180話以上の動く絵本を1台で!(※1)シリーズ新機種には、動く絵本100話を1台に収録『動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ日本の昔話と世界の童話50』2022年10月13日(木)発売

180話以上の動く絵本を1台で!(※1)シリーズ新機種には、動く絵本100話を1台に収録『動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ日本の昔話と世界の童話50』2022年10月13日(木)発売

―親も子どもも、お気に入りが見つかる!― 追加可能な専用ソフト「ドリームスイッチ専用ソフト ピクサーキャラクターズ」も10月13日(木)発売決定

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社セガトイズ(本社:東京都品川区、社長:宮崎 奈緒子、以下セガトイズ)は、睡眠導入に最適な環境下で絵本の読み聞かせができる、動く絵本プロジェクターの最新作『動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ日本の昔話と世界の童話50(ごじゅう)』を2022年10月13日(木)に発売することを決定しました。

(※1)「ドリームスイッチ」本体と「専用SDカード」を入れ替えて楽しめる動く絵本の数は新機種の登場により180話以上となりました。
©那須田淳・柿本幸造/講談社
©那須田淳・柿本幸造/講談社
・シリーズ最多!動く絵本を1台に100話収録した、寝かしつけの時間が待ち遠しくなる絵本プロジェクター

「ドリームスイッチ」シリーズは、育児中の悩みで多い寝かしつけの時間を快適なコミュニケーションの時間に変える夢のような商品です。明かりを暗くした寝室の天井に絵本を投影することで、睡眠に適した環境で絵本の読み聞かせをすることができます。

『動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ 日本の昔話と世界の童話50』には、購入者アンケートの結果から「昔話や童話を教養として学ばせたい」といった意見を受け、講談社発行の絵本から日本語50話、英語50話、合わせてシリーズ最多の100話を収録しました。

さらに、「英語のうた」「ものの名前」など知育要素の高いお楽しみコンテンツを20種収録し、全120コンテンツを搭載しています。寝かしつけの時間が、待ち遠しく感じていただけるほどのコンテンツをそろえています。
詳細はこちら

2022年07月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧