人気絵本『おばけのバーバパパ』の日本語版は、2022年で刊行50周年! 4月22日「バーバパパの日」に向け、読者プレゼントキャンペーンも実施中。

人気絵本『おばけのバーバパパ』の日本語版は、2022年で刊行50周年! 4月22日「バーバパパの日」に向け、読者プレゼントキャンペーンも実施中。

キャラクターとしても広く愛されている「バーバパパ」。そのはじまりのシーンが描かれた『おばけのバーバパパ』は、140万部を超えるロング&ベストセラー絵本です。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)が刊行する絵本『おばけのバーバパパ』(アネット・チゾン、 タラス・テイラー 作/やましたはるお 訳)が、2022年で刊行50周年を迎えました。書店店頭でオリジナルカードつき絵本を限定販売しているほか、4月22日の「バーバパパの日」に合わせ、読者向けSNSプレゼントキャンペーンも実施中です。
バーバパパ
・日本語版刊行50周年をむかえた『おばけのバーバパパ』。絵本のはじめには誕生シーンも!

『おばけのバーバパパ』の原書である『BARBAPAPA』は、フランス人のアネット・チゾン、アメリカ人のタラス・テイラーの共作で、1970年に刊行されました。主人公のバーバパパは、2人が喫茶店で偶然出会った際に、いっしょにいたずら書きしたイラストから生まれたキャラクターです。

原書の刊行から2年後、野間児童文芸賞や路傍の石文学賞など、数々の賞を受賞する作家でもある山下明生さん(本書では「やましたはるお」表記)が訳したのが、日本語版絵本『おばけのバーバパパ』です。2022年で刊行50周年をむかえ、今なお、たくさんの子どもたちに愛されています。

発行部数は140万部以上。通常の絵本にくわえ、サイズのちがう版も刊行しており、43cm×49cmの大判で読み聞かせ会などに最適な「ビッグブック」、持ち運びやささやかな贈り物におすすめの12cm×13cmの「ミニ版」と合わせると160万部を超える、ロング&ベストセラーです。
詳細はこちら

2022年04月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧