子どもの医療のかかり方への不安や悩みを解決する雑誌が刊行

子どもの医療のかかり方への不安や悩みを解決する雑誌が刊行

医療監修をもとに、病院に行く前に普段から親ができること、また医師に伝えるときに覚えておいてほしいことなどをまとめた1冊

パパのための育児メディア「FQ JAPAN(エフキュージャパン)」から、安心して子どもの病気と向き合うための「医療のかかり方」をまとめた、9月号増刊「病院に行く前に知っておきたいこと」が発売。
FQJAPAN9月号増刊 病院に行く前に知っておきたいこと 1,100円(税込)
FQJAPAN9月号増刊 病院に行く前に知っておきたいこと 1,100円(税込)
子どもは小さいときに、たくさん病気をする。しかし、家で子どもをどうみたらよいかわからなかったり、病院に連れて行くべきか迷ったりと、不安を抱えるパパやママも多いかもしれない。

そんな悩みを解決する「医療のかかり方」のコツをまとめたのが、この雑誌だ。
病院に行く前に知っておきたいこと
著者の阿真京子氏は、生後9カ月の長男が救急搬送されたことをきっかけに、親たち自身が子どもの医療について知ることの大切さを痛感。

2007年に「一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会」を設立し、小児科医による親向けの講座を160回以上開催するなどして、パパ・ママの医療への不安に寄り添ってきた(会は2020年に解散)。

今回のFQ増刊は、医療監修をもとに、病院に行く前に普段から親ができること、また医師に伝えるときに覚えておいてほしいことなど、明日から役立つ情報が満載。

また、子どもが自分で体調の変化に気づくためのヒントを豊富に掲載した、特別付録「子どもと読む 健康の話」も付き、著者の“先輩ママ”としての視点と、長年の活動を通じてたくさんの医師に話を聞く中で気づいた医師の視点が、ぎゅっと詰まった1冊となっている。
病院に行く前に知っておきたいこと
パパ・ママはもちろん、小児医療に関わる全ての人に読んでもらいたい1冊。ぜひチェックをしてみては。
FQJAPAN9月号増刊
病院に行く前に知っておきたいこと
著/阿真京子
アクセスインターナショナル刊 1,100円(税込)

問い合わせ先/アクセスインターナショナル
tel.03-6300-4430
info@fqmagazine.jp
https://fqmagazine.jp/112356/kodomotoiryo/

2021年09月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧