スペイン発のベビーブランドMartinArandaが阪神梅⽥本店に日本初出店

スペイン発のベビーブランドMartinArandaが阪神梅⽥本店に日本初出店

50年以上の歴史を持つ、皇室やヨーロッパの各国からも愛されるブランド

「バケーション」が、スペインのベビーブランド「MartinAranda(マルティンアランダ)」を、阪神梅⽥本店6F「VACATION」にて販売開始した。
MartinAranda
スペインで50年以上にわたりベビー服・子ども服を作り続けている「MartinAranda」は、品質とデザイン、斬新さと伝統を守りながら、半世紀以上製造プロセスのすべてを自社で担当するメーカー。

原材料の入手、その後の製造工程での取り扱い、そして最終的には品質管理まで、Made in SPAINにこだわり世界に発信し続けている。
MartinAranda
ニットや花柄、リボンやフリルにピエロカラーなど、中世からの伝統的な襟の形をアレンジした可愛らしいデザインや品のあるセットアップなどは「MartinAranda」ならでは。

皇室やヨーロッパの各国からも愛されるデザインのアイテムは、出産祝いや誕生日などのプレゼントにもぴったりだ。
MartinAranda
ベビーブランドとして50年以上の歴史のある「MartinAranda」の細部に至るデザインは、月齢の小さな赤ちゃんも安心して着用可能。

品のあるデザインは退院やお宮参りなどのセレモニー用として、またその後のデイリーにも長く使うことができる。
MartinAranda
ロンパースは、あえてのボタン仕様。「赤ちゃんとのスキンシップの時間をより多く大切にしてほしい」という、ヨーロッパの子育ての精神を形にしたデザインとなっている。
MartinAranda
ニットアイテムは、まさに「MartinAranda」が得意とするアイテム。伝統的なニット生産の技術が培われたアウターは、やわらかく伸縮のよいニットならではの着心地と動きやすさで、小さな子どもを寒さから守ってくれる。

脱いだアウターを持ち歩きする際、バッグに入れてもしわにならないのも便利なポイントだ。
MartinAranda
スペインならではのデザイン性の高いベビー服。ぜひチェックをしてみては。
問い合わせ先/バケーション
tel.
0120-983-423(通話料無料)
027-212-5711(通話料お客さま負担)
受付時間/11:00~18:00(定休日/水曜・木曜を除く)
https://www.vacation-co.net/martinaranda1965/

2021年10月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ