保育士が今の子どもたちに伝えたい「いのち」の話を描いた絵本が新登場

保育士が今の子どもたちに伝えたい「いのち」の話を描いた絵本が新登場

保育の現場で30年以上絵本の読み聞かせを行ってきた、ほしのほしこ氏のデビュー作。「いのち」について考えさせられる、ひよことわたるくんの愛といのちの物語

「みらいパブリッシング」から、今の子どもたちに伝えたい「いのち」の話を描いた新刊絵本「ぼくのひよこ」が発売中。

著者は、保育士・介護補佐職員の、ほしのほしこ氏。絵本制作には自身の保育士の経験が生かされており、保育の現場では30年以上絵本の読み聞かせを実施。今作は、絵本出版賞にも入賞したデビュー作となっている。
ぼくのひよこ 1,430円(税込)
ぼくのひよこ 1,430円(税込)
「ぼくのひよこ」は、ひよことわたるくんの愛といのちの物語。

夏祭りでお父さんにひよこを買ってもらったわたるくん。
ぼくのひよこ
ぼくのひよこ
一緒におもちゃで遊んだり、秘密基地を作ったり、わたるくんはひよこのそばを離れません。

一緒に遊びながらわたるくんはうとうと寝てしまい…。
ぼくのひよこ
ぼくのひよこ
いのちは、二度と戻ることはありません。
ゲームのようにリセットなんていうことはできないのです。
「いのちを大切にして生きてほしい」
そんな願いを込めてこの絵本を作りました。
(著者「あとがき」より)

「子どもたちにいのちの大切さを伝えたい」という作者の気持ちから生まれた絵本。この機会にぜひ、子どもと「いのち」について話すきっかけにしてみては。


ぼくのひよこ
著/ほしのほしこ
みらいパブリッシング刊 1,430円(税込)

問い合わせ先/みらいパブリッシング
tel.03-5913-8611
https://miraipub.jp/books/16874/

2022年02月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧