小笠原諸島で自然体験活動ができるアドベンチャースクールが開催

小笠原諸島で自然体験活動ができるアドベンチャースクールが開催

サンゴ礁が発達したエメラルドグリーンの海でシュノーケリングやシーカヤック、ウミガメの飼育保護活動を体験できる野外活動プログラムや、島特有の動植物、星座観察、料理などのさまざまな体験から、仲間との協調性や自らチャレンジする積極性を学べるスクール

「国際青少年研修協会」が、子どもたちだけの自然体験交流活動として「第10回小笠原アドベンチャースクール」を8月17日(火)~8月22日(日)まで、5泊6日の日程で開催する。
小笠原アドベンチャースクール
舞台は、2011年に世界自然遺産に登録された、東京から約1,000kmの距離にある小笠原諸島父島。豊かな自然に恵まれた小笠原諸島は、島の生き物たちも独自の進化をとげ、特別な固有種がいることで知られている。

「小笠原アドベンチャースクール」では、全国から子どもたちが参加し、父島のジャングルに囲まれたバンガローで生活を共にしながら、さまざまな野外活動を体験。
小笠原アドベンチャースクール
日中は野外活動プログラムとして、サンゴ礁が発達したエメラルドグリーンの海でシュノーケリングやシーカヤック、ウミガメの飼育保護活動など。

夜には、島特有の動植物を観察したり、満点の星座観察をしたり、自分たちで食事を作ったりなど、さまざまな体験ができる。
小笠原アドベンチャースクール
小笠原の美しい自然の中で、初めて出会った仲間と助け合う楽しさや大切さを学び、友情を深め、積極的に自分から“チャレンジする”。その一歩を踏み出すきっかけを提供するアドベンチャースクールを、この機会にぜひチェックしてみては。

第10回小笠原アドベンチャースクール
期間/8月17日(火)~8月22日(日)までの5泊6日
※北海道、北東北、北陸、近畿以西から参加の場合は8月16日(月)東京に前泊
会場/小笠原諸島父島、南島
対象/小学3年生~中学3年生(2021年6月末日現在)
参加費/148,000円(竹芝桟橋集合の場合)
※日本全国から参加可能。詳しくは問合せ要
定員/20名(最少催行人員10名)
申込方法/下記URLより問合せ要
http://www.kskk.or.jp/

問い合わせ先/国際青少年研修協会
tel. 03-6825-3130
fax.03-3981-2712
info@kskk.or.jp

2021年06月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ