「どうして、自分の体と心は大切なの?」絵本ではじめるポジティブな性教育。産婦人科医・遠見才希子さんがおくる「性とからだの絵本」シリーズ、3月上旬刊行スタート!

「どうして、自分の体と心は大切なの?」絵本ではじめるポジティブな性教育。産婦人科医・遠見才希子さんがおくる「性とからだの絵本」シリーズ、3月上旬刊行スタート!

ちがいを認めあい、たがいを大切にするために――。体の自己決定と同意、プライベートパーツ、生命の誕生、第二次性徴、そして性の多様性まで。今、子どもたちに伝えたい性教育がすべてつまった絵本が登場。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社童心社(出版社 本社:東京都文京区 代表取締役社長・後藤修平)は、「性とからだの絵本」(遠見才希子・作/佐々木一澄・相野谷由起・和歌山静子・絵 https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494046454)を2022年3月より順次刊行します。
絵本
トピックス:
・「子どもと同じ目線で いっしょに“性”について考えられる絵本を」遠見才希子
・3月上旬発売! シリーズ第1作『うみとりくの からだのはなし』
・「子どもたちに伝えたいのはこういうこと!」『うみとりくの からだのはなし』へ寄せられた声
・4月初旬発売! 『あかちゃんがうまれるまで』『おとなになるっていうこと』
 

・子どもと同じ目線で いっしょに“性”について考えられる絵本を
産婦人科医の遠見才希子(えんみ さきこ)さんは、学生時代から性教育の活動に携わり、これまで1,000校以上の学校で講演を行ってきました。自身の経験を語り中高生の声を直接聞く中で、これまでの日本の性教育が十分でないことを痛感したといいます。

その後、親となりわが子と向き合ったとき、幼いうちから「プライベートパーツ」などを知り、自分の体を大切にすること、自分や相手の気持ちを尊重することについて、きちんと伝える重要性を感じ、絵本の創作がはじまりました。
詳細はこちら

2022年03月14日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧