【親子でワーケーション新プラン】子供は職業体験に参加可能。千葉のグランピング BUB RESORTで6月1日から開始!

【親子でワーケーション新プラン】子供は職業体験に参加可能。千葉のグランピング BUB RESORTで6月1日から開始!

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社BUB(東京都品川区、代表取締役 一戸 悠人)が運営するBUB RESORT Chosei Village(千葉県長生郡)では、親子で仕事しながらバケーションが出来るワーケーション新プランの予約受付を開始。2022年6月1日からのチェックインが対象。親が仕事をしている間に、こどもはBUBスタッフになりきり、職業体験を行う。文字通り親子でワーケーションができる新しい体験。
BUB RESORT
◆新プランの親子でワーケーションプランへの想い
新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークが広がり、脚光を浴びているワーケーション。ワーケーションとは、「ワーク」(仕事)と「バケーション」(休暇)を組み合わせた言葉で、観光地や帰省先でテレワークを活用して働くことを指します。

自然が多くのどかな環境のBUB RESORT Chosei Villageでは、人と自然の関係性を感じながらワーケーションを行うことが可能です。

自然を感じリフレッシュをすると生産性があがると言われており、普段とは違うリゾート地で仕事をすることで新たなアイデアが生まれます。

さらに、子供がいる家庭ではワーケーションへ行くことが難しいのではないかという声から、BUB RESORTではお子様だけで参加いただける職業体験を実施することで、親子で仕事をすることが出来るプランを作成しました。

お子様はBUBスタッフと一緒に職業体験を行うため、仕事に集中することができ、お子様には新たな学びの場にすることができると考えます。
詳細はこちら

2022年06月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧