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか。加えて、これから本格的な冬を迎えるため、乾燥によってさらに悪化の懸念も。今回は、子どもの手荒れについて、原因や症状、家庭で行うケアについて解説します。

    小西真絢(巣鴨千石皮ふ科)

  • 命に関わる重大な事故につながることもある子どもの誤飲。大人が目を離したすきに事故が起こることも多いため、目が行き届きにくくなる場面では注意が必要です。今回は、乳幼児期の誤飲について、起きてしまう原因、実際に誤飲してしまったときの症状や応急処置、家庭での対策について解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 病院を受診するべきか、救急にかかるべきか、正しい選択が迫られる子どもの急な発熱やケガなどの症状。コロナ禍の今、どのような対応が適切か悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの発熱やそれ以外の容態の変化などの際の救急を受診する目安と注意点、また保護者がとるべき対応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの歯並びに影響が出ないか気になるおしゃぶり。定番の育児グッズですが、いつからいつまで使用してよいのか迷うこともあるでしょう。今回は、おしゃぶりが歯並びに与える影響や効果、使う際の注意点、卒業の仕方について詳しく解説します。

    坂部潤(医療法人社団スマイルベア 小児歯科専門医 キッズデンタル)

  • 新しい生活様式が呼びかけられ、マスク着用が習慣化している現在。幼い頃からマスク生活を強いられる現代の子どもにとってどのような影響があるのでしょうか。口呼吸がもたらす子どもの成長への弊害と口呼吸の危険サインについて分かった中編。後編では、口呼吸から鼻呼吸へ改善する実践法についてみらいクリニック院長の今井一彰先生に解説してもらいます。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 新しい生活様式が呼びかけられ、マスク着用が習慣化している現在。幼い頃からマスク生活を強いられる現代の子どもにとってどのような影響があるのでしょうか。マスク着用から引き起こされる健康トラブル”マスクシンドローム”の危険性と呼吸の重要性が分かった前編。中編では、口呼吸がもたらす弊害についてみらいクリニック院長の今井一彰先生に解説してもらいます。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク着用が当たり前となった現在。このような「新しい生活様式」が子どもに重大な弊害を及ぼすというみらいクリニック院長の今井一彰先生。前編では、マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸についての危険性について聞きました。

    今井一彰(みらいクリニック)

  • 日常的によくみられる子どもの鼻水・鼻づまり。なるべく早く解消してあげたいですよね。今回KIDSNAでは、現役保育士のママに「子どもの鼻水・鼻づまり」に関するアンケートを実施。保育園でのあるあるシーンや、保育士目線での対応方法をご紹介します。

    大正製薬株式会社

    PR

  • 抱っこや授乳、オムツ替えなど、子育て中は無理な姿勢が続くことが多く、肩こりや腰痛に悩むママが多いようです。今回KIDSNAでは、「ママの肩こり・腰痛」に関するアンケートを実施。肩や腰に負担を感じるのはどんなとき?子育て中の肩こり・腰痛あるあるや、おすすめのケアアイテムをご紹介します。

    花王株式会社

    PR

  • 新しい習慣として定着しつつある毎朝の体温測定。体温は、子どもの体調を把握するうえでの大切な手がかりになります。今回は、子どもの体温の特徴や正しい測り方、時間やタイミングについて、小児科医で2児のママでもある工藤先生に聞きました。

    株式会社ケイジェイシー

    PR

  • 「お風呂場に行きたがらない」「髪や顔・体を洗うのを嫌がる」など、子どもとのお風呂は毎日バタバタ。スムーズなお風呂タイムにするにはどうすればよいのでしょうか。今回は「子どものお風呂あるある(=困りごとやお悩み)」について、現役保育士のてぃ先生に解説してもらいました。

    丹平製薬株式会社

    PR

  • 乳幼児期の子どもの口臭。強いにおいを放っている場合に病気ではないかと心配になることも。今回は、乳幼児の口臭の原因をはじめ、病院を受診する際の目安や選び方、自宅でできる予防ケア、放置した場合のリスクについて解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧