誰にでも訪れる「旅立ち」をあたたかく描いた韓国発の絵本が発売中

誰にでも訪れる「旅立ち」をあたたかく描いた韓国発の絵本が発売中

韓国で130万部を突破した大ベストセラー小説「82年生まれ、キム・ジヨン」の訳者・斎藤真理子氏が翻訳を手掛けた、死を怖いものではなく、ポジティブに子ども達に伝える絵本

「小峰書店」から、誰にでも訪れる「旅立ち」を、あたたかくやさしいまなざしで描いた韓国の絵本「おじいちゃんのたびじたく」が刊行。韓国で130万部を突破した大ベストセラー小説「82年生まれ、キム・ジヨン」の訳者・斎藤真理子氏が翻訳を手掛けた。
おじいちゃんのたびじたく 1,540円(税込)
おじいちゃんのたびじたく 1,540円(税込)
静かに暮らすおじいちゃんのもとに、ある日、やってきたおきゃくさま。
明かりを持って、おじいちゃんの旅のおともをしてくれるようです。
おじいちゃんは大喜びで、旅に出る支度を始めます。
春、満開の桜の中、おじいちゃんは出発します。
大好きな人たちに会いに行くために――。
おじいちゃんのたびじたく
特設ページでは冒頭から数ページを試し読みできるほか、斎藤真理子氏のインタビューを公開中。

誰にでも訪れる「死」をあたたかくポジティブに描いた絵本を、ぜひ子どもといっしょに読んでみては。
おじいちゃんのたびじたく
文・絵/ソ・ヨン
訳/斎藤真理子
小峰書店刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/小峰書店広報室
tel.03-3357-8135
https://www.komineshoten.co.jp/tabijitaku/

2021年03月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧