キッズドクターがひとり親家庭向けに夜間往診サービスの医師交通費無料プランを提供

キッズドクターがひとり親家庭向けに夜間往診サービスの医師交通費無料プランを提供

夜間や休日に子どもの健康に不安を感じた際に、看護師によるチャット健康相談やオンライン診療・夜間往診の予約支援サービスを提供し、子育て家庭を支援

小児の時間外の健康相談アプリ「キッズドクター」を運営する「ノーススター」が、認定NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」とNPO法人「はぴシェア」と連携し、ひとり親家庭の支援を強化。

ひとり親家庭の方であれば、「キッズドクター」の夜間往診サービス利用時に、医師の交通費が無料となるプランを提供する。
キッズドクター
キッズドクター
日本国内における「ひとり親家庭」は約142万世帯、シングルマザーの平均収入は約200万円と言われている昨今。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、より経済的にも深刻な状況になっている。(※)

※厚生労働省「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188147.html

日本国内では、こども医療費助成金制度など、小児健康に関する自治体からの支援も手厚いが、ひとり親の家族にとって、夜間の救急病院に連れて行くのは精神的・身体的な負担が大きく、翌日の活動にも支障が出てしまうことも。

「キッズドクター」では、夜間や休日に子どもの健康に不安を感じた際に、看護師によるチャット健康相談やオンライン診療・夜間往診の予約支援サービスを提供し、子育て家庭を支援してきたが、今回の連携により、ひとり親家庭の方の負担をさらに軽減する。
キッズドクター
子どもの体調が悪いと、病院に行って診察してもらって薬局で待ってと、とにかく時間がかかるもの。

夜間往診では、自宅まで医師が訪問し、その場で診察と薬の処方をしてくれる。事務局とドクターの連携が早いのも助かるポイントだ。
 
多くの子育て家庭を応援する「キッズドクター」。年末年始も休まず利用できるとのこと。この機会にぜひ、チェックしてみては。

問い合わせ先/ノーススター
https://share.hsforms.com/18eQYVGKPQoSqD9h1Q15VdQ8ngyk
https://nstr.co.jp/

2021年12月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧