子どもの集中力は「金魚レベル」に!? 『スマホ脳』に続く米国ベストセラー、日本上陸! 脳科学の権威・川島隆太教授も「日本の親に希望の光となる書」と大絶賛!!

子どもの集中力は「金魚レベル」に!? 『スマホ脳』に続く米国ベストセラー、日本上陸! 脳科学の権威・川島隆太教授も「日本の親に希望の光となる書」と大絶賛!!

日本でも10万部のベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない!』のレイティ博士「この本を読めば、子どもたちが幸せになる」と絶賛!ハーバード大学医師やハーバードメディカルスクールの専門家もこぞって推薦!

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
男の子はゲーム、女の子はSNSで脳が壊れていく……。医学・心理学研究のエビデンスと数百人の子どもの臨床事例をもとに解説。デジタルデトックスで、子どもの未来が大きく変わる!
子どものデジタル脳 完全回復プログラム
【こんな行動があったら危険!】
・スマホをベッドに持ち込んでいる。
・ゲームや動画を見ているときに暴言が多い。
・ゲーム中、声をかけると怒る。
・スマホを持ってから、友人関係での悩みが増えた。
・スマホやゲームを取り上げようとすると、攻撃的になったり、パニックになる。
・スマホを持ってから、学力が下がった、受験に失敗した。
・勉強中もひっきりなりにスマホをいじり、集中力がない。
・コミュニケーション力が低く、友だちや恋人ができない。
・発達障害を疑われている。

子どもに、このような悩みを抱えていませんか?
もしかするとお子さんの脳は、
すでに「デジタル脳(デジタル中毒)」かもしれません。

ITの第一線にいるシリコンバレーのCEOや経営者たちは
子どもたちを「ローテク」の学校に入れ、
大きくなるまではデジタル機器にさわらせません。
それは医学界では近年「デジタルスクリーンが及ぼす悪影響」「脳への深刻なダメージ」
についての研究データが次々と発表されているから。

カナダのマイクロソフト社の調査でも、カナダ人のなかには
「デジタルが原因で、いまや金魚レベルの集中力しかない」
人々がいることを明らかにしました。

スクリーンから解放された子どもの脳は、
本来の力を取り戻し、ぐんぐん成長していきます。
本書の「完全回復プログラム」でデジタルデトックスし、
一刻も早くダメージから回復してあげましょう。
詳細はこちら

2022年05月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧