だから子供の能力がどんどん高まる…シリコンバレーのエリート親子が休日に3時間かけて徹底的に話すこと

だから子供の能力がどんどん高まる…シリコンバレーのエリート親子が休日に3時間かけて徹底的に話すこと

「みんなで黙ってテレビを観る」という時間はない

PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
シリコンバレーのエリートたちは、わが子にどのように接しているのか。シリコンバレーに長年暮らすライフコーチの宮崎直子さんは「シリコンバレーでは男性も積極的に子育てに関わる。エリートであればあるほど、成功していればいるほど、家族との時間を大切にしている。とりわけ大事にしているのが、親子でゆっくり話す時間だ」という――。

※本稿は、宮崎直子『鋼の自己肯定感 「最先端の研究結果×シリコンバレーの習慣」から開発された“二度と下がらない”方法』(かんき出版)の一部を再編集したものです。
写真=iStock.com/skynesher ※写真はイメージです
写真=iStock.com/skynesher ※写真はイメージです

短い労働時間でも圧倒的な結果を出せる理由

世界中から優秀な人材が集まってくるシリコンバレーは、アメリカでも極めて特殊な場所だ。

私が大切な概念として考えている「成長マインドセット」もここシリコンバレーで生まれている。そしてシリコンバレーの北にあるサンフランシスコはツイッターやウーバーの本社があるとともに、ゲイ、レズビアンの聖地というリベラルな街でもある。

シリコンバレーに仕事も家も何もなく、わずかな貯金を頼りに引っ越してきてもう20年以上になる。シリコンバレーで最初に勤めたベンチャー企業の上司の名前はボブ。アイビーリーグを卒業した背の高い優秀なエリートだった。

ボブはいつも誰よりも先に帰った。4時半頃になると「次の仕事の時間だ」と言うのが彼の口癖で、いそいそと帰っていく。次の仕事というのは、子どものお迎えのこと。

シリコンバレーでは男性も積極的に子育てに関わる。男性の同僚だったノライアは毎晩欠かさず、子どもたちに絵本を読んであげるのだと言っていた。全員ではないけれど一般にエリートであればあるほど、成功していればいるほど、家族との時間を大切にしている。

製品のリリース前など例外はあるが、夕方5時、6時になると男性女性問わず、ほとんどの人が家に帰る。だらだら無駄に長い会議もないし、長時間会社にいることはない。やることはさっさとやって、さっさと帰る。

グーグル、アップル、フェイスブック(現メタ)。次から次へと世界を変える新しいものを生み出していくシリコンバレー。私が見た限り、その成功の秘密は我慢や自己犠牲、血のにじむような努力ではない。

みんな、家族で話す時間、本を読み聞かせする時間が子どもの教育にとって、大事であることを理解しているのだ。

そしてそのように、はっきりと仕事と家庭の時間を分けて、ゆったり家族や友人と過ごす時間を持つことが自分にとっても大切で、短い労働時間でも圧倒的な結果を出せることも知っているのだ。
詳細はこちら

2022年04月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧