【小児科医監修】泣く、物を投げるなど1歳の癇癪の対応方法

【小児科医監修】泣く、物を投げるなど1歳の癇癪の対応方法

原因や症状、受診はした方がよいの?

子どもが泣く、奇声をあげて叫ぶ、物を投げるなどの癇癪(かんしゃく)を起こしたときどのような対応したらよいのか困っているママは多いのではないでしょうか。1歳の子どもが癇癪を起こす原因や症状、受診した方がよいケースを解説します。また癇癪がひどいときの対応法もご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

1歳の子どもが癇癪(かんしゃく)を起こす原因

1歳で癇癪を起こすには以下のような原因が考えられます。

自我の芽生え

若葉
iStock.com/oluolu3

1歳ごろになると自我が芽生えてくるため、子どもに「こうしたい」という思いはあるけれど、言葉ではまだ上手く伝えることができないため、泣いたり、叫んだり、物を投げることで自分の思いを表現する場合があります。

またやりたいことはしっかりあり、やり方が分かっている場合でも、身体機能が十分に発達していないのでイメージしていることが思うようにできずに大声で泣いたり、暴れたりします。

疲れや空腹

眠いときや抱っこしてほしいけどしてもらえない、疲れているときにも癇癪を起しやすいです。

お腹がすいてイライラしていることが原因で癇癪を起していることもあります。

赤ちゃん返り

きょうだいができたときにひどい癇癪を起こすケースがあります。

今まで、ママやパパが自分だけに向いていたけれど、赤ちゃんのお世話が中心になったり、ママやパパが自分だけのものではなくなる寂しさや嫉妬、危機感などが癇癪として表れることがあります。

癇癪はいつからいつまで?

癇癪は早ければ、1歳くらいから始まる子がいます。

一般的には2~4歳ごろが多いようですが、癇癪が始まる年齢には個人差があります。

イヤイヤ期との違い

イヤイヤ期の子ども
iStock.com/monzenmachi

イヤイヤ期と癇癪の違いが気になる人がいるかもしれませんが、イヤイヤ期は自我の芽生えで、自己主張が強く出ている状態です。

一方で癇癪は、「こうしたい」という思いや、やりたいことが上手く言葉や行動にできずに子ども自身もパニック状態を指します。

癇癪を起こしたときに多い行動

  • 泣く、叫ぶ
  • 物を投げる
  • 床にひっくり返って暴れる
  • 噛みつく
  • 地団駄を踏む
  • 頭突き

以上のような行動が見られるときは癇癪を起こしていると考えられます。

癇癪が起きた場合の対応法

子どもが癇癪を起こして、奇声をあげて泣いたり、床にひっくり返って暴れるとどうしたらよいか困ってしまうママもいるでしょう。

癇癪を起したときの対応法をご紹介します。

子どもの気持ちを受け止める

子どもが癇癪を起こして、話しかけても聞いてくれず、何をしてもおさまらないときも無視せず子どもの気持ちを受け止めることが大事です。

癇癪を起したときにママやパパに無視されると悲しくなり、自己表現するのをやめてしまい、自我の形成を妨げる可能性があります。

子どもの気持ちを代弁する

1歳くらいの子どもは自分の思いがあっても気持ちを言葉にして伝えることはまだまだ難しいです。

やりたい思いが上手く伝えられずに癇癪を起しているときには、「~したかったんだね」「~はいやだよね」など子どもの思いをママやパパが声に出して代弁してあげることが大切です。

「自分でやろうとしたんだね」「~できたね」など子どもがやろうと挑戦した気持ちを認めて言葉を返してあげると癇癪が落ち着くかもしれません。

抱きしめる

泣く子どもを抱きしめるママ
iStock.com/Hakase_

子どもが泣き叫んだり、暴れたりしているとイライラしたり、怒りたくなるかもしれませんが、子ども自身も自分の気持ちをコントロールできずに癇癪を起している場合が多いです。怒鳴らずに抱きしめてあげましょう。

抱きしめられると、気持ちが安心して徐々に落ち着いてくるかもしれません。子どもが落ち着いてから嫌だったことをゆっくり聞きましょう。

公共の場で癇癪を起こしたときはまず落ち着かせる

外出先や電車などで癇癪を起こすとママやパパも困るでしょう。

公共の場で子どもが癇癪を起したときは、他の人とぶつかったりしないようにまずは危険がないように端に移動して、周りに人がいるところで泣いたり、暴れたりすると迷惑がかかることを伝えます。

癇癪で受診した方がいいケース

癇癪がひどいと発達障害を疑ったり、病院で診てもらった方がよいか心配になる人もいるかもしれません。

癇癪で受診するときの目安をご紹介します。

癇癪に自傷行為が加わる

激しく泣いたり、叫んだり、暴れることにかんしてはそのまま様子をみて、きちんとかかわっていけば大丈夫ですが、癇癪に加えて自傷行為や他傷行為がみられるときは早めに受診することをおすすめします。

年齢が上がっても頻繁に癇癪を起こす

1歳ごろは、感情の表現を癇癪として表すことがありますが、年齢が上がっても頻回に癇癪を起すようならば、発達障害などが、関係している可能性も考えられます。

自分で気持ちをコントロールすることができないことが原因で癇癪を引き起こしているかもしれないので、1度受診してみるとよいでしょう。

さまざまな対応法を知り、1歳の癇癪と上手く付き合おう

子どもと接するママ
iStock.com/monzenmachi

癇癪はイヤイヤ期と違い、子ども自身も自分でどうしたらわからずに泣いたり、叫んだり、叩く、暴れることで自分の気持ちをぶつけている状態です。

自我の芽生えや赤ちゃん返り、疲れなど成長や環境によって原因もさまざまありますが、癇癪は子どもが成長している証拠です。

泣いて暴れたり、物を投げるなどの行動にママやパパはどうしたらよいか分からず、イライラして怒りたくなってしまうかもしれませんが、怒ってしまうと癇癪がより激しくなったり逆効果です。

子どもが癇癪を起したときは、子どもの想いを受け止めて、大人が代弁することが大切です。どうしようもないときは抱きしめて、子どもが安心して落ち着いて話ができる環境を作りましょう。

子どもの癇癪は成長の通り道なので、なるべくたくさんの対応法を知り、上手に付き合うことが大事です。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年02月23日

専門家のコメント
30
    かよう先生 保育士
    癇癪か起こるどうしたら良いかわからなくなってしまいますが、きちんと子どもに向き合うことが大
    もえ先生 保育士
    弟が寝たいのに寝れなくて大泣きするタイプで、見ていてこっちまで苦しくなったのを思い出しまし
    しほせんせい 保育士
    時々癇癪を起こす子がいます。
    自分の気持ちを処理できずに本人も苦しそうに見えます。
    抱きし
    りり先生 保育士
    癇癪を起こしたときは一度周りの視界からの情報を断ち切るのも一つです。抱っこして二人きりにな
    まな先生 保育士
    自分の中で、〜したい。という気持ちがあってもなかなか上手くできずに癇癪を起こしてしまう子も
    まあ先生 保育士
    癇癪を起こすと、きっと自分でも訳がわからなくなってしまい子ども自身も辛いのだと思います。そ
    いちぽ先生 保育士
    一歳の我が子は癇癪は起こしませんが、自分が遊びたいものをとられるとうぅーんと威嚇してきます
    せおみ先生 保育士
    1歳の時はそこまでなかったけど、3歳頃が1番ひどい癇癪でした。4歳過ぎると嘘みたいに落ち着
    すみっこ先生 保育士
    我が子が癇癪を起こしているときに何通りかのなだめ方をしてもダメだったときはこちらもイーッと
    あー先生 保育士
    赤ちゃんが癇癪をおこしたらお母さんはどうしていいかわならなくなりますよね!精神的なものもあ
    なつまる先生 保育士
    まだ話すことができずに言葉にできないことで物を使って気持ちを伝えようとすることもあるのだと
    とーち先生 保育士
    子どもが癇癪持ちです。


    我が家で癇癪が起きるのは大体、空腹、寝不足が原因です。

    その
    まあ先生 保育士
    癇癪を起こして泣くと、本人もどうして泣いているのか分からなっていることありますよね。部屋を
    たんぽぽ先生 保育士
    我が家は生まれたときから物凄く手がかかり一日中癇癪を起こしている状態でした
    結局発達グレー
    みー先生 保育士
    1歳くらいのころはまだ自分の意思を言葉でうまく伝えられない子が多いと思います。
    でも、大人
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧