親子のすれちがいとふれあいを描いた絵本『いっしょにいこう』作品ページを公開!発売に先立ち書店員様から寄せられた感想もご紹介

親子のすれちがいとふれあいを描いた絵本『いっしょにいこう』作品ページを公開!発売に先立ち書店員様から寄せられた感想もご紹介

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
・物語を通して父親らしくなるパパの姿は必見!
・「急いでる時に限って、子供はのんびり…よくわかります!」「我が家の息子も同じ」と共感多数

マイクロマガジン社(東京都中央区)は5月11日に発売する絵本『いっしょにいこう』の作品ページを公開いたしました。さらに発売に先立ち、書店員様から寄せられた作品の感想もご紹介いたします。
いっしょにいこう 作:ルース・リップハーゲン/訳:木坂涼 ISBN:9784867162873 A4変型/48ページ 定価:1,540円(本体1,400円+税10%) 発売日:2022年5月11日
いっしょにいこう 作:ルース・リップハーゲン/訳:木坂涼 ISBN:9784867162873 A4変型/48ページ 定価:1,540円(本体1,400円+税10%) 発売日:2022年5月11日
作品ページはこちら
https://kodomono-hon.com/detail/?titleid=62873

・『いっしょにいこう』あらすじ
おくれて とどいた コンサートの しょうたいじょう。
「いそげば きっと まにあうぞ」
あせる パパとは はんたいに
むしや みずたまりが きになる コーディ。
はやくしなさい!と あきれる パパでしたが
いけを わたろうとした そのとき・・・


絵本『いっしょにいこう』はお子さんと一緒に過ごす日々の大変さと愛しさを再確認できる物語。
コンサートへ間に合うように、“とにかく急ぐ”パパと、
コンサートへ向かう道すがら、いろんなものが気になり“もっと遊びたくてたまらない”子どものコーディ。
すれちがっていたふたりはコンサート会場へたどり着くことができるのでしょうか…?
親と子、どちらの気持ちにも寄りそった物語です。

詳細はこちら

2022年05月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧