ありがとう!ロボット「ASIMO」 未来館卒業記念の特別イベントを開催

ありがとう!ロボット「ASIMO」 未来館卒業記念の特別イベントを開催

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
日本科学未来館(略称:未来館、館長:浅川智恵子)は、2022年3月18日(金)~31日(木)、ヒューマノイドロボット(人型ロボット)「ASIMO(アシモ)」が3月末をもって未来館を卒業するのを記念して、イベント「THANK YOU ASIMO! ~未来館卒業おめでとう」を開催します。期間中は、未来館での20年間の活躍を振り返りながら、過去の実演で行っていた動作をご覧いただく特別バージョンの実演のほか、特設ブースやSNS企画、来館者がASIMOとの思い出に記念撮影を行える機会(一部事前予約制)も設けます。
イベントページ: https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202201312296.html
ASIMO
ASIMOは2000年当時、ロボットが人間の生活空間で活動することを目指し、本田技研工業株式会社により開発されました。2001年にはレンタル事業用として機能進化を図り、歩行技術の向上による階段や斜面の移動、ユーザーニーズに合わせた専用動作や案内説明も可能になり、2002年の1月、未来館のインタープリター(展示解説員、現在は科学コミュニケーター)として採用されました。その年の1月13日には「入社式」が行われ、初代館長 毛利衛から辞令も手渡されました。

未来館では、この20年間で累計1万5466回(昨年末時点)の実演を行い、200万人以上(推計)に親しまれてきました。同時に新しい機能の実証実験や限定イベントなど、ロボットと暮らす社会について考えてもらう活動も多数行ってきました。この度、契約終了に伴い2022年3月31日をもって未来館の科学コミュニケーターを卒業することになりました。
詳細はこちら

2022年02月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧