世界のエリートが実践する家事でビジネススキルを鍛える本が登場

世界のエリートが実践する家事でビジネススキルを鍛える本が登場

多くのグローバルエリートと渡り歩いてきた著者が、家事における脳のリラックス以外のメリットを「ビジ家事」理論として体系化。ビジネスで求められるスキルを具体的な家事を通じて鍛える方法を徹底解説

「フォレスト出版」から、「家事こそ、最強のビジネストレーニングである」が発売中。

多くのグローバルエリートと渡り歩いてきたトップクリエーター・堀 宏史氏が教える、家事で鍛えるビジネススキルやセンス養成法をまとめた書籍となる。
家事こそ、最強のビジネストレーニングである 1,650円(税込)
家事こそ、最強のビジネストレーニングである 1,650円(税込)
「ビル・ゲイツは、毎日家で皿洗いをしている」という話がある。グローバルエリートの頂点に立つ彼なら、家事代行業者に任せ、仕事に集中しているイメージがあるかもしれないが、彼は毎日皿洗いに精を出している。そこには、家事に隠された大きなメリット「脳のアクティブレスト」があるという。

「脳のアクティブレスト」とはつまり、仕事脳になっている自分の脳を家事に集中することでリフレッシュさせ、新たな「ひらめき」「アイデア」が湧き上がる。そんな脳のルーティンに家事を取り入れているのだそう。

世界中のビジネスエリートたちは、家事は「やらされる」ものではなく積極的にやることで自らの仕事力を鍛えている。仕事を通じて多くのグローバルエリートと渡り歩いてきた著者はその事実に気づき、家事における脳のリラックス以外のメリットを次々と発見。

そして「ビジ家事」理論として体系化し、その理論に基づいたビジネストレーニング方法をまとめたのがこの書籍。理想の部屋をイメージして計画を実現させる「ビジョニング力」、家事のボトルネックを分析し、スムーズな進行を目指す「分析力」など、ビジネスで求められるスキルを具体的な家事を通じて鍛える方法を徹底解説する。

今まで家事にストレスを感じていたビジネスパーソンはもちろん、家事に積極的に参加できていなかった人が家事デビューするのにも最適な1冊。この機会にぜひ、チェックしてみては。


家事こそ、最強のビジネストレーニングである
著/堀 宏史
フォレスト出版刊 1,650円(税込)

問い合わせ先/フォレスト出版
https://www.forestpub.co.jp/faq.cfm
https://www.forestpub.co.jp/author/hori_hiroshi/book/B-2003

2021年10月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧