創元社から、賢く明るく親しめるSDGsアクションが分かる本が発売中

創元社から、賢く明るく親しめるSDGsアクションが分かる本が発売中

日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、「物の使い方」をどう変えれば地球環境にポジティブな影響を与えられるか、専門用語を使わずわかりやすい内容で解説。テーマごとに興味のあるページから読めるほか、各国の取り組みや最新事情が分かるコラムも豊富に紹介

「創元社」から、今日からできるSDGsアクションが分かる本 「SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う(以下、SDGsな生活のヒント)」が発売中。

著者は、気候変動と持続可能な開発に関する国際レベルの活動に20年以上携わり、複数の国の政府、世界の指導者たち、企業や国際機関のアドバイザーを務めた経験を持つ環境科学者 タラ・シャイン氏。
SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う 3,630円(税込)
SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う 3,630円(税込)
気候変動対策をテーマとした国際会議が開かれるなど、私たちの身近で聞かれるようになった「SDGs」。

メディアでも取り上げられ、企業の取り組みなども伝えられているが、私たち一人ひとりはどのようなことから始めればよいのか。

「SDGsな生活のヒント」では、私たちが日常生活で使う100以上の品物を取り上げて、「物の使い方」をどう変えれば地球環境にポジティブな影響を与えられるかを一つひとつ解説。

専門用語を使わず、親しみやすい内容になっており、家庭から職場まで毎日の暮らしの中で使う物、する作業、日頃の習慣について、科学的裏付けがある賢い選択をするためのヒントが満載だ。
SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う
環境学者で、地球規模の気候変動の専門家であるタラ氏らしい、以下のようなポジティブで読みやすい語り口で、サステイナブル(持続可能)な生活の楽しさや便利さを教えてくれる。

・たとえば…コーヒーのテイクアウト用カップ

外出先で気軽にコーヒーを飲むときに便利な飲料カップ。
使い捨て飲料カップの多くは紙製ですが、防水性を与えるためにプラスチックでコーティングされています。
したがってリサイクルできず、埋め立てか焼却するしかありません。
飲料カップがごみになると、紙の部分は分解されますが、プラスチックのコーティングは細かく千切れてマイクロプラスチックになり、環境へのリスクになります。

→私たちにできること

・マイカップを持ちましょう。外で飲むときに愛用したいと思うお気に入りのコップを選ぶことが大切です。

・使い捨てカップの場合、プラスチックの蓋だけは洗ってリサイクルすることも意識しましょう。
SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う
そのほかにも、“ストッキングとタイツ”、“コンピューター“などテーマごとに簡潔にまとまっており、興味のあるページから読むことが可能。
SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う
また、各国の取り組みや最新事情が分かるコラムも豊富に紹介している。

SDGsを自分ごととして考えることができるガイド本。この機会にぜひ、家庭でも取り入れてみては。


SDGsな生活のヒント―あなたの物の使い方が地球を救う
著/タラ・シャイン 
訳/武井 摩利 
創元社刊 3,630円(税込)
※環境配慮型書籍(FSC認証、植物性インキ使用)

問い合わせ先/創元社
tel.06-6231-9010
https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4280

2021年12月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧