主婦の友社から「○○しなくちゃ!」の家事の呪縛から自由になるための本が登場

主婦の友社から「○○しなくちゃ!」の家事の呪縛から自由になるための本が登場

収納や片づけなど、暮らしまわりのコンサルティングや情報発信をする5人のプロ「心地よい暮らし研究会」が、家事がラクになる考え方や目からウロコの技を伝授。自分の内面に向き合い、好き・嫌い、得意・不得意を再確認する書き込み式ぺージも用意。

「主婦の友社」から、やる家事・やめる家事を見極めて暮らしを変える本「家事の呪縛をとくノート」が発売中。
家事の呪縛をとくノート 1540円(税込)
家事の呪縛をとくノート 1540円(税込)
監修は、片づけや収納など暮らしまわりのプロ5名からなる「心地よい暮らし研究会」。今回、仕事での施術や自分たちが実践する「家事ラクアイデア」を、家事の呪縛をとくカギとして、惜しみなく公開する。
家事の呪縛をとくノート
近年、SNSの普及や、ミニマリストをはじめとする暮らし本ブームによって、「人の暮らしをのぞける機会」が増加。

日々の料理をまわすコツや、片づけの工夫、インテリアの楽しみ方など、素敵に暮らすための情報が手に入りやすくなってはいるものの、自分の暮らしはラクになるどころか、人のライフスタイルを見れば見るほど「自分はなんでちゃんとできないのだろうか」と落ち込んだり、イライラしたりすることも。

家事のやることリストには「〇〇しなくちゃ」がいくつもあるのに、「今日もまたできなかった…」と自分を責めてしまう負のループが起きる場合もある。

この本ではそれを「家事の呪縛」と呼び、呪縛をといてラクになるための考え方や目からウロコの家事ワザを伝授。
家事の呪縛をとくノート
どれほど情報を仕入れても、自分にとっての価値を見極められなければ、帯に短し襷に長しで、役には立たないという考えのもと、自分の内面にも向き合って、好き・嫌い、得意・不得意を再確認するための書き込み式のぺージを用意。
家事の呪縛をとくノート
どのような家事にストレスを感じるか、家事に使える時間はどのくらいあるか、やり方を変えられる家事はあるか、など6つのワークを通して自分自身について知れば、家事の呪縛をとく準備は完了だ。
家事の呪縛をとくノート
「心地よい暮らし研究会」による家事ラクアイデアをまとめた本。気になる方はこの機会にぜひ、チェックしてみては。


家事の呪縛をとくノート
監修/心地よい暮らし研究会
編集/石川理恵
主婦の友社刊 1540円(税込)

問い合わせ先/主婦の友社
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b593886.html

2021年11月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧