「逆転の発想」が歯みがき時間を変える!親子で楽しく歯みがきするヒント

「逆転の発想」が歯みがき時間を変える!親子で楽しく歯みがきするヒント

子どもが歯みがきを嫌がって大変…と悩むママやパパは多いでしょう。できることなら楽しく歯みがきしたいですよね。今回は、子ども向けオーラルブランド「クリニカKid’s」が行ったある“実験”をレポート。大変な歯みがきを楽しいコミュニケーションの時間に変えるヒントをお伝えします。

[PR] ライオン株式会社

”子どもの歯みがき嫌い”の理由。実は...

子どもがムシ歯にならないように、しっかり歯みがきしようとすればするほど、嫌がってうまくみがけない…そんな経験はありませんか?

嫌がる子どもの歯をみがくのは大変。子どものためとはいえ、口をこじあけたり体をおさえつけたりして無理やりみがくのは、ママとしても辛いですよね。できればもっと楽しく歯みがきしたい…そう願うママは多いでしょう。

そこでご紹介したいのが、子ども向けオーラルブランド「クリニカKid’s」が、歯みがきを親子の楽しい時間にするべく行った、ある実験動画。

歯みがき嫌いの子どものママにとって、歯みがきは“戦場”。

クリニカkids

泣き叫ぶ子どもの姿に自分の子どもを重ねたり、「こどもの歯みがき中、ママから笑顔が消えていました。」というシーンに、思わずハッとしたママもいるのではないでしょうか。

「本当はもっと楽しく歯みがきしたい」けれども、「時間との戦いを考えると、最後は怒って終わり」という悪循環…。

泣いて嫌がる子どもを無理やり歯みがきしていた時期は、まさに戦場でした!きっとすごく怖い顔をしていたと思います。
笑顔でいようと思いつつも、バタバタする朝晩の支度でついつい焦ってしまう気持ちにとても共感しました。

KIDSNA読者からも、歯みがきにおける葛藤に共感の声が聞かれました。

そこでクリニカKid’sが行ったのが、「子どもたちにママの歯をみがいてもらう」という実験です。

クリニカ
クリニカ

歯、前歯、上、下…と、いつも自分がしてもらっているようにママの歯をみがく子どもたち。その表情はとってもうれしそう。ママたちも自然と笑顔がこぼれます。

いつもとは逆の立場を体験することで、はじめて「みがいてもらう子どもの気持ち」を知ったママたち。

「やってあげるのではなく、いっしょにやれば、歯みがきはもっと楽しくなる!」そう気づいたママたちの表情はとても晴れやかです。

クリニカ

歯みがきは親子のコミュニケーション。少し意識が変わるだけで、歯みがきは楽しい時間になります。

“いっしょに歯みがき”で前向きな気持ちに!

  
ただやってあげるのではなく、いっしょにやれば楽しく歯みがきできる!というのは新しい発見でした。
   
お互いに歯をみがき合う体験は、相手の気持ちを知るうえですごくいいなと思いました。

クリニカの動画をきっかけに、KIDSNA読者の「歯みがき」に対する意識にも変化があったようです。

また、実際に「子どもに歯みがきしてもらう」ことを試してみたママも。

  
はじめて子どもに歯をみがいてもらいましたが、うれしかったし楽しかったです。歯みがきが、親子のコミュニケーションであることを実感しました。
  
歯みがき時間は、やり方次第で楽しくできることに気づかされました。

なかには、「今では子どもから『早く歯みがきしたい』と言ってくるようになった!」というママもいました。

「いつもと逆の立場を体験してみるのは、歯みがきだけでなく、着替えや食事、お片付けなどシーンでも活かせそう…!」というママの声もあり、この逆転の発想は、さまざまな育児シーンで応用できそうです。

親子の歯みがき時間を笑顔に!クリニカKid's

歯みがきが楽しい時間になれば、きっと子育てだって楽しくなる!

「親子が笑顔になる歯みがき」を応援するクリニカKid'sでは、0歳から使える、お子さまの年齢に合わせた幅広い製品が揃っています。

なかでもおすすめなのが、まがる・おれない 安全ハンドルの「クリニカKid’sハブラシ(0-2才用・3-5才用)」

クリニカ
クリニカ

「まがる・おれない 安全ハンドル」が特長で、歯みがき中の転倒など、万一の時は、側面方向にハンドルが曲がってお口への負担を低減。

ブラッシング方向には曲がりにくいので、きちんとみがけて、食べたら自分できちんとみがく練習にもぴったりです!

子供の成長に合わせたラインアップ!
クリニカKidsハブラシ

子どもの気持ちを知るには「想像する」ことも大切ですが、今回の実験のように、実際に体験することで「はじめて身を持ってわかる」こともあるかもしれません。

歯みがきの時間は、親子の大切なコミュニケーションの時間。歯みがきが楽しくなれば、自然と習慣化にもつながっていくはずです。

子どもの大切な歯を守っていくためにも、クリニカKid’sを味方にして親子の歯みがき時間を笑顔にしていきましょう。

もしよければ、こちらの動画やお口のことに関して、下部のアンケートにて、ご意見お聞かせください。

2020年06月26日

アンケート

クリニカKidsについて

Q1. 今回動画をご覧になった感想を教えてください。※動画内容に関するご意見や、ご自身のお子さまの歯みがきについてなど、どのようなご意見でも構いません。
Q2. クリニカのkid'sシリーズはご存知でしたか?
Q3. 動画をご覧になって、クリニカKidsシリーズをどの程度「使ってみたい」と思いましたか。
Q4. Q3で、そう思われた理由を教えてください。
Q5. どの程度好感が持てるブランドであると思われますか。
ご回答いただきありがとうございます!

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧