子どもについての「気になる」「心配」を専門家がサポートする会員制相談窓口サービス

子どもについての「気になる」「心配」を専門家がサポートする会員制相談窓口サービス

子どものことについて、「気になる」「心配」だけど、相談できる人がいない、病院に受診するほどでもない、誰に聞けばよいのかわからない、といった悩み事を抱えているママ・パパは少なくない。

ブルーベル合同会社
coconiは、育児のちょっとした「気になること」を気軽に専門家に相談できるサービス。

coconiに所属する専門家は、医師・看護師・助産師・作業療法士・栄養士・小学校教員・公認心理師・社会福祉士など相談業務に従事した経験があるスペシャリスト揃い。

相談できる事柄は、子どもの身体のこと、発達のこと、学習、幼稚園・保育園・学校生活に関すること、さらには、保護者自身の子育ての悩みやお子様に関する周囲との悩みまで幅広く受け付けている。

会員制相談窓口のプランは、「coconi」と「coconi発達」の2種類。
画像1
選べるプランで必要なサポートを
「coconi」は、「メール・LINE相談」「予約制の電話相談」「研修」「コラム配信」がすべてパックになった充実したプラン。

1)メール・LINE相談
子どものこと、保護者自身のことをメール・LINEから相談可能。相談に答えるのは、coconiの専門家。

入会時に子どもの情報を登録するため、子どもや保護者自身にあわせた回答を専門家から得られる。
また、継続した相談が可能で、子どもの成長にあわせたサポートを行ってくれるという会員制ならではのうれしいポイントも。

2)予約制月2回の電話相談
希望にあわせて、電話相談も可能。予約制となっており、子どもや保護者自身様の状況にあわせて落ち着いて相談することができる。

3)コラム・動画配信
coconiでは、子育てに役立つ情報を専門家から配信している。会員であれば、有料配信の記事も無料で閲覧可能だ。

4)研修参加
coconiが毎月開催している研修会に無料で参加できる。
研修会の講師は、専門家で、子育てに役立つさまざまなテーマで開かれる。

発達に関する悩みなら「coconi発達」

「coconi発達」では、専門家に相談できるメール・LINE相談はそのままに、子どもの発達で心配なことを専門家に相談することができる。

発達の相談は、子どもの特性をよく理解しなければ対応できない。そして、継続した相談で、子どもの発達に合わせたフォローが肝心。

coconiと同様にcoconi発達も、赤ちゃんから小学生の子どもの相談が可能なので、会員制だからこそ可能な発達に関する継続したサポートを行ってくれる。

・寝返りやつかまり立ちができない
・言葉がなかなかでない
・不器用で運動が苦手。お友達と比べて苦手なことが多い。
・「癇癪」「こだわりが強い」「落ち着きがない」など、気になる様子がある
・友人とトラブルが多い
・「育てにくい」「どう関わったら良いのか」と言った保護者様の気持ち
・就学前相談や小学校での学習のこと

幅広い相談が可能だ。
画像2
日頃の子育ての悩みを解消
毎月、専門家が講師となった研修も開催される。「coconi」会員は研修に無料で参加可能。

会員以外も気軽に参加することができる。

専門家に気軽に相談できる会員制相談窓口を、ぜひ利用してみては。

問い合わせ先 info@blue-bell.biz
WEBサイトはこちら

2021年08月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧