ランドセル工房生田が「ランドセルミニポーチ」ワークショップの予約受付を開始

ランドセル工房生田が「ランドセルミニポーチ」ワークショップの予約受付を開始

~「少し難しいでも楽しい。」ランドセル職人と一緒にランドセル型ポーチを作ってみよう~

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
ランドセル工房生田(株式会社生田 本社:大阪府大阪市、代表取締役:長井 宏治)は、大阪市生野区の自社工房や代官山・名古屋・高知の蔦屋書店などで開催する、ランドセル型の本革製ミニポーチのワークショップ予約受付を6月25日(土)10時から、同社ホームページで開始します。

同イベントは、極力廃材を出さないように、ランドセルとしては使えない端革なども使用したもので、当社を通じてモノづくりの楽しさを家族で感じてもらったり、子どものころに実際に革に触れる機会を作ってもらいたいと始めた取り組みです。

すでにランドセルを購入済みまたは使用中のお客さまから先行予約受付を開始し、7月2日(土)10時から、どなたでも申込みが可能な一般予約受付を開始します
【URL】https://www.randsel.jp/topics/mini_porch/
ランドセルミニポーチ
・「ランドセルミニポーチ」ワークショップの概要
【イベント詳細】
ランドセルで使用している牛革で作るランドセル型ミニポーチのワークショップです。
形だけではなく、製作工程もランドセルと同じで、親子でランドセル職人の気分を味わいながら参加できます。

ワークショップでは、よりモノづくりの楽しさを感じてもらえるように、当社の職人や販売スタッフが説明しながら一緒に進めていきます。小さなお子さまでも、お父さん、お母さんと一緒に参加できるワークショップです。また、大阪市生野区の当社ショップだけではなく、代官山・名古屋みなと・高知の各蔦屋書店でも開催予定です。
詳細はこちら

2022年06月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧