「どうして、自分の体と心は大切なの?」絵本ではじめるポジティブな性教育。産婦人科医・遠見才希子さんがおくる「性とからだの絵本」シリーズ、3月上旬刊行スタート!

「どうして、自分の体と心は大切なの?」絵本ではじめるポジティブな性教育。産婦人科医・遠見才希子さんがおくる「性とからだの絵本」シリーズ、3月上旬刊行スタート!

ちがいを認めあい、たがいを大切にするために――。体の自己決定と同意、プライベートパーツ、生命の誕生、第二次性徴、そして性の多様性まで。今、子どもたちに伝えたい性教育がすべてつまった絵本が登場。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社童心社(出版社 本社:東京都文京区 代表取締役社長・後藤修平)は、「性とからだの絵本」(遠見才希子・作/佐々木一澄・相野谷由起・和歌山静子・絵 https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494046454)を2022年3月より順次刊行します。
絵本
トピックス:
・「子どもと同じ目線で いっしょに“性”について考えられる絵本を」遠見才希子
・3月上旬発売! シリーズ第1作『うみとりくの からだのはなし』
・「子どもたちに伝えたいのはこういうこと!」『うみとりくの からだのはなし』へ寄せられた声
・4月初旬発売! 『あかちゃんがうまれるまで』『おとなになるっていうこと』
 

・子どもと同じ目線で いっしょに“性”について考えられる絵本を
産婦人科医の遠見才希子(えんみ さきこ)さんは、学生時代から性教育の活動に携わり、これまで1,000校以上の学校で講演を行ってきました。自身の経験を語り中高生の声を直接聞く中で、これまでの日本の性教育が十分でないことを痛感したといいます。

その後、親となりわが子と向き合ったとき、幼いうちから「プライベートパーツ」などを知り、自分の体を大切にすること、自分や相手の気持ちを尊重することについて、きちんと伝える重要性を感じ、絵本の創作がはじまりました。
詳細はこちら

2022年03月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧