【グランド ハイアット 東京】120年前のレシピが甦る!アメリカのソウルフード“ハンバーガー”の歴史を辿る期間限定イベント「テイスト オブ アメリカ」を開催

【グランド ハイアット 東京】120年前のレシピが甦る!アメリカのソウルフード“ハンバーガー”の歴史を辿る期間限定イベント「テイスト オブ アメリカ」を開催

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
都会の喧騒にそびえ立つダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京(東京都港区、総支配人:ロス クーパー)では、アメリカのソウルフードとして今なお愛されるハンバーガーが誕生したといわれるおよそ120年前のレシピをはじめ、その後の歴史を辿る1920年代~1950年代の製法を再現したハンバーガーがお楽しみいただけるイベント「テイスト オブ アメリカ」を、2022年1月10日(月)~2月28日(月)の期間限定でステーキハウス「オーク ドア」にて開催いたします。
グランド ハイアット 東京
ハンバーガーの誕生には諸説ありますが、1900年頃にアメリカで誕生したといわれ、以来120年以上に渡りアメリカのみならず世界中で愛されてきました。「テイスト オブ アメリカ」では、このハンバーガーが登場したと言われる1900年代およびその後さまざまなレシピが考案された1920年代~1950年代に生まれた5つの製法をステーキハウス「オーク ドア」流に再現したメニューをご用意いたします。
詳細はこちら

2022年01月13日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧