シナぷしゅの大人気コーナー「ヒカリの森の黒うさぎ」が絵本となって発売

シナぷしゅの大人気コーナー「ヒカリの森の黒うさぎ」が絵本となって発売

切り絵アニメ作家 名取祐一郎氏のやさしいタッチで表現される、切り絵アニメ×オリジナルストーリーの癒し絵本

「主婦の友社」から、乳幼児向け番組「シナぷしゅ」で放送中の大人気コーナー「ヒカリの森の黒うさぎ」が、待望の絵本となって3月31日(水)に発売。

視聴者からの「絵本にしてほしい!」という多数のリクエストを受け、オリジナルストーリーをつけて刊行される。
ヒカリの森の黒うさぎ だれのあしあと? 1,320円(税込)
ヒカリの森の黒うさぎ だれのあしあと? 1,320円(税込)
「ヒカリの森の黒うさぎ」は、好奇心旺盛な子どものあるあるストーリーと美しい切り絵で表現された赤ちゃん向けアニメ。今作では、光が差し込む豊かな森を舞台に、好奇心旺盛な黒うさぎの赤ちゃんが、キツネやイノシシ、小鳥など森の生き物たちと出会い、遊びながら他者を理解し成長していく日常が描かれている。
ヒカリの森の黒うさぎ
切り絵アニメ作家である名取祐一郎氏のやさしいタッチで描かれた、切り絵アニメ×オリジナルストーリーは、赤ちゃんだけでなくパパもママも保育者みなが心地よくなる癒しの1冊。

また、赤ちゃんが持っても破れないボードタイプで、0~2歳の“はじめて絵本“として、出産祝いのプレゼントにも最適となっている。
ヒカリの森の黒うさぎ
赤ちゃんの心と目に映る「何だろう?」や「小さな発見」、新しいことを知った時の「嬉しい!」「楽しい!」をギュッと詰め込んだ絵本を、この機会にぜひ家族で楽しんでみては。

ヒカリの森の黒うさぎ だれのあしあと?
作/名取祐一郎
制作協力/テレビ東京
主婦の友社刊 本体 1,320円(税込)

問い合わせ先/主婦の友社コールセンター
tel.0120-916-892
http://www.amazon.co.jp/dp/4074479079

2021年03月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧