注目の絵本作家・アヤ井アキコ氏が手掛けた、初の創作絵本が刊行

注目の絵本作家・アヤ井アキコ氏が手掛けた、初の創作絵本が刊行

くいしんぼうのくまがおこす、真夜中のおおさわぎを描いた作品

「ブロンズ新社」から、絵本「くまが うえに のぼったら」が8月26日(木)に全国の書店で発売。

著者のアヤ井アキコ氏は、「もぐらはすごい」で第24回日本絵本賞大賞を受賞するなど、いま注目の絵本作家。絵も文も担当する創作絵本はこの作品が初となる。
くまが うえに のぼったら 1,540円(税込)
くまが うえに のぼったら 1,540円(税込)
「くまが うえに のぼったら」は、くいしんぼうのくまが夏の終わりの夜に巻き起こす、大騒動のお話。

物語の舞台は、著者が生まれ育った北海道の大自然からイメージを膨らませており、登場する動物たちも生き生きとしたすがたで描かれている。

たった一晩の、ファンタジーのお話だが、「寝ているあいだに、どこかで何かが本当に起こっているかもしれない…!」と、見えないことを想像する楽しさが満載の1冊だ。
くまが うえに のぼったら
「あむあむ、おいしい。もっとたべたいな」
山ぶどうの実に夢中になり、どんどん松の木をうえにのぼっていく、おおきなくま。
くまの重さにがまんができなくなった松の木は、全身をばねのようにしならせて、夜の大空へとはねあげた!
くまが うえに のぼったら
アヤ井アキコ氏が描く、ファンタジー溢れる注目の作品。ぜひ、子どもとの読み聞かせ時間に取り入れてみては。
くまが うえに のぼったら
絵・文/アヤ井アキコ
ブロンズ新社刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/ブロンズ新社
tel.03-3498-3272
webmaster@bronze.co.jp
https://www.bronze.co.jp/books/9784893096913/

2021年08月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧