新しいハワイアンズのすごし方を提案するグランピング施設がオープン

新しいハワイアンズのすごし方を提案するグランピング施設がオープン

南国テイストのグランテントと快適なウッドキャビンのほか、福島県産の食材をふんだんに使ったバーベキューや、地元のバゲットパンを使ったこだわりの朝食も提供

「常磐興産」が運営する「スパリゾートハワイアンズ」ゴルフコース内に、グランピング施設「マウナヴィレッジ(Mauna Village)」が7月にオープン。

ビーチの賑わいのなかで水遊びを満喫できる「スパリゾートハワイアンズ」とは対照的に、ハワイの山でのすごし方をイメージした、上質なアウトドア体験ができる施設となっている。
マウナヴィレッジ
「マウナヴィレッジ」では、5張のグランテントと3棟のウッドキャビンの計8棟を用意。

グランテントタイプはテントごとにテイストが異なり、こだわりの内装はフットスローなどにフラガールの衣装と同じ生地を使った南国テイストで、ハワイ直輸入の雑貨をそろえたハワイアンズオリジナルとなる。
マウナヴィレッジ
木のぬくもりを感じられるやさしい部屋のウッドキャビンタイプは、エアコン・トイレ・シャワーを完備。子ども連れでも快適に利用することができる。

また「マウナヴィレッジ」では、こだわりの食事を堪能することも。

夕食には、各棟に設置されているバーベキューコンロで楽しむ、福島県産の食材をふんだんに使用したこだわりのディナーを提供。

柔らかな肉質と、風味豊かでまろやかな味で知られる福島牛や川俣軍鶏、デザートにはハワイアンパンケーキの用意もあり、自分で作るキャンプの醍醐味はそのままに、本格グリルやダッチオーブンで快適な食事の時間を味わえる。
マウナヴィレッジ
地元で人気のパン屋のバゲットパンを使ったこだわりの朝食は、パンをそのまま食べたり、サンドウィッチにして食べたりなど自分好みにアレンジ可能。

眺めのよいプライベートなウッドデッキで、大自然を感じながら楽しむことができる。
マウナヴィレッジ
海外旅行が難しい昨今、ハワイの山ですごすかのようなアウトドア体験が叶う、プライベート空間が保たれた施設へ、この機会にぜひ家族で訪れてみては。

Mauna Village
住所/福島県いわき市渡辺町上釜戸橋ノ上216
料金/
グランテントタイプ(定員2名)21,450円(税込)~/1名あたり
ウッドキャビンタイプ(定員4名)32,450円(税込)~/1名あたり
※1泊2食+スパリゾートハワイアンズ入場券2日分付き
tel.0570-550-550
https://www.hawaiians.co.jp/tomaru/maunavillage/

2021年06月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧