【横浜・八景島シーパラダイス】梅雨時期ならでは、花と生きもののコラボレーション!県内最大級、2万株のあじさいが咲き誇る「第22回 八景島あじさい祭」

【横浜・八景島シーパラダイス】梅雨時期ならでは、花と生きもののコラボレーション!県内最大級、2万株のあじさいが咲き誇る「第22回 八景島あじさい祭」

開催期間 : 2022年6月4日(土)~6月26日(日)

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
あじさいの魅力を存分にお楽しみいただけるシーパラならではの催しが盛りだくさん!

『横浜・八景島シーパラダイス』では、2022年6月4日(土)~26日(日)の期間、「八景島あじさい祭」を開催いたします。海に囲まれた八景島の島内には、さまざまな花々が季節ごとに咲き誇り、初夏には県内最大級を誇る2万株の「セイヨウアジサイ」や「ガクアジサイ」、八景島のオリジナルあじさい「八景ブルー」など、色とりどりの「あじさい」が見ごろを迎えます。
シーサイドガーデン
シーサイドガーデン
「八景島あじさい祭」では、島内各所の見どころスポットを巡ってスタンプを集めるスタンプラリーを中心に、あじさいの魅力を存分にお楽しみいただけるシーパラならではの催しが盛りだくさんです。
初夏は長雨で心身ともに揺らぎやすい季節ですが、植物や生きものにはリラックス効果があると言われています。八景島のあじさい群と海の生きものたちを身近に感じ、心身をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

また、島内には室内アトラクションもあるので、雨の日でも快適にお過ごしいただけます。梅雨時期ならではのシーパラをお楽しみください。
詳細はこちら

2022年06月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧