赤ちゃんから食べられる無糖ぽんがし「いとかるし」が予約受付中

赤ちゃんから食べられる無糖ぽんがし「いとかるし」が予約受付中

国産米100%で作られた、知育食育・便利グッズとしても使える安心で万能なおやつ

「Kojemi」が、赤ちゃんから食べられる無糖ぽんがし「いとかるし」の予約販売を開始。2021年9月30日より賞味期限が6カ月以上の商品を、個数限定にて予約を受け付けている(10月中旬発送)。
Kojemiの贅沢無糖ぽんがし「いとかるし」1袋8gお試し500円、5袋箱入り1,800円、10袋化粧箱入り3,580円(いずれも税・送料込み)
Kojemiの贅沢無糖ぽんがし「いとかるし」1袋8gお試し500円、5袋箱入り1,800円、10袋化粧箱入り3,580円(いずれも税・送料込み)
日本で昔から親しまれているぽんがしは、お米を穀類膨張機で膨らませた後に砂糖蜜をからめた、甘くて素朴な味付けのお菓子。

一方、「いとかるし」は砂糖をはじめとする調味料は一切使用不使用。特別栽培米魚沼産コシヒカリを使用した生米を180℃10気圧で加圧加熱後、一気に減圧して膨らんだぽんがしは、ノンフライなのにサクサクの食感。特定28品目アレルゲンなしの、体にやさしいおやつだ。

赤ちゃんの指にちょうどよい大きさで、つまみ食べの練習にも最適。触る・摘む・口に入れる・味わうの感覚育成にもつながる。
いとかるし
栄養成分は膨らむ前とほぼ変わらず、砂糖などの味付けをしていないため、食事として楽しむことも。おかゆが切れたときや、スープやミルクに浮かべてすくう練習にも活用できる。

そのほか、出先での子どものぐずり対策や、6カ月常温保できるため簡易非常食としても役立つおやつとなっている。
いとかるし
子どもの知育や食育、さらには食事の代わりにもなる無糖のぽんがし。ぜひチェックをしてみては。
問い合わせ先/kojemi
https://docs.google.com/forms/d/1KDaACZ1iglpmc_tZW0NPEARjB1vOVIg6Y-F2epdWJnQ/edit
https://kojemipon.com/

2021年10月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧