世界で話題のオーストラリア発「母乳ジュエリー」が日本到来

世界で話題のオーストラリア発「母乳ジュエリー」が日本到来

母乳ジュエリーアーティストが届ける、いろいろな困難を乗り越えて母乳育児をしているお母さんの「心の支え」を目指して制作されたジュエリー。高品質のゴールドジュエリー、名前や誕生日の刻印、誕生石を使ったものなども

オーストラリア発の母乳ジュエリー「SOLID LOVE(ソリッド ラブ)」が、岡山の吉備中央町に開業。

2020年4月にオーストラリアから岡山へ移住後、この1年で延べ2,000名のお母さんへ母乳ジュエリーを届け、たくさんのよろこびの声が寄せられている。
母乳ストーン フィリグリーネックレス 19,800円(税込)
母乳ストーン フィリグリーネックレス 19,800円(税込)
「母乳ジュエリー」はその名の通り、お母さんから送ってもらった母乳を素材として作られたジュエリー。

日本で臍の緒を保管するように、海外では母乳で作ったジュエリーを大切に保管したり身につけたりして楽しむ文化が根付いている一方で、日本での知名度はまだ高くない。

そこで「SOLID LOVE」では、「母乳ジュエリー」が日本でも文化として根づくよう、たくさんの方に知ってもらい、ひとりでも多くのお母さんへ届けたいとの思いで日本で開業。種類は指輪、ネックレス、ピアス、ビーズなど豊富なラインナップを揃えている。

制作するのは、母乳ジュエリーアーティストで2児の母でもある栃原悠希(トチハラユキ)氏。栃原氏が母乳ジュエリーに出会ったのは、自身の息子が産まれた翌年の2014年のこと。

ママ友に見せてもらった美しいジュエリーが、母親の象徴でもある母乳でできていることに感銘を受け、ひと目で母乳ジュエリーのもつ魅力や美しさの虜になったという。
栃原 悠希氏
栃原 悠希氏
今すぐ自分も欲しいと思い立つも、予約は4カ月待ち。そこで自分でも作ってみようと決めた栃原氏は、何度トライするもうまくいかず、諦めかけていた頃に母乳ジュエリーのアカデミーが開校されるという話を耳にする。

その運命のひと言からアカデミーに入学後、ついに自分の手で美しいジュエリーを作り上げることを達成。その後、母乳ジュエリーの存在は、子どもの通う学校や地域のコミュニティに拡がっていき、Instagramでの販売もスタートした。

また、シルバーアレルギーや手入れが面倒というユーザー向けに、オーストラリアで要望の多かった、十四金(14K)と十八金(18K)を使用した高品質の母乳ジュエリーの販売も開始。

さらに、名前や誕生日の刻印、誕生石を使ったものなど、世界にひとつだけの母乳ジュエリーを選べるようにも改良していったという。
18K ダイヤモンド 母乳ストーン ツイストリング 82,000円(税込)
18K ダイヤモンド 母乳ストーン ツイストリング 82,000円(税込)
お母さんたちから届くたくさんの思いを聞き、その家族も想像しながら心を込めて制作する時間がよろこびだと語る栃原氏。

パートナー ジュエリーの制作者としてだけではなく、いつでもお母さんたちに寄り添い、支えとなる存在であるようにと願いが込められたジュエリーを、この機会にぜひチェックしてみては。


問い合わせ先/SOLID LOVE
https://www.solidlove.shop/pages/contact
https://www.solidlove.shop/

2021年07月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧