鴨川シーワールド 第49回「サマースクール」参加者募集 2022年7月25日(月)~8月5日(金) 土・日を除く10日間の限定開催

鴨川シーワールド 第49回「サマースクール」参加者募集 2022年7月25日(月)~8月5日(金) 土・日を除く10日間の限定開催

小学生を対象とした水族館での学習プログラム

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
https://www.kamogawa-seaworld.jp/event/event_info/8318/

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2022年7月25日(月)~8月5日(金)の土・日を除く期間限定で、小学生を対象にした「サマースクール」を開催します。
サマースクール
「サマースクール」は、鴨川シーワールド開業当初の1973年から開催している、小学生を対象とした学習プログラムで、今年で49回目を迎えます。当プログラムでは、海の生き物についてのレクチャーを受けるだけでなく、シャチやイルカを間近で観察したり、ヒトデやヤドカリなどに触れたりと、本物の生き物とのふれあいを通して楽しく学ぶことができるため大変人気が高く、毎年多くの子どもたちが参加しています。また、プログラムの中で動物を観察する時には担当の飼育員が解説を行うので、気になることがあればその場で質問をすることができ、飼育員と気兼ねなく会話ができることも人気の理由となっています。

さらに、「水のいきものとのふれあいコース」と題し、広い館内を巡り、屋外のシャチやイルカの観察やウミガメの給餌体験をするにあたり、今回は暑さ対策の一つとして、オリジナル冷感タオルを参加者全員にプレゼントします。シャチの模様がデザインされたおそろいのクールなタオルを首に巻き、プログラムに参加します。

今年の夏休みの思い出に、「サマースクール」で海の生き物と出会い、学び、新たな体験をしてみませんか。
詳細はこちら

2022年07月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧